Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/02/28

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-92.html

わりとそういう話は他人事だと対岸から眺めていたので、現実に身にふりかかると結構パニクる。ウィルスのやつらは油断を見逃さない。

うちの部署は5人のチームなんだけど、その末端の80%が感染してるようだ。たいしたセキュリティがあるわけではない、それでも土曜日まではなんともなかったのに。まあ、僕はWEBマスターとかもやってるし、ソレ系の情報サイトも熟読して日頃からプロテクトしてるので今のところ無事。

仕事を始めようにもどれも動作が重いし、中には起動すらしないものもある。隣の席のM山君は虚空をみつめたまま完全に放心状態で、目がウルウルしてた。

問題はこのウイルスアタックによる仕事の遅れをなんとかしなきゃならないってこと。チーム個々人がもつ顧客データや販売ノウハウって、フォーマットの統一がされてないので互換性がない。サポートしようにもどこをどうしていいのかわからない。

とりあえず、自衛のために持っていたノド飴をM山君にあげたよ。


2005/02/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-91.html

大阪ってカテゴリを作ったのに、書けることがないなと思っていたら、いいタイミングでTAKAJIN SINGLE COLLECTIONってのを見つけたよ。ワゴンセールで99円 (つД`)この人、既出の大阪ソウルバラードに出会うまで知らなかったんだけど、今回のCDの1曲目”東京”を聴いてみたら意外なところに接点があった。

10年くらい前、職場の先輩でK沢さんって人がいた(すでに退社)気が合って、毎週末のように飲みに出かけ、カラオケスナックに入ると”とりあえず”と”シメ”は必ず”東京”だった。しかもソレをハシゴする。この”東京”のナンバーを入れるのが僕の役目で暗記もしてた(ゴチになるわけだし)

K沢さん、それなりに歌は上手いなと聴きながらも、妙に熱唱だしビブラートがわざとらしいぜ、と冷静に評価なんぞしていた(ゴチになりながら)それが今日、本家”東京”を聴いてみたら、そこにK沢さんがいた。いや、歌い方だけじゃなく声までマジそっくり。そういえば顔も似ている。そうか、意識してたんだね、K沢先輩。と、いうことは熱唱しながらのあの腰のグラインドも、やはりやしきたかじん譲りだったのだろう。もっとほめておけばよかった(ゴチになったわけだし)

元気かな, K沢さん。って全然大阪やないやん。


2005/02/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-90.html

東芝は、インターネットのいくつかのウェブページ上の画像や文章などの位置を自由に移動させて「切り張り」編集ができる技術を開発した。
ウェブ上画像、自由に切り張り編集 東芝が新技術 - asahi.com

画像や文章などとあるので、スクリーンショットをスクラップするのとはワケが違う。いちおうjavascriptでもHTMLをドラッグ選択すると要素とノード(木構造)を取得することはできる(はず)。しかし、これを複数のページやサイトから切り貼りしたら、絶対に整合性は得られない(はず)。それ以前に、個人でのみ使用、観覧って用途とも思えないし、著作権とかはどうなってんのさ?って疑問も。

東芝が開発したウェブ用の表示言語の基準を使ってサービスを提供する側の企業がホームページをつくり、消費者が各自のパソコンにソフトウエアをダウンロードすれば、誰でも使えるようになる。
同上

ものすごーく、誰でもですね。某所で叩かれそうな予感がします。


2005/02/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-89.html

これはJUGEMでも書いたし、朋友daniel氏と出会うきっかけになった話題。

FC2テンプレに限らず、ほとんどのBlog・WEBページにおいて次のページへのリンクは右側(右向き)になっている。そこへ進んでいくと、前のページへのリンクは左にある。その間にトップへのリンクがある場合が多い。この配置に違和感を感じるという内容だった。前のエントリへ移動、カレンダー部での前月へ移動(この2つは過去へと向かう)のリンクが左向きなので、ページ単位で移動するときにも過去へ向かう、次のページへのリンクは左側にあるべきなのでは?と熱いディスカッションをしたのである。賛同者は0だった(w

左・右がそれぞれ過去・未来に対応したのは、文字表記の方向からなのは間違いない。横書きの文章をまとめた本は読みやすさから左開きになり、そこでは、左→右という方向へ時間が進んで行く。次のページは常に右だ。多くのWEBページは、過去から未来へ進んで行くという想定でデザインされている。しかし、Blogにおいてはそのような使い方をしている人は見たことがない。いってみれば、左開きの本を後ろから読んでいるという状態で、それが違和感の原因なのだ。時系列で進んでいったとしても、表記方法が日本語(縦書き)やヘブライ語(右→左書き)ならば、ナビゲーションは逆の配置方が違和感がないはずだと思う。

