Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/05/31

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-178.html

中島みゆきの歌姫のイメージ。デビューアルバムの一曲”歌をあなたに”の表裏を成す曲で時々ものすごく聴きたくなる。song for you(あなたのための歌)ではなくてsong to you(歌をあなたに)というのが、とても彼女らしい。


2005/05/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-177.html

おみやげテンプレがうまくできなかったんで、例のブツを改造してみた。需要ありそう?

> Fview(スクリプト有効にして見てね)


2005/05/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-176.html

comb

もぶろぐってのをやってみたかったのだが、なぜだかうまくいかない。写メールと同じ要領でいいんだよね?3回くらい送ったのに音沙汰なし(もちろんレスも来ない)しかたないんで、自分宛にメールしちゃっただわの管理人です。こんばんわ。そこから再アップしてエントリー(ジャスト無意味)としよりにはムリだわ最先端IT機器の操縦って。つか先端にしちゃ画質悪。


明日が期限なんで、自動車税をミニストップで納税いたしました。上記画像が証明であります。

先日、三郷インターの近くに某大型スーパーが開店して(すげーローカルネタ)僕の生活道路である草加流山線が大渋滞して困っております。どうか、僕の納めさせていただいたこの税金で迂回バイパスを造ってください。残ったお金は緑地帯に白百合の苗でも植えてください。冬にはおいしいユリネが食えます。それでもどーしても余ってしまった場合は、還付金で錆びたワイパーを取り替えたいです。


2005/05/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-175.html

新しい試みはないとは言ったものの少しはあります(どっちなんだ?)

<hr>にちょっち面白いスタイルを考えました(誰かがとっくにやってるヨカーン)

css

  1. hr {
  2. visibility: hidden; height: 1.5em;
  3. }
  4. hr:before {
  5. content: "* * *";
  6. font-family: Arial, sans-serif; color: #777;
  7. font-size: 2em; text-align: center;
  8. display: block; visibility: visible;
  9. }
  10. /* for IE */
  11. * html hr {
  12. height: 1px;
  13. border-top: 1px dotted #303030;
  14. visibility: visible;
  15. }

投稿欄で文章や画像の区切りなんかで<hr><hr />)と書き込むだけのお手軽さ。FC2はHTMLがすべて使えるんだから、投稿欄にもっと書こうよ。そんでテンプレ作れなくなろうよ(殴。


カスケードさせないとすべての水平線に適用されるんで、多少の工夫は必要。Arialのフォントだと、こんな感じでオサレ。でもIEじゃ、ただの点線。ならぬなら 夏まで待とう トホホ(ギスギス)

  1. hr:before {
  2. content: url("画像のアドレス");
  3. height: 画像の高さpx;
  4. text-align: center;
  5. margin: auto;
  6. display: block;
  7. visibility: visible;
  8. }

などとすると画像でデザインすることもできる(はず)修正したけど、なんか自信ナイ(実際に試せよ<ワシ)

スタイイリング<hr>はこちらが参考になります。


2005/05/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-174.html

最近、佐野元春にハマり聴きまくってま(略。予告のおみやげテンプレですがうまくできませんでした(平謝。

そもそもBlogって何なの?って考えた(あんまり高性能なCPUを搭載してないんで、ひじょーに基本的なところからワンステップずつやる)ググってみてもコレといった明確な答えはない。おおざっぱに言ってひとつ以上のカテゴリがある記録(と更新)ってことになる。中身は、日記でも長文でも短歌でも、あるいは字なんか無くたって、その日の朝顔(TOTOじゃない方)の写真が一枚あればそれはBlogだ。と、まあ、中身がよくわかんないんで、自分が書いてるモノをマークしたりスタイル当てたりしていくとフツーの人には使えないモノになってしまうのです、なぜか。(Fxcelが書けたのは、中身が確定していたからなんだよね)

comments

いちおうシェイクダウン中だけど、パーツは今まで書いてきたことばかりなんで、特に新しい試みはないです(大人っぽいテンプレが少ないようなので、ちょっちクールな感じにしたくらい)もしも、「ココはどーなってんの?」ってご要望があれば、できるかぎりお答えいたします。それでカンベンしてくだされ。

