Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/31

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-555.html

あの夏をさがして by TUBE


2006/08/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-554.html

ジーンズといえばLEVI'S 501を愛用しつづけてきたステロタイプなワシですが――思うにこの刷り込みはプロハンターの水さんだったような気がする(MA-1も裏返してオレンジの方で着ていた)。501は股上が浅い、今風にいえばローライズなところが気に入っていて、これに慣れちゃうと深いヤツを履いた時にどうも落ち着かない。なんでスーツのズボンはヘソ上まであるのでしょうか。それに、Yシャツは何故にあれほど丈が長いのでしょうか(腹を冷やさないためか?)。裾を出したり入れたりするのが面倒じゃないですか。あまり入出力するもんでもないですが。

そういうわけで、今回はBIG JOHN PX202を買ってみた(前文がまったく説明になってないけど、自分の殻をブチ破ろうとしたと解釈できなくもない)。2本で501の1本分のお値段だったし(その程度のポリシーなのよ)。これが、501よりさらに1インチほど股上が浅くて腰に引っかかるフィット感が結構いい。ほんと、パンツ見えそう(自分のが見えても嬉しくないですが)。

今のジーンズは最初からいい感じで色落ちしてるね。中古感というかウェザリングというのか。中学生の頃、CMをマネしてジーパン履いたまま風呂に入りタワシで洗うってのをやったもんです。「こうすると、自然な色落ちがするやでー」なんつって。面倒なんで一度きりでやめましたが。今じゃジーンズも白物も色物も一緒くたに洗濯機にぶち込んでる。あの頃の情熱のベクトルは、今考えても不思議だ。

さて本題です。

意外と洗わない派が多いんだなーとか言いたいのではありません。質問者の男性42才の彼女(29)は背が高く、スリムなのでジーンズが多いんです。ローライズばかりです。という、あえて説明した部分にささやかな希望を(色々な方面で)見出した夜。


2006/08/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-553.html

IEBlogにDetails on our CSS changes for IE7という記事が上がっていて、IE7のCSS関係でつぶし終えたバグと未処理のバグがリストアップされている(むしろ、つぶし終えてない項目こそリンクすべきだと思うのだが)。他にも、(Finally)WEB標準に準拠していくとか、CSS2.1のいくつかのプロパティにも(Finally)対応していきたい、と書かれてある(のだと思う)。IE6が発表されたのは2001年、最初のバグが見つかったのもその頃だろうから、IE7βリリースから数ヶ月でつぶせるバグを5年も放置していたというわけ。この思想(技術力は問題でなかった)にたまげたのと、Position Is EverythingExplorer Exposed!(IEのバグ解説と回避法のページ)は「どれもデザインが洒落てるなー」とか思ったのでした。


2006/08/28

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-552.html

耳呈さんがholganize.atnという写真をホルガチックに変えるアクションファイルの開発・配布しているのを補足しましたので、アイノリ。

と、いっても、うちのPhotoShopはアクションファイルとか読まない子(末っ子)なので、前項の勝手にホルガナイザにある解説を読み手動エフェクト。マウスを光の速さで動かせばアクションファイルに勝てる・・・か。

holganizer(1)

近所の公園の池にてFZ-1で撮ったハスの花。全体的に色調はやや乏しい感じはあります。白飛び&黒潰れ、であればコントラストが強いかと言えば、そうではない。と解説されているので、ホルガチックにするにはビビットすぎる絵だったかも。手順を忠実に実行しようと思った。が、トンネルエフェクトのところで、うちの子とはツールパレットが違い設定の仕方がわからない。四隅は暗いのではなく、つぶれているようなのだが・・・。ま、テキトウにやってしまう。

holganizer(2)

近所のスーパーの吹き抜けを写したもの。以前のテンプレのヘッダ画像にした思い出の一品^^。ベッタリした感じを出したかったので、最終工程のひとつ前で元画像をコピーしたレイヤに、フィルタ→ノイズ→明るさの中間値を2pxかけて、オーバーレイにしてみた。レタッチも自己流で、レイヤモードの意味と効果とかすぐ忘れてしまう。その度、総当りで各モードを試してみたりするのだけど、そういう人っていますよね。

ワタクシ、機材が良くなってもキッチリした写真は撮れないので、手ブレやピンボケも味のうちだと思うことにしている。ただ、発色で「これはいいなー」と納得できる写真がない。これは、いくらレタッチしてもダメでいつも不思議に思う。