このシステムは、飛んだ先がページ単位の表示で且つトップページではない、というケースは考慮しないってことなのだろう。それでも、./?page=xx ってアドレスは存在する可能性があるのだし、記事やテンプレにリンクを埋め込む事もできる。あるいは激しくCUIな人(リンクには目もくれず、アドレスバーへの打ち込みだけで移動してる人。すごく特殊な状況設定ではある)が突然中間ページを開いた場合、”次へ”ってのは未来なのか過去なのかを瞬時に判断できるだろうか?僕なら未来のページを読みたかったら、右側のリンクをクリックするだろう。しかし、最初に書いたようにそこは過去のページへと続くリンクなのである。

うちはどのページを開いてもナビバー(タイトルと本文の単なる隙間なのだが)のリンクは、時系列を逆行するには左向き(<)順行するには右向き(>)に統一してある。(月別単位のページのカレンダーはしょぼい方法で表示しているので見えない場合もあったりする)なので、このルールに違和感を感じる人もいるかもしれない、などとも思ったので書いてみた(イイワケか?)

一番良い解決方法は<a href="<%nextpage_url>">続きを読む</a>というように記述して、<%prevpage_url>は使わないという手かもしれない。通常の移動ならば”前のページ”というのは履歴を戻ることなのだから。


2005/02/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-88.html

勝った時しか言わないけど、オイラはギャンブラーなのさ。今日は、確変・確変の7連荘でイー万ほど勝った。シーメはルービとニクヤキね。ああ、ついでに(初めて)言うけどジャズメンでもある。タイプしたことないんで蛇図面って変換されたよ。どうせなら給料前のピーピーな時に勝ちたいんだけど、ピーピーな理由がパチンコだからなぁ。はっはっは。もち、勝った金は来月の車検のために手堅く貯金な(そんなギャンブラーはいない)

機種はCR新世紀エヴァンゲリオンってヤツで、なんか有名なアニメモノらしい。(実は時代に乗り遅れたので、意地でも観ないでいる)大当たりすると16回も”ざーんーこーくな天使のてーぜー”ってテーマが流れるんで、とりあえずアタマの部分は完璧に暗譜した。口笛でもふける。

CR宇宙戦艦ヤマトまでは熱いリーチなのか(波動砲とかね)そうでないのか、おぼろげに解った。しかし、さすがに観たこともないアニメだと、このリーチ、発展するの?期待薄なの?がサッパリ不明で(それ以前にどちらが悪役キャラなのかもわからない)、どういうポーズとっていいのか悩んだよ。ドル箱下ろしたとたんスカだったら恥ずかしいし。そんで次回のためにネットで勉強した→info-P Land

ふむふむ、そかー。「碇ユイ」が登場すると大当り確定か。で、碇ユイって誰?


2005/02/24

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-87.html

CFDNさんのXHTML化の記事を読み、gatewayに通してみた。どこが悪いのかを教えてくれるので、エラーが出るたびその部分を修正、なんとか見られる点数にはなった。(一晩にして総白髪にもなった)でも、過去ページでチェックするとガタ落ち。ホント、ブラウザに助けられてる(またはいい加減に表示されてる)ってのがよくわかる。

CFDNさんが書いておられるように、今回のスクリプト外部ファイル化OKのご利益は大きい。ファイル名が指定できることで、上書きをしていけば編集機能と同等の働きもする。FC2、ただ便利にするためだけに強化したんじゃないのでは?と深読みしたり。


2005/02/23

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-86.html

論文の修辞・論理構成・内容を評価するCGIである。いつかこれをやろうと思っていたのだけど、テストを受けるための論文が書けない(人生は矛盾でいっぱいだ)ほったらかしてるうちに、ネタ元も忘れてしまいました。すべてを忘れないうちにやっておこうと、過去日記から比較的に(最上級的に)論理的な文章を探し出してきて採点していただく。

03/02/10
昔、左の鼓膜を中耳炎で切除した。何かスゴイ感じの話だが、その時の先生の話によるとわりとそういう人は多いらしく「運がよければ再生するかも・・・」とのこと。「ぉぃぉぃ」という感じで、現在に至る。電話するのに左耳ではちとムリという程度の難聴だが、生活に不便を感じるほどではない。

でだ、右脳というのは左耳と直結しているらしい。遠いのに。オレはゲージュツや直感・情緒をつかさどるといわれている右脳に音情報がうまく伝わらない人間だったのだ。普通の人が音楽を、左耳→右脳と聴いて「まぁ素敵なメロディ」と感じてる所を、オレの場合は、右耳→左脳と伝達され「ふむ、4分の2拍子だな」と感じているのである。オレのカラオケに深みがないのはこのせいだったのか。

このことから導きだされる教訓は「右脳に刺激を与えるには、左耳や左手を攻めるのがよい」、言いかえるならば「愛のささやきは、左耳を噛みながら」そして、左脳に分析のヒマを与えてはいけないということだろう。