たとえば、コメントをいただいたお客さんに敬称をつけるなんてのはCSS2でできます。発展させれば常連さんごとに敬称を変えたり、個別アイコンをつけたりもできます。あるいは、写真やお絵かきサイトでよく見かけるサムネイル画像をジャンプトリガにするなんてのも、スクリプトで似たことができます。ただし両方ともHTMLの補助的役割にすぎません。まずは完成されたHTML(その前にコンテンツが必要なんだけど)がなければ身動きとれないのです。


2005/05/26

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-173.html

せっかくの祭りなので、テンプレを作ってます。コンテストには出品しませんが、ここのおみやげ置き場でこっそり配布するつもり。

テーマ

  1. 見やすく読みやすいコンテンツ(情報)を提供すること
  2. ユーザが目的の情報にたどりつけるナビゲーションを提供すること

飾りつけはほとんど無しで(時間もないし、マイセンスを押し付けるのもアレなんで。)使ってくれる方がいればマンツーマンで改造のサポートします。たぶんすると思う・・・するんじゃないかな・・・ま、ちょっと覚悟はしておけ(誰が?)

というか、うまく出来上がらなかった場合はこのエントリそのものが削除され、闇にホフられるわけです。


2005/05/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-172.html

小松の親分さn(誰も知らないからやめとく)

定休なんで、一日中ゴロゴロしてたら、さすがに体調もよくなり復活のキザシ。やっぱアレだね、弱ってるとどんどん悪い方へ考えが向いて家庭のわかりやすい医学とか読んでるうちに(巡回してるのかよ)全部思い当たる気がしてたけど、単なる風邪だったね。健康が一番、我が家が一番って・・・散らかってて落ち着かないんですけど。

あう5507

2005/05/24

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-171.html

誰かの役にたてるとか、誰かを癒せるなんてのは増長した幻だ。主体はどこまでいっても受け手であって、受けた本人が評価・妥協・納得するもの。人は人の心を簡単には動かせない。本人が動きたいと思っていることこそが解決への道だ。

例えば愛する人が「あなたはよくやったわ。もう、がんばらなくていいの」と言ってくれれば(別の意味でマボロシだ)その胸に飛び込んで安らかに眠れもするだろう。しかし、同じ事を嫌いな上司に言われたら「なにクソ、オレはこんなもんじゃないぞ」と奮起して今まで以上の仕事をするかもしれない。結局、自分がやりたいことをやりたいようにやっているだけで、与えられた言葉や状況が本質を変えるのではない。

なんて、佐野元春の約束の橋を聴きながら思った。


2005/05/23

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-170.html

学んで思わざればすなわちくらし、思うて学ばざればすなわちあやうし

体調メロメロで、何やってもうまくいかない(健常時もさほど変わらず)これがPCに憑依したか、しょっちゅうエクスプローラーが落ちる。そのたびに”エラー報告を送信しますか?”ダイアログが出て、どこ押しても消えない・・・鬱だ。

しばらく充電がてら、大昔のログ整理でもします。インポートとかよくわからないんで、HTMLをアップする方向で。


2005/05/22

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-169.html

http://blog-imgs-27.fc2.com/s/u/g/sug/24.jpg
嫌煙派がヒステリックになるのは 
我々のように一服する余裕がないからであろう 

2005/05/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-168.html

きのう埼玉は30℃に迫る気温で、それが夜まで続いた。あまりに暑いんで今年初クーラーで眠りについたら、みごとに風邪ひいたよ。ナイーブだから環境の変化に弱いのよね。

ま、季節の変わり目に風邪ってのは、sug家のシキタリみたいなもんだから避けては通れない。また何度目かの夏が来る。

というわけでハナをかみながら体内時計を夏にセットしたのでした(その時計には目盛りが4ヶしかない)


2005/05/19

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-167.html

わからないなりに新変数をいじくる。

<date_area>を使って、月別表示の時<%topentry_body>(全文)でなくて<%topentry_discription>(本文の要約)を読み込むようにした。月別表示は件数無制限なんで、これで少しでも転送データ量が減らせるかも(2鯖の気遣い)

要約はプレーンなテキストなので、マークアップ部分(強調とか画像とか)が反映されないのが特徴。段落も消滅するが、おかげで<p>で囲める。あと、引用部分が見分けられなくなるのは、ちとまずいような気もする(けど、しばらく様子見)

本文要約で軽くなった分、<%topentry_comment_list>を加えてコメントのさわりの部分も表示するようにした。こちらはCSSのover-flow:hidden要約風に。

などと思っていたら、問題が・・・

うちは、10件/1ページにしてるんだけど、月別だけはこの件数指定が適用されない。(仕様ということで納得してる)だから<!--date_area-->だけ要約にしたくて、こう書いてみた。