2006/08/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-551.html

昨日は仕事で、今日は出かけていたので NIKKI SONIC '06 は数編しか読めず(慣例からログがアップされると思われ。ネットにあるものはいつでも読める、と、いかに油断しているかが、こういう番組形式だと思い知らされる)。読めたものは、どれも面白かったので満足である。よくもまあ「夏」だの「暑い」なんていう平凡なテーマでここまで膨らませられるなあと思う。同時にこれで本当に夏も終わりなのだとちょっぴり寂しい。明日から何を応援して、何処をめざして生きていけば良いのかわかりません。ついでに風邪もひきました。

というわけで、今日は写真を上げてお茶を濁しておきます。

mic-o-mic

5月にフリマでゲットしたドイツ製のおもちゃ、mic-o-micのオープンスポーツカーを組み立てた。全長20センチほどで、ズッシリと重量感がある。プラパーツのリベット留めなので、組む・バラすのが簡単で、LEGOなんかとは違いひとつの形しか作れない。タイヤは回るから畳のヘリとかをコースに見立てて(手押しで)走らせて遊ぶことはできる。デフォルメぐあいやカラーが美しいのでディスプレイしておくのが良さげ。というか対象年齢は6才からである。

確か、1000円と値付けされていたのを750円に値切って買った。調べてみると定価は6300円もする。集めようかと思ったけれど早くも挫折。

あと、久々にメーラ立ち上げたらスゴイことになっていたのでスクリーンショットしとく。


2006/08/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-550.html

8月もラスト一週間を切りました。夏休みの宿題は終ったでしょうか?学生のみなさま。背中の日焼けあとの、皮がむきたいけど手が届かなーい・・・なんて難儀していらっしゃらないでしょうか?(妙齢の)女性の皆様。気持ちだけ、気持ちだけですが応援しております。

というわけで(ここまで妙な日記書いたり、すべる前フリをしてきたわけだが)、1ヵ月に渡り(勝手に)広告しておりましたNIKKI SONIC '06が明日・明後日と開催されます。各方面?より選ばれし日記・雑文書きの方々の書き下ろし作が、公開時間限定でアップされますので、お時間のある方はお楽しみください。わたしゃ明日は仕事なんですが。(ま、アーカイブされるだろうと楽観している)

ラインナップの中では、綾倉聡さんのエレメンタルノートがオススメです。1999年から書き続けている息の長さも驚きですけど、どの文章もライトな語り口で面白い。このアベレージの高さ(=サービス精神)が凄いです。こういう文章を書けるようになりたいなあ、いつか。(なんとなく日記で終ってみる)


2006/08/24

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-549.html

小学生の時、サトル君(仮名)が言ってたなあ。海で溺れそうになったら、もがいちゃダメだって。グッと深呼吸して腹に空気をためれば、人間は沈まんよって。

光
覚醒
忘れる
昨夜の夢
鴇色の花咲き
夏は延々と続く
さあ、海へ行こう
水中眼鏡と自作の銛
どんな獲物でも大丈夫
[今日こそ]を積み上げる
自転車は坂を転がるように
防風林のトンネルを抜けると
モノクロの世界にまばゆい熱線
青い海は千年の昔からそこにいた
波音は近づくけどさざなみは逃げ足
空と海の境目から熱風と共に夏が来て
砂丘のdesk topにiconを並べる夢をみた
たった今、僕の立つこの場所が夏の中心だ
思いのほか海の中は静かで暗く心細くて
ひおとしきり泳いだらいつもの岩場へ
汗をかいたビンコーラをラッパ飲み
眩しい空は成層圏まで突き抜けて
水平線から入道雲が笑っている
ボウズの魚篭と銛を見ながら
潮風に冷たさが混じって
高揚も汗も引いていく
今、夏が終ったよ
人気の薄れた浜
落ちてゆく蝉
暮染まる空
上り坂の
帰り道
星芒
暗

2006/08/22

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-548.html

杉山清貴といえば”最後のHoly Night(iTMS)”をTPO無視で一年中のべつ幕なしオハコにしているワタクシなわけですが。この歌、

キャンドル消して君は 忘れられない夜になると 背中で髪を解いた

ってところがチョー1ビレと3ビレる(一休さんか)。

当然のことながら、中島みゆきの”誘惑”を聴くと

あなた 鍵を置いて 私 髪を解いて 寂しかった 寂しかった 夢の続きを始めましょう

のところでガクガクと腰くだけになります、髪フェチとしては。(こんなに重大な個人の性癖をネットで開示(略))これは、直接的な表現よりもエロチックであるだけでなく、回帰をも表しているのですよ。整えてある髪を本来ある形に開放することで素の自分になるみたいな。スタイルシートを切ったテンプレみたいな(そこから離れろと)。