本当にまるごと引用は楽でい・・・上記の論文を解答の欄に貼り付け、質問文を

「右脳と左脳の働きについて述べよ」

とした。今回、記事を書くため考えたことのすべてなので、今日のポイントはここになる。質問を自分で設定するという部分が受験者に有利に働きそうだけど、本旨を理解していなければ的確な質問もできないのだ。すでにテストは始まっている。おもむろに実行ボタンON。

Jess 評価結果
修辞 3.2 ( 5 )
漢字の使用がやや少ないように見受けられます。
連用形や接続助詞の句の並びの多い文が、ややあるように見受けられます。
語彙の多様性が不足しています。
長くて難しい語がやや少ないように見受けられます。
論理 1.5 ( 2 )
議論の掘り下げがやや不十分であるように見受けられます。
内容 0.0 ( 3 )
質問文との関係が希薄であるように見受けられます。

分量過少による減点 0
最終得点 4.7 ( 10 )
(注:カッコ内は10点満点中の配点)

書いた本人にも論旨を理解できない文章だったと見受けられます。


2005/02/23

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-85.html

プチ改造でヘッダに背景を入れてみる。いつものようにファイルアップしてーの、画像開いてアドコピーしてーの・・・

Σ( ̄□ ̄!! ファイル名がオリジナルのままだ!

アドレス欄には、XXX/tesut3.jpg とある(微妙にタイプミス?してるし)うわーこんなのCSSに書けないよと、思ったらファイル名の編集機能までついてる。至れり尽くせり、石川セ(ry

どこまで進化するんだ?FC2


2005/02/22

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-84.html

column@管理人室さんの経由で見つけたサイト。記事の趣旨は別のところにあるようですが、リンク先はすんばらしいところだった。

根性試しに作ってる。のコーナーで1/1スケール装甲騎兵ボトムズを作ってる(しかもサンライズ公認)動機は大人の根性を見せつけるためだそうです。冗談のような話なのに、読み始めると作者のモノ作りにそそぐ情熱と姿勢はなまなかなことじゃないとわかります。

プロの鍛冶屋(と自分でおっしゃってる)の技と作成過程の写真(+味のある手書きメモ)が多く、だんだん形になっていくさまは感動的。文章も軽快でほのかなボケももーツボ。別コーナーのユンボとフィアットを合体させるという発想にウケ、実際に作って自走してしまうところに鳥肌がたち、FIAT500特別装備のページでコーヒーを吹いた。

検索してみると超有名サイトだったんですね。本にもなるそうです。


2005/02/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-83.html

ニューシビックのコンセプトカーは、スポーツ色が濃そうなのでうれしい(買う予定は全くないが)

photo:(c)Response.

米国ホンダはシカゴモーターショーで、今秋発売になる2006年モデルの北米『シビック』のラインナップを発表した。 先行コンセプト『シビックSiコンセプト』が登場し、注目を集める「Siクーペ」は今秋のSEMAショーで正式発表される。
Response. new CIVIC Chicago auto show05)

時代の流れなのだろう、HONDAに限らず最近のメーカーの指針は、安全性、エコロジー、快適性に一辺倒な気がして甘口が多いとお嘆きだったのだ(誰が?)需要がある部分に集中するのもわからないではないが、個性が失われていることに気づいて欲しい。ユーノスRSのようなコンパクトスポーツの火を消してはいけない。HONDAならばなおさらだ。現行タイプRを2リッターにしたのがイタイ。

幸いにも、1980年以降のワンダー、グランド、スポーツシビックはステアリングを握ることができた。(7代目の現行型5ドアも代車で乗った。自分の中じゃ、コレはもうシビックじゃない)いつかEK9シビックにも乗ってみたいという密かな野望もある。そういうわけで、この先祖返りに期待している。欧米ではクーペが人気のようだけど、ハッチバックも捨てがたいですよ>HONDAさん


2005/02/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-82.html

以前にもどこかに書いたような気がするけど、読みやすいWEBページの重要なポイントは行間と余白だと思っている。もちろん文字サイズとか文字色/背景色、なんてのもあるけど。

今回、内部アンカー(続きを読むとかコメント表示とか)に飛んださい上部に余白ができるように気をつけてみた。意外とウィンドウの上端ピッタリまでスクロールしてしまうページって多くない?神経質?というかCSSカテゴリに書くべきだった?