  1. <!--not_permanent_area-->
  2. <!--topentry-->
  3. <h2><%topentry_year>-<%topentry_month>-<%topentry_day></h2>
  4. <h3><a href="<%topentry_link>"><%topentry_title></a></h3>
  5. <!--date_area-->
  6. <p><%topentry_discription>[<a href="<%topentry_link>">全文</a>]</p>
  7. <ul>
  8. <li><a href="<%topentry_link>#comments">コメント(<%topentry_comment_num>)</a></li>
  9. </ul>
  10. <div>
  11. <!--comment_list-->
  12. <p><span><%topentry_comment_list_name></span>:<%topentry_comment_list_brbody></p>
  13. <!--/comment_list-->
  14. </div>
  15. <!--/date_area-->
  16. <!--not_date_area-->
  17. <%topentry_body>
  18. <ul>
  19. <!--more_link-->
  20. <li><a href="<%topentry_link>#more">続きを読む</a></li>
  21. <!--/more_link-->
  22. <li><a href="<%topentry_link>#comments">コメント(<%topentry_comment_num>)</a></li>
  23. </ul>
  24. <!--/not_date_area-->
  25. <!--/topentry-->
  26. <!--/not_permanent_area-->

これだとダブって出力される。どうも、<!--not_date_area-->がうまく動いていないようなんですけど、何かいい手がないもんでしょうか?


2005/05/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-166.html

とりあえず<title>はこんな感じに。本当は<h1>こそ何とかしたいんだけど。

  1. <title>
  2. <!--index_area--><%blog_name><!--/index_area-->
  3. <!--not_index_area-->
  4. [春]
  5. <!--permanent_area--><%sub_title><!--/permanent_area-->
  6. <!--not_permanent_area-->
  7. past <!--date_area-->in<%sub_title><!--/date_area-->
  8. <!--category_area-->concerning<%sub_title><!--/category_area-->
  9. <!--/not_permanent_area-->
  10. <!--/not_index_area-->
  11. </title>

トップページ以外は、流行(約5ヶ月遅れ)のサイト名簡易表記にする。運良く[春]は欠番だったので登録もした。また目的を失いつつあるよーな。


2005/05/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-165.html

またまたテンプレート中で使える変数が追加投入されたもよりです。ビスコさんのところに置かしていただいてるブックマークレットじゃ<!--index_area-->が見られないぞ。」と緊急連絡がきそうな予感がしたので微調整しときます。

ビスコ総支配人が参照先をどのようにするのかがまだわからないんで、めっさフライングぎみです。しかし、時あたかも祭りの真っ最中なのでモード別表示が売りってテンプレもあるかもしれないし・・・

さて新変数、どーなってるのかさっぱり理解していませんが

編集時にプレビューする場合は?style=default&index と&indexを付けてください。

とのことなので、書き換えの前に プレビュアドレスに &indexをつけるかつけないか選択できるようにしました。

> なのか?view / (詳しい取り説)

あと、ちょっちネーミングを変えました。センスは問わないで、そっとしておいてください。


2005/05/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-164.html

2年ほど前、タブレットを手に入れオマケについてきたExpressionってソフトで描いたものです。ユーザーフォーラムで知った301ツキシロさんのイラストの数々に衝撃を受け、こんな風に描けたらなーと一時期熱中して描きまくってた。やがて才能がない(同じテーマ同じソフトで乖離した結果)ことに気づき、今やタブレットはホコリにまみれてる。ドライバCDもどっかいった。

僕は何でも我流でして、いいなーって思うとマネからはいる。でも、いつも目標が高すぎる(あるいはジツリキが低すぎる)のでモノになったためしがない。やはり、こーゆうのはキチンと訓練を積まねばダメです。どこかにモデルをやってくれる可愛い娘いませんかね?いや、もちろん服着たままでいいです。なんなら絵なんて描かなくたっていいんです。


2005/05/15

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-163.html

晩飯は焼肉でした。ただし串に刺さってて、しかも鶏肉だがな。

でも、そこの居酒屋(チェーンじゃなく、十数人も入ればいっぱい。しかも不定休←年中無休の反対)の焼き鳥はサイコーだ。特に皮がうまい。焼き鳥とかつくねなんかより、皮の方が重い(笑。もう親の仇のように刺しまくって、癒着・結合・蒸着(わずか0.05秒で)して、やがてはひとつの肉塊となる。