シャンプーのコマーシャルでもありますね、こう、纏めた髪をふゎさーって広げて、ちょっと首をフリフリなんてヤツが。・・・誰かYouTubeに上げてください、お願いします。

ま、それは置いといて。これら歌詞の女性のヘアスタイルはどんなんでしょうか?ざっくり三つ編み(三つ編みはざっくりに限る(かなり重複))や、頭のてっぺんでお団子にしてかんざしで留めるってのも、なかなか捨てがたいのですけど、ここは、やっぱりポニテでしょうねえ。

ロングの女性らしさと、ショートのうなじの色っぽさ、一見矛盾する二つの要素を兼ね備えたヘアスタイルである。ゆえに男性に好印象を与える場合が多い。子供でも短時間でできる簡単なヘアセットであり、明朗さ・快活さ・清潔感を持たせることができる。角度によって様々な印象を与える、見映えのする優れたヘアスタイルと言えよう。

あごの先から耳の中心を通る線を引き、その延長線上に作る結び目をゴールデンポイントと呼び、最も見映えがよい標準的な結び目の位置とされる。ここよりやや高めに結うと個性が強調された雰囲気になり、ここよりやや低めに結うと大人びた雰囲気になると美容業界では言われている。

なお、括る位置が低い場合は一本結び。左右どちらかにテールを垂らした場合はサイドテール、もしくはサイドポニーと呼ばれる。

これも名文です( What a MEIBUNed you are! )、もう、どうしても欲しくなって引用しました。矛盾を克服した完璧なスタイル、左右どちらにでも流せる柔軟性(助手席に座る時は右流しでお願いします、当方国産車所有)、黄金分割比と同じ冠をもつゴールデンポイント、あの地点こそ、命の神秘の出発点であり、欲望の人間交差点であり、我が穢れのバニシングポイントであるのです――髪フェチじゃなくてポニテフェチかもな。


2006/08/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-547.html

聞いた話である・・・(なんか良い書き出しだなあと思ったら、鉄鼠の檻だった)。TV業界の人は昼だろうが深夜だろうが「おはようございます」と挨拶するそうだ。これは彼らが決まった始業時間を持たない――スケジュール帳には26:00~30:00とか書いてあるそうである。どんな時計だ?――ので、社内や道で行き会ったさいに相手が仕事を終えたのか、これから始めるのかがわからない。そこで、とりあえず「おはようございます」と洞が峠を決め込む(この語彙合ってますか?)

もうひとつ、彼ら独特の作法に敬称は「ちゃん」を使うというのがある。TV業界の人は服装なんかもまちまちだし、ヒゲとサングラスを常備してるので、相手の年齢を読みにくい。つまり、相手がタメなのか先輩後輩なのか咄嗟に判断できない(さらには、自分の方が年上であると確信できても、相手の方がエライ人な可能性がある)ので、ウカツに「君」づけや、呼び捨てができない。女性においては平常時でさえ年齢が読めたためしがない(聞いた話に自分の経験をくわえて書いている)。

もともと、TVというのを立ち上げた時に、色々な所から様々な分野の人を集めてきたので、上下関係や体系がはっきりと解らない中で仕事を進めていくうちに「じゃあ、相手を呼ぶ時は『ちゃん』に統一ね」という感じで生まれたルールなのかもしれない(聞いてないことまで書いている)。

ただし例外があって、どの業界においても全国的に渡辺さんはナベちゃんである。

さて本題です。わたくし sug というHNは本名をナニしてつけました( every child has a beautiful name. )。ま、とりあえず杉山清貴としておきましょう(殴。これが、私生活では「スーちゃん」「スー」と呼ばれているんですねー(こんなに重大な個人情報をネットで開示しても良いのだろうか)。 height や sing と同じく g は発音しないのですねー。ちなみにイントネーションは →↓ です。

そういうわけで、うちのサイト内では sug師匠と呼ぶのは勘弁してくださいΣ(-人― )" 。スーシーショウって読んじゃって、役満くずれの七対子が浮かんできちゃうのですよ、という耳呈さんへの私信でした。


Chakoさんがバトンにまで育て上げてくれましたので、差分UP!