2005/02/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-81.html

neko

アップロード可能なファイルに.jsが仲間入りしたので、さっそく<head>内のスクリプトを外部参照に変えてみた。現在進行中(停滞中)のテンプレとともにソースがかなりさっぱりして気持ちよい。(いずれまたグチャグチャになるんだろうけど)

その際に”画像の縮小表示→オリジナルサイズ表示”のスクリプトを改良&外部ファイル化したので公開します。

> ダウンロードと取り説

元記事はこの辺にあります。


2005/02/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-80.html

コロの関心事さんで紹介されていた世渡り診断というのをやってみる。

あなたの『世渡り上手度』62 点
少しミーハー、一般市民 さん
自分の意見は一応はあるけど強固なものではなく、もし他人と意見が対立するなら、無理に自分の意見を通そうとはしない。いいかえれば、全体のバランスを重視します。
世渡りが下手というより、ちょっと要領が悪くて損をしている、そんな感じです。もうちょっと深く考えれば解けた問題でも外してしまう。最後の詰めができなければ何事もうまくいきません。
(診断結果から抜粋)

ムチャクチャ当ってる気がするんですけど。でも、こういう占い・診断って”思い当たる部分がある”って優しさで成り立ってるとも思う。


2005/02/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-79.html

どうもレイアウトがうまくいかない。記事内にh4を使ったのが最大の敗因のようだ。本文が始まるまでにh1,h2,h3を使わなければならない。これが柔軟さの障害になっている。

見映えだけのために遡って文章を書き直して構造を変える、というんじゃ本末転倒だし、表示させないってのも安易だし・・・みんな、記事の中での見出しってどうしてるんだろう?


2005/02/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-78.html

地震があって目が覚める。

   ∧,,∧ 
  (  ・ω・)  <休みなのに5時起き
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  。. ∧,,∧   |)
   (;`・ω・)o/ 。・゚・   <これも神のおぼしめし
   /   o━ヽニニフ))   さあ、チャーハン テンプレ作るよ!!
   しー-J

なにはともあれ、管理画面に入るとお知らせが。

新たにアップロードできるファイルは html,css,js,rdf,txt となります。
これにて様々なファイルを用いてインタラクティブなブログを構築できるようになります。
(FC2インフォメーション ファイルアップロードの拡充)

完全に外部CSSに移行できるってこと?まあ、@importできるだけでも、うちみたいに特殊なクラスが多い場合には便利だ!

      < つーことは、1から作らなくても、既存のテンプレでいいじゃん。
  <⌒/ヽ-、___ 
/<_/____/ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

自信がなくなって二度寝突入。


2005/02/15

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-77.html

普通は裏で作るもんなんだろうけど、日記書きと同時進行で。以下、思い立った理由。

前述の本によると、WEBページの2大要素は

  1. 見やすく読みやすいコンテンツ(情報)を提供すること
  2. ユーザが目的の情報にたどりつけるナビゲーションを提供すること

だそうです。手元にないので正確に引用できません(すでにダメダメじゃん)そして、コンテンツとナビゲーションが高いレベルで共存している状態を、良いレイアウトというそうです。・・・できるんだろうか?


2005/02/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-76.html

ま、あんま関係ないし、どうでもいい事ですけど、あけましてバレンタインですね。(甘いものは好きです)一応、世界情勢とか時事ネタを書くのもBLOGのお約束ですから検索してみる(投げやりな感じで)はい、こんなん出ました。

なぜ、チョコと本なのかは問わないとしよう。問題はこのセレクトだ。”メーテルリンクの青い鳥”のようにまともなのがあるのに、トップに掲げられているこれは・・・これがストライクゾーンの男は少ないと思うぞ(お笑いは好きです)

そして横を見ると恋愛タイプ診断がある。当然ウェブサーファー(死語)ならやってみるわけなのだが、設問がすばらしい。特にQ7とQ15が岩波。診断結果は

好きになったが運の尽き,好きになられたが運の尽き,私はどこまでもついていくから覚悟なさい,というあなたにおすすめする本は
『怪談 牡丹燈籠』

果たして、バレンタインにこの本をプレゼントしようという女性がいるだろうか?もらって落ちる男がいるのだろうか?(もらえるものはだいたい好きです)


2005/02/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-75.html

なぜなら、論理的であるとは構造の問題だからだ。各要素の属性を捨象し、それらの関係性だけをとりだして初めて、構造がみえてくる。
(キマイラの新しい城 p253 より)

前のエントリで話題にしたミステリィ小説からの引用。登場人物(作者)は全然別のことを言っているのだけど、HTMLとCSSを同時進行で編集していると忘れがちになるなぁ、と思ってメモ。


2005/02/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-74.html

・・・この話を書けるのは殊能将之の他にいない!
キマイラの新しい城:帯のレビューより)

この人はデビュー作のハサミ男がめっさツボにはまったので、以後アンテナを立てている。作を重ねるたびに、ひとひねりもふたひねりもされたストーリーとロジックではずれが無く、かなり好きな作家だ。本格ファンにはちと「?」かもしれないけど、ひねくれた僕には合う。

