FC2ブログ

Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/28

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-921.html

一ヵ月半のごぶさたでした。新しいパソコンとブロディなバンドは非常に快適です。が、今日はお別れの挨拶を書きにきました。本日を持って Harukiya Archives は終了します。

かの名言、楽しくて、幸せで、満たされているときに、人は日記なんてつけないを実感する事件がありまして、あー、まー、ナンですか、大切な人ができました。人の文章を解読するとか、書いて伝えるっつう(ブログで代替していた)欲求はメールへと代わり、全力を注いでおります。というか、言葉とか、カメラのレンズといった間に介在するものがジャマにさえ感じる今日この頃です。

と、いった犬も食わない話は(/ ̄▽ ̄)/オイトイテ。

以前、チョロッと要望として書いた、本文・テンプレ内のバックスラッシュ消滅のバグや、画像の URI が勝手に書き換わる仕様なままで新システムに移行したのも FC2 をやめる理由のひとつなんですけどね(つうか、インプットされたとうりにセーブできないものをウェブ”ログ”と呼べるか!?)。まあ、テンプレと同様、ブログサービスというのもガワ=メディアに過ぎません。何が書かれているか、何故そう表現されたのか=コンテンツの方を、僕は重視したい。

そんなワケで WEB 日記もそのうち他所で再開して、ホソボソと続けていくと思います。また、どこかでお会いしましょう。今まで読んでくれてありがとう。


2007/09/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-910.html

麻生(阿檀)さん@ブログで小説!より。結論から書いちゃいますけど、FC2 ブログの例のシステムが、例えば「ユーザーズ・テンプレーツ」なんていうネーミングだったとしたら過去のエントリはなかったでしょう。「共有テンプレート」とはこういうものだろう、というのが主題でしたので。

まずは誤解されているのでは、という部分の説明を。アダルト禁止規約無効などについて個別に考えたことはありません。FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できるという条件を満たしていない共有テンプレートは「全部ダメ」というのが僕の論旨です。テンプレートであることまでは否定しませんが。

sug氏はこの公式マニュアルの一文をもって、FC2が共有テンプレートを「ユーザや使い方に制限を設けてはいけない」と定めている、と、解釈なさっていることがわかる。

ユーザや使い方に制限を設けてはいけない、というのは「共有」という―― FC2 ブログが出来る遥か以前からある――概念で「共有テンプレート」はそれを継承した仕組みだと捉えてます。なので、公式マニュアルの一文の方が従であって、この文言の有無は僕の解釈に影響していません。「ま、FC2 側も同じ理解なのだな」という補強や再認になるとはいえるでしょう。

法律にはうといのですけど、第六十三条  著作権者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができる。という一文は、利用を許諾しないことも可能で、それは著作権者の自由意志で行える、という意味ではないのですか?この案件では、その意志決定の条件としてFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用云々があるだけなので、テンプレートを持っていたとしても「利用して欲しくない人がいる」あるいは「簡単には使わせたくない」、だから共有しないという手段が著作権者の前に常に提示されているはずです。

これらを読み合わせると、公式マニュアル「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できる」と規約「共有テンプレートの著作権は共有テンプレート作者に帰属」は矛盾する。

FC2 ブログの掲げる条件に同意して自分の意志で登録する以上、矛盾は起きません。

また宣伝をかねて wreathe の話を書く。 wreathe は共有テンプレでFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できます。で、作者も完成度も愛着も、ほぼ同レベル(当社比)なテンプレである現在使用中の minimal2 を「春木屋愛読者、かつ日記書きの 20~30代の女性限定」(誰もが使えるわけではない。というか該当者がいないだろ)という規約付きで、このエントリでソースを配布したとします。どちらにも矛盾も問題点もないし、また、著作権は両方とも僕にありますね?数学の場合なら両項が同じものは整理できるので、作者や完成度や愛着や著作権は消せます。同じテンプレなのに、フリーであったりシバリガチガチな物があったりする。それは何故でしょう。

利用規約というものは「どのような仕組みで」あるいは「どこで、どのような範囲に」適用するかに関わる属性なのです。WEB に限らず、やたらと規約が提示してある場所を思い浮かべると共通点があることに気づくでしょう。著作権とのみ結びついていると考えてしまう人はその背景や本質を見落としているのじゃないかな。

FC2 ブログ共有テンプレートは各ユーザ全員が見られる管理画面を通して配布されます。ここ以上に「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単」に適合する場所はありません。そしてここで提示するからには、目にした人すべてが利用できるようにお膳立てが整っている必要があります。そのための条件がFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できますであり、「共有テンプレート」というネーミングにこめられた想いなのだ、と僕は考えています。

最後に。自分の管理画面なのに自分には使用禁止、「使えない」でも「使わない」でもない、「使ってはいけない」と書いてある。そんな機能があったとしたら、あなたはどう思いますか?また、その機能にふさわしい、あるいは不釣合いなネーミングとは何ですか?