塩も捨てがたいが、ここはタレをセレクトしていただきたい。焼いてる匂いがまた芳醇で、秘伝の(かどうかは知らないが)タレを最初と最後とおまけに焼きの途中でつけこむ。スパイシーなニンニクとかショウガとかソレ系の香りたつカウンター。

さて味の方はというと、かすかな甘みとピリッとした辛さが見事なハーモニクスを奏で、コゲの苦味がはかなくも人生とはなんぞやなどとテツガクを感じさせる。噛めば噛むほど味があるが、いつまでもそうしていられないのでビールで飲み込む。うん今日も平和だ。

しかし、あれだ、いちばん好きな肉は何か?と問われれば・・・やっぱ、たまにはステーキとか食いたいよ(レアで頼むとかゆいたいよ)という言葉もグッと飲み込むのであった。


2005/05/15

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-162.html

ページの状態、カテゴリID、エントリIDが<body>生成直後で取り出せるってことは、それらが混在したナビゲーションも比較的簡単に作れるはずなんだけど・・・
(ある青年の苦悩と疑惑にみちたつぶやき)

と、まあコレを考えてみるわけだが、夕方呑みに出かける 御会食があるので意識がしっかりしているうち(私にだってあるのだ、年に数時間は)に基底になる部分だけでもやっつけとく。


2005/05/14

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-161.html

by 岩崎宏美・・・とは何の関係もなく、今日もちょっとヘンな話です。

新ブロック変数というのができて(いつものコトながら出足が遅くてスマン)、Blogの表示状況によって<title>要素の内容を書き変えるというTipsを見つけた。

<title>
<!--not_permanent_area-->
<!--date_area--><%sub_title>|<!--/date_area-->
<!--category_area--><%sub_title>|<!--/category_area-->
<%blog_name>
<!--/not_permanent_area-->
<!--permanent_area--><%sub_title><!--/permanent_area-->
</title>
そこまでやるかという話もありますが、トップページはタイトルだけで余計なスペースが入らないし、記事ページはブログ名が入らなくなります。これは検索エンジンのタイトル表示が21文字くらいでカットされるので便利。
(FC2ブログ サポートフォーラム独自タグのメモ帳:schutzさんのコメント)

なんか、入れ子にするのも複数使用もOKらしいし、状況によって出力を切り替えられるということは、その状況自体を出力して順番に読めば現状を把握・評価できるじゃん!(そんなことより、私生活の惨状を把握・改善すべきなのだが。)

順序と入れ子を考えて、そのページ状態のキーワードを作りだし<html>id名にあたる部分に出力させる。idにしておけばCSSでページ状態ごとにスタイルを変えられるし、スクリプトで使う時に条件判定を大幅に減らせる。うまいことやれば、ページが読み込まれる前に、あんなこととかこんなことができるかも。

(x)html

  1. <html
  2. id="
  3. <!--not_permanent_area-->
  4. <!--prevpage-->not_<!--/prevpage-->
  5. top_page
  6. <!--date_area-->_of_dately<!--/date_area-->
  7. <!--category_area-->_of_category<!--/category_area-->
  8. <!--/not_permanent_area-->
  9. <!--permanent_area-->start
  10. <!--preventry-->ed<!--/preventry-->
  11. _entry
  12. <!--/permanent_area-->
  13. "
  14. >
  15. <body
  16. class="reading_
  17. <!--not_permanent_area-->
  18. <!--date_area-->at<%sub_title>_<!--/date_area-->
  19. <!--category_area-->kind_no_<%cno>_<!--/category_area-->
  20. <!--/not_permanent_area-->
  21. <!--permanent_area-->
  22. <!--topentry-->order_no_<%topentry_no>_
  23. <!--/topentry-->
  24. <!--/permanent_area-->
  25. page
  26. "
  27. >

注:実際には改行してません。

トップページの判定は、現時点より未来へのリンクがあるという判定を裏返してるので、”環境設定”→”エントリの表示の方法”を日付の新しい順にしている想定。時系列で並べてる場合は<!--prevXXX--><!--nextXXX-->に差し替えると同結果になる。ついでに<body>要素にサブ情報的なclass名も設定しとく。

classNameが空になる場合があるので修正(2005-05-15)