今回のロケーションはヨーロッパから移築された古城。現在はテーマパークになっている。その社長が、城の領主、“稲妻卿”ことエドガー・ランペールの霊に取り憑かれた。「自分を750年前に殺した犯人を捜しだせ」と、シリーズ探偵の石動戯作が謎解きに指名される。なんか書いていて、かなりムチャクチャな設定なのだけど、これがすんなり読めるんだよね(これが文章書きのアマとプロの差か。というか殊能将之ならではって気も)

やがて現代でも殺人事件が起き、二転三転の謎解きがある。そして迷探偵石動(最初はこの人、名探偵だったんですけど)が助けを求め、本物の名探偵のあの方が登場。(こういう以前の作品の脇が再登場ってのは、京極夏彦以後多いように感じる。Φは壊れたねにしても。)名探偵+古城(館)とくれば、話は自然と(ムリヤリと)本格トリックに結びつく。写メールと電話だけで謎を解いちゃうってのもなかなかアレだ(w

ミステリィとしてはもとより、騎士エドガーの回想の中世の合戦のシーンと、750年をジャンプした視点から見た現代の描写(最後までバイクを馬だと思っていたり)が面白い。トキオーンのロポンギルズで、鉄の馬に跨り看板の金属棒を槍がわりにした稲妻卿の大立ち回りのシーンは痛快で、ちょっと異邦の騎士を思い出した。

とにかく芸風の多い人です殊能将之。オススメ。


2005/02/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-73.html

満を持しての新カテゴリ始動。

いぜんよりヒソカに憧れていた”大阪弁”について情報をあつめるエントリ群です。先日レンタルした大阪ソウルバラードにしびれ(すでに”やっぱ好きやねんbyやしきたかじん”はカラオケデビューを果たした)、また、某チャットでは捨てハンでエセ大阪弁をあやつるほどのワテやけど、正しい知識がありまへん。ここら辺について書いていきたい思うちうわけや。

最初に紹介するには、かなり強力すぎる感がありますが、ここだけは押さえておかないと。

標準語で書かれた文章や、サイトを丸ごと大阪弁に変換してくれるProxyサーバです。元はDOS時代のOSAKA.EXEの流れをくむもので、再会したときにはホント懐かしかった。さっそく某日の日記を大阪弁化してみましょう→音の指紋の証拠


2005/02/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-72.html

  1. あなたのブログ名とその由来を教えてください。
  1. あなたのハンドルネームとその由来を教えてください。
  2. あなたのブログの主な内容・テーマを教えてください。
  3. あなたのブログのセールスポイントを教えてください。
  4. あなたのブログのお薦め記事をひとつ教えてください。
  5. ブログを書くときのこだわりや、意識していることがあったら教えてください。
  6. ブログを書いていて良かったことはありますか?
  7. 目標にしているブログはありますか?
  8. 他にサイト(HP・ブログ・日記)を持っていますか?
  9. ブログを始めたきっかけを教えてください。
  10. あなたのネット環境を教えてください(例:デスクトップ、WinXP、IE6.0、光ファイバー)。
  11. FC2ブログの良いところはどこですか?
  12. FC2ブログの改善して欲しいところはどこですか?
  13. FC2ブログを知ったきっかけを教えてください。
  14. FC2ブログを選んだ理由を教えてください。
  15. FC2ブログを使ってみて感じた印象を教えてください(例:ユーザー間の繋がりが薄い 等)。
  16. テンプレートは何を使っていますか?またそれを選んだ理由も教えてください。
  17. こんなテンプレートが欲しいという希望があったら教えてください。
  18. 共有スレッドテーマを利用していますか?良く利用するテーマは何ですか?
  19. こんなブログカテゴリ(ジャンル)が欲しいという希望があったら教えてください。
  20. ユーザーサポート(スタッフブログ・掲示板・Wiki)を利用していますか?これらは役に立っていますか?
  21. FC2ブログ内で良く読むブログを教えてください。
  22. FC2ブログ以外で良く読むブログを教えてください。
  23. ブックマーク(お気に入り、BlogPeopleなど)をするブログの条件は何ですか?
  24. ブログ以外でブックマークしているサイトを教えてください。
  25. 他のブログにコメントをしていますか?コメントをする基準は何ですか?
  26. 他のブログにトラックバックを送っていますか?トラックバックをする基準は何ですか?
  27. アフィリエイトをしていますか?そのコツは?
  28. これからこのブログをどのようにしていきたいですか?
  29. おつかれさまでした。最後に一言どうぞ。

「FC2ブログユーザーに30の質問」は

からお借りしました。


2005/02/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-71.html

(追記:2005-03-24)サブドメインアクセスのサポートが実施され、ここのブックマークレットは作動しません。最新版はこちらにあります。


ビスコさんのABCキッズ(旧:FC2 BLOGなのか?)で作成されているの共有テンプレートサムネイル一覧から、自分のアドレスでテンプレートをプレビュするブックマークレットです。