  1. 他に別のハンドルネームを名乗っていたことはありますか?
  2. 他の方にどのように呼ばれていますか?
  3. 全く同じハンドルネームを使っている人を見つけた事がありますか?
  4. ぶっちゃけ、改名しちゃいたかったりしますか?
  5. ハンドルネームの由来が気になる人にバトンを渡してください。

2006/08/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-546.html

毎度のことながら時代から6年ほど遅れてますが、語彙推定テストをやってみました。

  1. 57400語
  2. 48500語
  3. 53100語

読める、なんとなく意味が解る、誤解しているかも、まで入れてもこんな感じ。ボキャブラリの多い文章って単純に知的でカッコいいーと思うけど、読むほうの語彙数も同じほどないと伝わらない危険も。うち、難しい漢字はカタカナで書くようにしているのだけど根本的な解決になってない上にアホさをカモシダしてるので逆効果。


2006/08/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-545.html

自分も1ヶ登録しているので考えてみた。

WWWとは、その成り立ちと歴史を考えればボランタリー精神を根底に持つものだと自分は認識している。最近読んだ雑誌では、WEBマスター=サイト管理人はホスピタリー精神(おもてなしの心)を持つべきともあった。この2つは同じ意味であろう。共有テンプレート制度が葬られようとしている状況への打開策は、ここにあると思う。

まず、共有テンプレートにテンプレを登録する作者は、何を思ってそうするのだろうか。自作、あるいは改造したテンプレが使いやすかったので他のFC2ユーザにもぜひ使って欲しい、とか、フォトログや長文向きに特化したテンプレを作り、そういうコンテンツを持っている人に使ってもらいたくて登録する、などなどの理由があると思う。中には「せっかくFC2でブログやってるんだし、記念にひとつ(sug談)」みたいな人もいるだろうし、アクセスアップ・売名戦略のケースもあるかもしれない。

後2つの例は脇へ置いておくとして(ヒヤカシ御免で)、基本は誰かに使ってもらいたい、FC2ブログをエンジョイしてもらいたい、ひいてはWWWを楽しく便利にしたいという目的を持って共有テンプレートシステムも発展してきたと考えているのだが、どうだろうか。

一方で、質の高い、人気テンプレーター(テンプレートの作り手)さんたちが、配布をやめるケースも出ています。また、配布停止はしないまでも、それまでブログ上でサポートをしていた作り手さんの中で、ブログの更新をやめてしまった方々もいらっしゃいます。

sugarさんのいう、上記の理由が共有テンプレートを殺す(衰退という意味でしょうが)のなら、またそういう人気テンプレーターのテンプレがボランタリー精神で作られ、配布されるものならば、フリーウエア制にすれば問題は解決できる。具体的には共有登録の作者のフィールドにフリーウエアという項目を設け作者へのリンクを無しにするだけでよい。作者ひとりでは手の回らない問い合わせや質問も、FC2サポートフォーラムなら有志の誰かが答えてくれるだろう(サポート丸投げというのは、いかがなものかという意見もあるだろうが「テンプレ作成という部分でWWWに貢献している、適材適所であとは任せた」と胸をはって答えればいい)。このフォーラムもボランタリー精神――WWWを楽しく便利にしたいという意思で動いているので目的は一致している。

では、それら共有テンプレートを使う側、サポートしてもらうユーザは、ボランタリー精神やホスピタリー精神にどのように答えるべきか。簡単にいえば「自分がWWWによって利を得たことを忘れないこと」で、いつか何かの形で、今度は自分がWWWにボランタリー精神を発揮すればいいと思う(余談だが、道徳や礼節についてはインターネットに限った話ではない。実生活と同じように自分で出来ることは自分でやる、援助してもらったら感謝するでいい)。

ある掲示板で助言をもらったので、そこで別の誰かに自分の知っていることを答える、みたいな直接的なことでもいいし、自ブログ自サイトで情報を発信するのでもいい。あなたの日記を読んでなごむ人や写真を見て癒される人は必ずいる。それらはすべて、WWWと膨大なWEBマスターへの恩返しになりうるものだ。自分は毎日(当たり前のように)Googleにお世話になっている。Googleを作った人、ヒットしたコンテンツを作った人々への感謝は、自分も何か発信すること――分母を増やすことで間接的にしか応えられない。以前にも書いたが、WWWの利益は先払いされている、十分なほどに。もしも、そう思えるなら自分のできる手段でその借金を返していけばよいのだ。共有テンプレートシステムもそのひとつの方法だと考えれば、進む方向も見えてくるのではないだろうか。