各ページでの<html>id名・<body>class名

何のページ? id&class
トップページ #top_page .reading
トップ以外のページ #not_top_page .reading
2005年5月のアーカイブ #top_page_of_dately .reading_at.200505"
2005年5月のアーカイブ2ページ目以降 #not_top_page_of_dately .reading_at.200505
未分類カテゴリページ #top_page_of_category .reading_kind_no_0
未分類カテゴリ2ページ目以降 #not_top_page_of_category .reading_kind_no_0
最新着の固定記事ページ #start_entry .reading_order_no_XXX
固定記事ページ #started_entry .reading_order_no_XXX

<%sub_title>には頭に半角スペースが入るのでCSSでの参照は.reading_at.200505のような複合クラスになる。(2005-05-15)

idclass名には論理的な名前をつけろ!ってのが定説(守っちゃいないけどさ)だけど、これほど物理的一意な名前がかつてあっただろうか?(笑

どんな使い道があるかというと、例えばトップページではヘッダとサイト名を大きく派手に見せ、それ以外のページでは控えめにするとか。

css

それ以外にも、ある固定エントリ(”About this BLOG”とか)が開かれた時だけに適用するスタイルなんかも設定しておける。

css

ページの状態、カテゴリID、エントリIDが<body>生成直後で取り出せるってことは、それらが混在したナビゲーションも比較的簡単に作れるはずなんだけど、ねむいから明日の心だ。


2005/05/12

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-160.html

お客さんから、こんなネタをいただきました。

あの画像はどの辺りに在ったかなぁ~?といつもファイルアップロードの「前のページ」を嫌と云う程めくってます、何かいい方法は無いでしょうかね?!

確かに容量が1GBもあるFC2(おーい、宣伝してますよ!FC2の人)なら知らず知らずのうちに画像がたまって、目的のブツを探すのがひと苦労ですね(うちは少ないんで、苦労したことないんだけど、買ってでもした方がいい?)管理画面から画像、その他のファイル名で検索できればいいんだけど、アップして5秒で名前は忘れちゃうし、そもそもそんな高等なワザは、家内制手工業で隙間家具つくってるうちじゃムリです

アップファイル一覧ページの問題点を、シーケンシャルにしか移動できないってところだけに絞れば苦肉の策がないでもない(どっちだ)その名も直リンク(安易)。全ページ数が不明だから、ものすごくてきとーです。さあ、君は目的のファイルにたどりつけるか?!

pagejump

> アップロード管理支援 (ここでクリックしないでね)

使い方

  1. 上のURIをブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. 管理画面→ツール→ファイルアップロード と進み、画像その他のファイルの一覧を表示させます。
  3. 登録されたブックマークレットをクリックするとプロンプトダイアログが開き、page num ?とジャンプするページ数をたずねてきます。適当な数をインプットしてOKをクリックしてください。デフォルトでは10ページ分のリンクを作ります。
  4. ファイルアップロードフォームの上に、各ページへの直行リンクが書き込まれますので、勘をたよりにジャンプしてください(笑)。
  5. 新しいページは別窓で開きます。ブックマークレットを動作させたページを基点にすると効率的です。

ファイルをアップロードした直後は、アドレスが違うため動作しません。左メニューの”ファイルアップロード”を再読込みしください。

・・・これも簡単に実装されそうな気が(略


2005/05/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-159.html

いちおう、以前のエントリの続きです。

読みかえしてみるとテーマ(の一部)が文章の伝達だというのに、これでうまく伝わっているのか不安になる。肝心な説明がはしょられてたり、誰もがわかりきったことをくどくど書いてるような気もするし。ま、ここのBlogの説明って”思ったことを書きたいのだが、あまり物思いをしないので困難をきわめる。”だから。(表示してないけどさ)

たとえ考える方向が当ってたとしても、文章や作文のまともな教育を受けそこなって(授業中寝ていたりとか、入試の後「あなたは来なくていいです」って宣告をされたり)我流で書いてるからね。今日は呑みながら 語るように書くです。


コンピュータはデータの中身(文章とか画像・音声etc)は理解しない。それが国家機密文章でも、酔っぱらいのタワゴトでも値の集まりとして同列にあつかう。あるデータが文章だったとしても、内容の芸術性とか正誤であるとか、もっと根本的な文法(主語、述語、顔文字)なども重要度の比重は同じになる。改行コードも例外ではない。唯一のルールは始まりと終わり(正確にはアドレスとデータ長)が確定していることと、アドレスが一意であることだけ。