> rewrit address

使い方

  1. 上のURIをブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. ブックマークレットを自分のアドレスにあわせて編集。(この作業は一度だけ行います)
  3. 共有テンプレA-M共有テンプレN-Z 共有テンプレNEWの希望のページを開きます。
  4. 登録されたブックマークレットをクリックすると、内部のリンクを書き換えます。
  5. サムネイルをクリックすると自分のアドレスでテンプレをプレビュできます。Shiftを押しながらクリックすると別窓で開きます。(ブックマークレットを高率よく使うにはこちらが推奨です)
  6. そのテンプレのまま移動したい時はhold templateもヨロシク(CMでした)

スクリプトのアップを快く承諾してくださったビスコさんに感謝します。


2005/02/10

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-70.html

FC2のテンプレートの豊富さと更新の量・速さには、毎度のことながら驚かされる。一気に10点追加なんてのはあたりまえ。さらに共有テンプレ、そこから派生の自己ストックテンプレなどを数えたら選択は無数にある。それだけ自分の理想に近い(改造ベースとしても)ものが見つかる可能性が高いということになる。

ところで、通常のテンプレプレビュはトップページしか見られない(と思われてる方が多いのでは?)実は引数を指定してやれば、カテゴリ表示や月表示、個別記事、コメント&コメントフォームをプレビュすることもできるのです。これについてはFCafeのdaniel氏が研究されています→テンプレート適用法

うちは壮大な計画はムリなので、ライトな1行スクリプトを書いてみました。

> hold template

使い方

  1. 上のURIをブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. 管理画面→テンプレートの設定→テンプレートの追加 と進み、任意のテンプレをプレビュします。(編集中のテンプレートのプレビュでも可)
  3. 登録されたブックマークレットをクリックすると、選択テンプレ内部のリンクを書き換えます。1度だけそのテンプレを保持したまま他のページやコメント・トラックバック部分へ移動できます。
  4. 新しく表示されたページから、さらに別のページに移動したい場合は、もう一度ブックマークレットを動作させます。(以下繰り返し)

注意点:外部へのリンク、または一致した文字列を書き換えてしまう可能性があります。もちろんオリジナルのログには影響しません。


2005/02/08

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-69.html

今日のは丸ごと転載ですが、ちまたで問題になっている○ahoo!ブログの例の機能を揶揄するものではありません。ログの引越しをしていないので他サーバにあるワタクシの過去の日記から、重大な発見をしたのです。

04/03/20

身近に天才を発見した(忘れた頃にやってきた)呑み&カラオケ仲間のY子さん(3×歳)どちらかといえば天然入ってる、ボーっとしたヒト。

だいぶ前に車で送った事があって、その時にBGMにしていたのが件の”遥かな時を越えてby中村彩花”だった。「今度、これカラオケで歌ってよ」と言ったら「んじゃ憶えるから、頭出しして」って会話があって、酒も入ってたし(誰が運転していたんだろう?)バカ話とかしてたので、結局その一回しか聴かなかったはず。それなのに、メロディ憶えてて正確に歌ったんですよ、ゆんべ。(歌詞はカンニングしてた)驚きですよ、あなた!最初、ホントは知ってる曲で、かつがれてるのかと思ったね。

話を聞いてみると3歳からピアノやってたそうで、字が書けるようになる前から音楽を頭に記録する方法を会得しているんだって。「やっぱ、暗算のソロバンみたいに、仮想鍵盤でやんの?」と、やり方聞いたら「ふふふ、ピアニストは鍵盤なんか見ん。数小節ひとかたまりにして折線引いて憶える」って、なにそれ?メッチャアバウトじゃん!そこから楽譜に書き出すこともできるそうで、彼女の頭の中で、生音⇔かたまり⇔音符への多重変換がおこなわれているのだ。さらに絶対音感つうの?目覚ましの音がラ♯のさらに半音上(3/4音?)とかもわかると自慢された。「犬笛も聞こえる?」と訊ねたら「それはムリ」と言っていたので少し溜飲が下がった。

しかし、うらやましい。ちきしょーオレも会得したいぜ、その才能!だけど僕にはピアノがない。

数少ない女友達の、しかも一緒に行動(これはもうデートとよんでもよいのではなかろうか?)しているという貴重な記録である。いや、そんなことはどうでもよい。重要なのは

数小節ひとかたまりにして折線引いて憶える

という部分です。これは、昨日書いたエントリの”音の波形”という話に符合しませんかっ?