関連


2007/09/02

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-902.html

daniel 氏の新『共有』についての私案。時流に取り残されてるのでよく知らないのですけど、何か改変されるような動きがあるのでしょうか?それにしてもサポートの義務付けってのはムリがあるのじゃないかなぁ。人気テンプレは質問や問い合わせの数も半端じゃないだろうし。むしろ、真の共有テンプレートならば、それは「 FC2 ユーザみんなのもの」なのだから、サポートや改造指南はユーザフォーラムへ誘導して有志全員で行うべきで(ようするに現状なわけだが)、テンプレ作家は製作に専念してもらった方が共有システムとしてはスムースに動くと思うのだけど。適材適所ってやつね。

自分のテンプレの話を書こう。僕も wreathe という共有テンプレートを登録したが、この HTML 部分は R'style さん@R'style Lab in FC2 配布のソースを利用させてもらっている。登録前にソースの取り扱いについて問い合わせをすると、どう使って頂いても構いませんとの快諾をいただいた。その節はお世話になりました。登録時に、いわゆる”利用規約”というものはつけていない。FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できるという共有テンプレートの基本的条件に反するし、R'style さんのオープンソースの思想を受け継ぐことこそ大切だと思ったからだ。登録後、最初にコメントをいただいたのは Chako さん@BeigeHeart_べーじゅのこころこれでやっと、sugさんのソースをお手本にできますとの事(まあ、お世辞抜きにしても反面教師として役立ったのでは?と自負している)、「ああ、こういう利用法もあるのだな」と感想を持ったのを覚えている。その節はありがとうございました。

ここに登場する 3人と FC2 の規定は「共有」の意味を正しく理解していると思う。共有とは、そのユーザや使い方に制限を設けてはいけない。これが基本である。そこに「何とか権限を持たせたい」と考えるから、バランサーとして「義務」といったものが生じてくるのではないか。

以前も書いたので繰り返しになるが、テンプレ作家は絶対的な権利としての作品の登録可否――使われたくない者には一切使わせない方法――がある。FC2 側の条件に反する規約(差別やシバリ)などは加えずに、なんらかの不満があるのなら、この権利を行使すればよい。いったん登録されたテンプレートには、権利も義務もない(あえて言うなら、ユーザ全員が権利と義務をも共有している)と自分は考えている。では「作ったヤツは骨折り損のくたびれ儲けか?」というと、そうではない。共有テンプレートには管理画面 150万ページ(推定)での紹介・検索も可能・ワンクリックで DL できる、とさまざまな特典が用意されている。それは、FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できるテンプレートにのみに与えられる栄誉でもあるのだ。

関連


2007/08/31

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-900.html

8月も終わりです。よい子のみなさん、夏休みの宿題は済みましたか?――って、オレも今年は何もやってないじゃんかー!と気づいたので、怒涛の追い込みで作ってみました、泣きながら。(後の情報で今年は 9/2 まで夏休みだと知った!)

> たばかるソース

archives.html を使ってエントリのある月のカレンダーを束にして書き出すというカントリーマアム系のネタです。例によって HTML, CSS, javascript がひとつのソースファイルに入ってますので、不用のテンプレに上書きして使ってください。注意点としては、エントリ数が多いブログの場合では処理が重いかもしれません( 900件+5年落ちのうちの VAIO君(メモリ 256MB )では、ちょっと息継ぎしてました。いちおう archives.html は 1000件が上限らしいのでナントカなるかなと)。

うまいこと表示できたら、ブラウザのメニューで [ ファイル → 名前をつけて保存 ] の後エディタなどで開き、テーブル部分を別のファイルにコピペ(あるいはリストとスクリプト部分を削除)して HTML ファイルにしちゃえば環境に依存せず、また、サーバにも優しいアーカイブ表としても使えるかも(ときどき手動更新しなきゃいけないけど)。

まあ、確実にいえることは、テーブルタグを手打ちで書いていたら絶対 2学期には間にあわなかったな、ということで。


2007/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-887.html

自転車が欲しかったんだが(略)成り行き上、車メ板でコンパクトカーをチェックしてる日々である。そこの”イスト”スレで拾ったネタ。かなりの破壊力があるので、心の準備をしてから見ましょう。

サンプルページを開くと問答無用で画面いっぱいに某トヨタの某イストが降って来る・・・というブログパーツらしい。うちの環境じゃ、そこで読み込みが止まっちゃってるのかなんだか知らないけど、絵を消せもしないし、下レイヤ(ブログ本文やリンク)にアクセスもできなくなる。後は「ふーん」つって閉じるだけ。

さすがにここまでヒドイと多くの人も気づくだろうけど、ブログを読みにいってこの手のパーツが役にたった経験は皆無である。実は、なにやらよくわからん重いパーツを付けられたおかげで購読をあきらめたサイトもあったりする。まあ、一種のフィルタとして機能してるのかもしれないけどね。ブログパーツてんこ盛りの人は、何を見せたくてブログをやっているのか考えてみて欲しいのだよ、回線弱者としては。


< 前の 5件 | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。