この一緒くたにされた文章ってのは、前回の江戸時代の記述法に似ている。スペース効率のために隙間なく並べられた文字がデータで、紙面が長さとか範囲にあたる(というか、コンピュータの方がマネしたのかもしれない)紙が貴重だったのと同じように、昔はメモリ(データの記録領域。HDやFDを含む)がとても貴重だった。その少ないメモリでデータの内容(構造といいかえてもいい。文章だったらその意味であるとか画像だったら色データであるとか)を記録するか(つまりは伝達のため。伝達の相手が未来の自分という場合もある)に知恵をしぼってきた。

やがてメモリも潤沢になった。ココまでの間に色々あったのだろうが、はしょる。半導体メモリだけでひと昔前のHDを超えるようになった。いつの時代の人だ、僕は(って昔も書いたような気もする。年取ると以下略)。このあたりは、製紙が進んで原稿用紙(または単に紙)が豊富になったのとちょっと似てる。

この変化で、大きなデータの扱いが楽になってきたということ。デジタル文章においても、それまでは”一を聞いて十を知れ”みたいな”いや、みなまで言うな、おぬしもワルよのう”(全然違うような)みたいな「こんなんで意味を100%伝達できていたのだろうか?」って一抹の不安を改善する余裕がでてきた。

それまで、要点だけを絞って(箇条書きのように)書かれていたドキュメントにも、読みやすくするための文法や補足を加えたりして構造化できるようになった。多くの言葉を尽くして説明するのも”伝達の一手段”だけど、ダラダラした文章は読みにくいし、ポイントがぼやけるという目的と正反対のことも起こりうる(この文章が顕著な例だ。そうかわざとか)

世の中にはアタマのいい人(イギリスの人だったような。再三の調査不足)がいたもので「ドキュメントのキーワードやパートに意味の要素を与えたら、誰にでも伝わりやすいしコンパクトにできるぞ」と考えた。原稿用紙が一文字の範囲を規格化したように、構造に意味づける要素の規格を作った。

意味づけしたい語句や文を要素名で囲んで、要素の名前の文字とオリジナル(元の語句や文)をコンピュータソフトが見分けられるように要素名をタグで囲んだ。HTMLの誕生である。

いつになったら字下げがでてくるのか不安になりながらも、つづく(かも)


2005/05/08

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-158.html

2005-05-10:更新

犬尾太さんのblog犬尾太「社会の窓」の中のカテゴリで連載されている「オンライン文章作法」を読みました。

プロの物書きの方のよう(詳細はプロフ参照のこと)で、文章の作法に関してわかりやすい言葉で書かれています。僕も、たまには良い、あるいはまともな文章を書いてみたいと野望をもっているので、ヒントになることがたくさんあります。

少々辛口なので、ダメな例が当てはまるとへこみますが、色々な示唆をいただいたので今日は力を入れて書きます(一滴も呑んでません)

テーマは6章にあったクエストについてです。

 ほかの人のブログを読んでいて、よくわからない点があります。なんで改行のあとに1字下げ(1字あけ)をしないのか、ということです。
 ほら、こんなぐあいに改行のあとは1字ぶんあけるのがスタンダードじゃないですか?
(blog犬尾太「社会の窓」: 「オンライン文章作法」その6)


字下げというのは、原稿用紙に文章を書くようになってからできたルールだと思う。江戸時代の文章では字下げしていない。段落の概念はあるのかもしれないが(調査不足はつっこまないでね)、見た目でわかるような改行や段落はない。これは、当時紙が貴重品でスペース効率を追求したためと思われる。やがて、製紙や印刷の技術が高まり原稿用紙が生まれる。

まず、なぜ原稿用紙に文章を書くようになったら、字下げが生まれたかを推察してみる。多くの原稿用紙にはマス目がある。これは「どうしたら文字を書きやすくできるか?」のアイディアだろう。それまでおおよその縦列で並べられていた文字列に縦横の区切り線を加えて、誰もが同じ大きさ同じ間隔で文字を記すようにと規格化したわけだ。

また別の方面では「どうしたら文字情報を正確に伝えられるか」と探求するムーブメントがあったと思われる。こちらの方は原稿用紙誕生と同時期に限ったものではなくて、文字が生まれた時から続く”伝達する”という永遠のテーマだと僕は思う。そのためには読めることが不可欠であって、読みやすいことがより価値が高い。表現方法や文章構造だって、突きつめれば受け手(読み手)のためのものだ。