ふふふ、これでCDDBの開発者は、僕の日記を読んでいることがわかった。


2005/02/08

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログ開発日誌にやり方が載っていたのでちょっと改造。思いつきだけなので隙だらけ。

(x)html

  1. <!--allow_comment-->
  2. <p class="state">
  3. <a href="<%topentry_link>#comments">コメントを書く</a> | <a href="#header" title="このページのトップへ"> &Delta; </a>
  4. </p>
  5. <!--/allow_comment-->
  6. <div class="comment_list">
  7. <!--comment_list-->
  8. <p>
  9. <strong class="<%topentry_comment_list_name>">
  10. <%topentry_comment_list_name>
  11. </strong>:<%topentry_comment_list_body>
  12. </p>
  13. <!--/comment_list-->
  14. </div>

css

  1. .comment_list {
  2. font-size: .9em;
  3. padding: 0; margin: 0 0 0 2em;
  4. }
  5. .comment_list p {
  6. color: #777;
  7. height: 1.5em;
  8. line-height: 1.5em;
  9. overflow: hidden;
  10. background: #f6f6f6;
  11. padding: 0 .5em; margin-bottom: 0;
  12. }
  13. .comment_list p strong {
  14. color: #777;
  15. }
  16. /* コメンテーターに敬称をつける(CSS2対応ブラウザ) */
  17. .comment_list p strong[class]:after {
  18. font-weight: 100;
  19. content:"\3055 \3093 ";
  20. }
  21. .comment_list p strong[class="\30de \30b9 "]:after {
  22. content:"";
  23. }
  24. .comment_list p strong[class="sug"]:after {
  25. content:"";
  26. }

コメント一覧というか、さわりだけを読めるようにしたかったけど、そこからコメント本体に飛ぶ方法がないorz


2005/02/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-67.html

毎週のようにCDをレンタルしてきてはiTuneに録音(?)している。すでに700MB(CD20枚分くらいだろうか)に迫る勢い。今はオムニバスやシングルコレクションが豊富に出回ってるので、僕のようにアーチストに固執しないで表面だけで音楽を聴いている人間には便利です。最近のヒットは、大阪ソウルバラードという1枚。ただでさえ大阪弁に弱いんだけど、やしきたかじんの熱唱は震えがくるほどイイ(w)オススメです。

あいかわらずiBookはスタンドアロンのままなんで、曲名、アーチスト名、その他の情報は空白のまま。時たま思い出したようにシコシコと打ち込みしてはいるんだけど、ことえりがおバカ(太田裕美を覚えてくれない。なぜ?)なのと、知らない曲が多すぎてすぐ挫折している。某掲示板で聞きかじった情報によると、接続していない状態で録音 → 後からオンラインでCDDBから情報取得は可能らしい。

CDの曲データに個別のIDが振られているのかと思っていたら実はそんなことはないそうです。では、どうやって曲を識別しているのか?調べてみると、この仕組みが結構感動モノでした。

取り込んだ楽曲データは、最初は単に「トラック-1、2、3~」という曲ファイルとなっている。どのCDから取り込んだのか、などといったCD識別コードなどの情報が付加されていないにもかかわらず、ほとんどのCDはCDDBから自動的に情報が入手できる。
音楽生活広げる魔法の音楽データベース

なんとこれが音の波形を照合して曲を特定するシステムだそうです。よくわからないけど、データベースのフィールドに”曲名”、”アーチスト名”などの他に”波形データ”ってキーがあるってことなんでしょう。もちろんデータ登録されているもののみ可能なのだけれど。つまり、デジタルに限らずアナログ録音した曲でもデータベースに登録されているものでありさえすれば、各情報を取得できるんですね。曲の波形そのものがIDだったとは。これってすごくない?クイズ・ドレミファドンでグランドチャンプになれない?


2005/02/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-66.html

仕様変更でコメント欄のオートリンクが選択可能になった。予言はしたものの、出された要望を実現していくというのは、結構大変なことだと思います。えらいぞFC2。

と、ほめておいてナンですが、こんなスクリプトでも書いた手前、うちはFC2の機能はオフにして自家発電してます。何度か修正して現在は以下のようになってます。これが最終更新でしょう。

javascript

  1. <head>
  2. <script type="text/javascript">
  3. <!--
  4. function comment_style(id) {
  5.  var sComment = document.getElementById(id);
  6.  if ( !sComment ) return;
  7.  var s = sComment.innerHTML.replace(/<br>|<br \/>/ig,"&nbsp;<br />").split(/<br \/>/);
  8.  for ( var i=0;i<s.length;i++ ) {
  9.   s[i] = s[i].replace(/(^>|^>)(.+)/i, "$1<span>$2<\/span>");
  10.   s[i] = s[i].replace(/&nbsp;$/i, "");
  11.   s[i] = s[i].replace(/(http:\/\/[!#-9A-~\.\?=;:]+)/ig, "<a href='$1'>$1</a>");
  12.   s[i] = s[i].replace(/(<a.+').+\[(.+?)]/ig, "$1 class='comment_in_link'>$2</a>");
  13.   }
  14.   sComment.innerHTML = s.join("<br />"); // xhtmlの場合
  15. }
  16. </script>
  17. </head>