話を元に戻す。この”マス目(グリッド)に文字を書く”、”読みやすくするには?”というふたつの状況から「段落の始まりを、原稿用紙の横線のn本目に合わせたら明示的じゃないか?」と、誰か(調査不s)が考え出し、やがてルールに昇華したのではないだろうか。(n本目としたのは、作家によっては数マスあける作法もあるので)

つまり、ここまでの仮説が正しければ以下のようなことがいえる。

そしてコンピュータが作られ文字をデジタル化して保存・参照するようになった。ただ紙に書かれていた文章が、原稿用(の)紙へと書かれるようになって書式が変化したのと同様に、コンピュータで文章をやりとりするための約束も色々と考えられ最適化あるいは消えていった。文章のルールはその媒体(メディア)と深い関係があるのだと思う。WEB文章といえるかはあいまいだが、コンピュータで書く文章と電子メールは切り離せない。そして電子メールには以下のような書式のルール(の一部です)がある。

これは書き手と読み手の環境が同じではない可能性があるので、その差を吸収して読みやすくするためである。文末でないのに改行してしまうと、それだけでは段落を表せなくなる(それ以外にも連続した文字列では”間”を取らないと読みにくい)ので空行を挿入するのだと思う。「文の終わりでなくても改行する」という行為は、それまで原稿用紙に文章を書いてきた人ほど、不自然に感じたに違いない。

さてこの場合、すべての改行を取り除いても、読みにくくなるだけで文章の意味は変わらない。改行は文章構造ではなく見映えの一部ということになる。しかし、改行の後に空白を入れてしまうと文章はそこで分断され、意味が変わってしまう危険がある。段落の始まり(改行2回の後)に空白を挿入するのに問題はないが、段落の明示は空行ですでにされている。ムダなデータを省くために段落頭の空白は不要という最適化が行われたと想像する。

読みやすさのための、原稿用紙に書かれた文章のルールとデジタルでやり取りする文章のルールには、共通する部分もあるだろう。しかし、まったく同じ手段を使う必要はない。本来の目的を見失わなければという条件がつくが。

さらに「HTML文章と字下げ」につづく(かも)


2005/05/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-157.html

まだGWの人がいるというのが信じられない(わりとしつこい性格)

目次の右の方がスカスカなんで、エントリから画像を抜き出して並べてみる。その絵が含まれるエントリへリンクしてます。キャッシュが効いていれば、さほど重くはないはず。(だがここはウワサの2鯖だ)その辺のトコさえ押さえておけば、こういうあってもなくてもいいのをスクリプトで書き出すのは罪がない。なにより楽ができる。

いまいちパッとしないのは発想がありきたりなのか、写真の腕が未熟なのか、サイデリアが足りないのか、のどれかだろう。


2005/05/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-156.html

http://blog-imgs-27.fc2.com/s/u/g/sug/22.jpg
望みは いつか叶うなんて 
そんな気休め 誰が言った? 

待ち続けられるほど 
残された時間は ないと思うぜ

2005/05/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-155.html

bbs キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(って情報が古くてスマソ)

共有にすごいテンプレが出ましたね。てんぽのみりばーるさん作

某掲示板を見て、Blogになるって気づくセンスがうらやますぃ。再現性がバツグンなのはCSSのテクニックの高さ、ひいては土台の良さってことです。個別記事で見出しレベルを変えるってのもいいアイディア。エントリの中で<hx>を使っていても、本文が始まる前に消したレベルをかませれば整合性はとれるはず。以前<h1>に関する疑問を書いたけど、ひとつの解答を得ました。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

このリードいいなー。うちも使っていいでつか?


2005/05/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-154.html

テンプレいじってると、そっちの方が面白くてエントリ更新するのがおろそかになる。とりあえず「これは便利だなぁ」と思ったことを書いておけばメモにもなるし一石二鳥。

メニューなどのリンクをリストでマークして(なぜリストなのかは、また別の機会に)その見映えをインラインにしたいとき、リンクの文字と文字の間をどうやって区切るか?これは単純に

<li><a href="hoge" title="pageを開く">page</a> | </li>

と書いてもいいのだけど(ホントはよくないのかもしれない)” | ”は意味を持たない余計なデータになってしまうのだね。また、後で「やっぱり縦メニューにしよう」とした時にCSSだけじゃなすまなくHTMLの方の修正も余儀なくなる。この作業が楽しいと思ってる種族σ( ̄▽ ̄)もいるのだが、あくまでも外道であることを肝に銘じなければならない。

(x)html

  1. <ul class="state">
  2. <li><a href="<%topentry_link>#comments" title="「<%topentry_title>」へのコメント">コメント(<%topentry_comment_num>)</a></li>
  3. <li><a href="<%topentry_link>#trackback" title="「<%topentry_title>」へのトラックバック">トラックバック(<%topentry_trackback_num>)</a></li>
  4. <li><a href="#top" title="このページのトップへ">&nbsp;&Delta;&nbsp;</a></li>
  5. </ul>

CSS2の beforeafter擬似要素とfirst-child擬似クラスを使う方法(モダンブラウザ用・IE6不可)

css

  1. ul.state {
  2. padding:0; margin: 0;
  3. }
  4. ul.state li {
  5. padding:0; margin: 0;
  6. display: inline;
  7. }
  8. ul.state li:after, ul.state li:first-child:before {
  9. content: " | ";
  10. }

2005/05/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-153.html

黄金週間(というか黄金瞬間って感じだった)もつつがなく終ろうとしている。緊急連絡は無し。おでかけは、GP6でTシャツまとめ買いしたのと、友達の中古車選びのお供(買い物のレベルに果てしなく隔たりがあるような)。

ここのメンテは、最初の目的とぜんぜん違うこと(でも誤字2ヶ直した)やっちゃってるけど、もう止まらない。CSSをコンパクトにしようとしただけなのに全部書き直しちゃっただわ。(;´Д`)

某プリント用CSSをぱくって参考にして、全称セレクタでpaddingmarginを0にし、自分が使うであろう各要素に新たに設定しなおす。面倒くさいようだが、これが結構省力化になる。急がばまわれか。そういえばBlogっての始めたのは去年のGWだった。あまり進歩してないけど、これからもダラダラやっていきます。


2005/05/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-152.html


( -ω-) sugです・・・

いちおう今日明日は連休です(緊急呼び出しがなければ)

どこか遠くへ行きたい気持ちはある(ニートじゃないのよ)けど、状況と体力が許さんとです。こまごまとした用事(銀玉の動向の調査とか)もあるし。

( -ω-) sugです・・・

この機会を利用して、サイトのメンテなんかもやります。(ニートじゃないのよ)誤字なおしたり。あと、<pre>とか<blockquote>のルールを決めとかないと。(ってすでにムーチョに使ってるじゃんかよ)

読みにくい状況になるやもしれませんが、そっと見守って欲しいとです。

( -ω-) sugです・・・

というか、みんな、遊びに行ってるんだろうな。みんな、いいことしてやがんのにな・・・いいことしてやがんのにな、ビールはまだかぁ

( -ω-) sugです・・・


2005/05/02

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-151.html

以前にも1/1ボトムズを作っているサイトを紹介しましたが、またみつけました。あのロボットをフルスケールで作っている人を。

リンクはトップページですが、ぜひProjectD(過去ログ)から読んで欲しい。こういう無から少しずつ形になっていくという状況(それも、すんなりとはいかない。巨大なものを作ることは、常に重力との戦いになる)に、とても感動してしまうタチなのです。一気読みした。

一般論だけど、企画と着手ってのはわりと簡単かもしれない。しかし初めての試みには数々の障害が発生する。その突破口を見つけられるかどうかってのが達成者とその他を分ける。もちろん経験とそれで養われた想像力がモノをいうんでしょうが、諦めない情熱ってカッコいい。


2005/05/01

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-150.html


2005/05/01

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-149.html

ヒャホー(死語)GWですねー。昨日も明日も仕事ですよ( ゚Д゚)y-~~

近所のよく使う裏道で事故がありました。幹線道路へ抜ける変形五叉路で、しかも信号機がない。普段はうまく機能してるんだけど、サンデードライバーがドットネットな休日には渋滞する。どっちが優先道路なのかとか、暗黙の譲り合い(と、そのあうんの呼吸)がわからないのが原因だと思う。今回の事故がそのせいかは知らないけど。

単純に信号機を設置して、流れを強制的に制御してもいいんだけど、交差する道の設計(デザイン)をちょっと変えるとうまく収まるんじゃ?と思ったりしたり(なんか暗喩がありそうな話でしょ?さぁ、スコップもって出かけるか)

以下、ネタにならない箇条書き。名付けて枯れ木も山の賑w(殴


< 04月 | 06月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。