(x)html

  1. <!--comment-->
  2. <span id="comment_text<%comment_no>" class="comment_text"><%comment_body></span>
  3. <script type="text/javascript">
  4. <!--
  5. comment_style('comment_text<%comment_no>');
  6. //-->
  7. </script>
  8. <!--/comment-->

css

  1. /* アドレスのみのリンク */
  2. .comment_text a {
  3. font-size: .8em;
  4. }
  5. /* 文字列リンク */
  6. .comment_text a.comment_in_link {
  7. font-size: 1em;
  8. }
  9. /* 引用 */
  10. .comment_text span {
  11. font-weight: 700;
  12. }

機能

  1. URLだけが書き込まれた場合は、今まで通りURLそのものがリンク文字になります。
  2. URL+半角スペース+[リンクにしたい文字列]の書式の場合は”[””]”半角カッコの中の文字列にリンクが張られます。半角カッコは置き換えられた場合は消去。
  3. 行頭に全半角の”>”、”>”があった場合<span></span>で”>”、”>”の後ろから最初の改行までを囲みます。
  4. 該当部分のCSSを編集することで、コメント欄の を装飾できます。
  5. スクリプトオフの場合の表示はそれぞれ以下のようになります。
    http://www.yahoo.co.jp/ [Yahoo!]
    >ここは引用部分です

2005/02/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-65.html

今月号のJ'sTipoはm毎年恒例のBEST HIT J's。買ったり買わなかったりの雑誌だけどHONDA特集やファンランキングの号は保存している(床に積み上げて)

今回のBEST1は栄光のスリーダイヤ、GALANT E30。僕が免許を取ってはじめての車がGALANT Λ(ラムダ)だった。この人が乗ってたヤツである(放送年から計算すると10年落ち以上だな・・・)ちなみにGALANTはgallant[勇ましい, 騎士的な]からの造語らしい。どうしてもコレが欲しかった!わけではなく、友達が三菱系列の修理屋で、相談にいったところ店先にあったΛを勧められたのである。選択の余地(と金)がなかった。

初心者マークの1台目には手頃な車で、あちこち流しに行ったり、あちこちぶつけたりした。そのうちパワーとかメカニズムとかに興味が出てきて「さて2台目は・・・」という時に候補にあがったのがGALANT E3系(修理屋のせがれの推薦)だった。店先に数台しか置いてない中古車屋なのに、VR-4があったのを憶えている。やっぱり数年落ちだったはずだが、4WD・4WS・四輪独立懸架の当時としては最先端のメカだった。Λよりコンパクトボディでフロントの逆スラントもカッコよかった。レースも耐久よりはスプリント、ドラッグよりもWRCと派手なほうが好みで、WRCといえばランエボ、その元祖がGALANT VR-4なのだ。

ま、この時も金がなく(常にないわけだが)別メーカーのセダンを買った。今J'sTipoを読みながら「あの時コレに乗っていたら・・・」と思うとちょっと残念な気持ちもある。三菱もいろいろアレだけど、こういうファンがいるのだから頑張って欲しいと思う。


2005/02/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-64.html

そういえば midifileをアップできるようになったっけ、ってことで突然思い出した。去年の秋頃話題になった、URLからページ内の英数字を音階に変換、ファイル作成してくれるサイト。

midifyとmodifyをかけているのがオサレ。本来は英語圏のページで楽しむものらしく、英字が多いほど複雑な音色になるらしい。日本語サイトでもHTMLやスクリプト部分を解析している様子がわかる。

うちのページの中でも英字の割合が多い(いうなればアカデミックな)記事で試したみた → midifile(1.2KB クリックすると関連付けされたアプリで再生されます)

不協和音とオルゴールの音色が、ホラー映画か2時間サスペンスのCM入りキャッチみたいな感じに仕上がりました。僕のケータイはmidiをそのまま着メロにできるんで、いいのができたら入れようかと思ったんだけど、これじゃ夢見そうなんでやめた。


2005/02/03

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-63.html

昨日より社名変更になりました。某板じゃ、”ゐる米、 売る米”と決定したようです。

それに伴って、H"もAIR-EDGEに改名。欧米でも意味がわかるようにだそうです。そりゃ、エッチ+濁音でエッジは読めないだろう。個人的には好きだったが。

AH-F401U

10ヶ月しばりも解けたし新サービスも始まるというのに、USBタイプのつなぎ放題〔4x〕対応末端はウワサすらない。いい加減、iTunesのライブラリも充実してきたのにスタンドアロンであるがためにCDDBから情報を落とせない。iBookでネットに潜入するには、今のところAH-F401Uしか選択肢がないということになる。というかこのカラーバリエは絶対にiBook狙いとしか思えません。まんまと罠にはまりそうな気配。


< 前の 5件 < 01月 | 03月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。