2006/08/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-544.html

ゲームの目的とは何であるか。TVゲームやUFOキャッチャーのように相手がマシンあるいは自分という変り種もあるけれど、主に戦略というキーで考察すると、チェスや将棋・麻雀から野球・サッカーなどなど、対戦相手がいて勝利を目指すものと言える。ゲーム理論で例に出される囚人のジレンマでの囚人達の最終的な目的は利己を得た上での世界の安定(この場合は2人の囚人が世界のすべて)である。つまり、あるタームを終えたときに利を得ることを目的としてゲームは行われる。

ゲーム理論は軍事(大概のゲームは戦争をモデル化したものだ)にとどまらず政治や経済にも適用できる・・・らしいのだが、僕、むつかしいことはわからないから卑近な例で考えてみるね。

現実の人生にはゲームでいうところのターム(期限)というものは無い。逆に無数のタームの連続という気もするけど、どちらも同じことだろう。強いて言えば”死”こそがゲームエンドで、その時に最終的に利を得ていたか(勝ったか)どうかが解る。いきなり暗い結論で驚いた。

人が(僕が)映画や小説や歌謡曲に触れ、その登場人物達に憧れたり羨む心理が働くのはタームが切られているからなのだ。冒険映画で主人公がピンチを切り抜けつつ巨悪を倒して財宝を手に入れるだの、恋愛小説で好き合ってるのに擦れ違いばかりで、途中でライバルなんか現れちゃって、誤解が誤解を呼び雨の夜の街を走り抜けたり(略)困難を乗り越えて二人は結ばれハッピーエンドみたいな、なんつーの?エンドロールで切り取られた人生最高の瞬間を目の前に提示され、その後のアドレナリンの処理や無限に続くかという平凡な時間をどう過ごすのかとかはバッサリと割愛される。そこが羨ましいんですよ(ま、フィクションだから)。いうなれば”勝利”確定のところで終れるから、全力も出せるってこと。

現実の人生ってそうじゃない。その時々に常に最善の努力・選択をしていたらすぐに疲れてしまう。明日のことを考えて余力を残してしまう、じゃないですか。忘れっぽいのは素敵な事です、そうじゃないですか。

東京タワーの人々が雰囲気を盛り上げて行動すれば、次のステップ(深い仲とか[R18])に行けたかもしれません。失敗してもカラオケの師弟関係が解除されるだけです。その時点では利がある(かどうかもわからない)よりも現状維持の安定を求めるゲームもあるのでしょう。

日記も文章である以上、書かれない・あえて書かない部分が存在する。ある意味映画的。フレームの外やオンタイムで現れないそこここに大概のジレンマはある。この文にも、必要であるはずのひとつの条件があえて書かれていない。


2006/08/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-543.html

コメントでいただいたアイディア。ユーザ登録日、もしくは最初のエントリの投稿日を引数に渡すと今日までの日数を計算して書き出します。まあ、はてなのアレみたいなもの。

> day_cnt.jsアバウトページで稼動中)

使い方

注意点

カウント系のスクリプトはネット上にサンプルがたくさんあるし、取っ掛かりにもちょうど良いので自分で作ってみるってのも・・・いいなぁ夏休みのある人は。


2006/08/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-542.html

ライフハック調べていてたどり着いた記事。ちょっと下ネタはいってるけど、これは現代の詩だ。


2006/08/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-541.html

ダメ人間だもの - ダメ人間タイプ判定エンジン公開中!にて、あなたは「ダメ人間」であると判定されました。

あなたの基本理念は「楽をしたい」です。いくら人生に目標を掲げていてもその理念がある限り決して目標には到達できないでしょう。だってあなたは苦労するのが大嫌い。

しかし、クズ人間と違うところは、いつも「前向き」なこと。目標に向かってがんばろうという気持ちがありながらも前に進めないのがあなたの愛すべき点。

しかし、それがダメ人間のダメたる所以なのです。

最近のプログラムは緩叙法まで使う。同ページに、さらに詳細なダメ人間精密検査(50問)というのがあるのですが、ダメ人間なので50個も答える気力が無い。


2006/08/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-540.html

わたくし、基本的に微乳派なんですけど――こう、後から抱きしめた時に右手が左乳、左手が右乳をちょうど包む感じな[R12]――とはいえ、やっぱり夏だ、薄着だ、タンクトップ?ランキャミ?チュチュ(は違うよなあ。似た名前のヤツ)とかお召しになってる女性の乳が大きかったりすると、何か得した気分になりませんか?(長いセンテンスな割にアンチクライマックスだが)

夏休みで1日ずれた、いつものメンツ@呑み&カラオケ定例会に「夏は身も心も開放的にする」みたいな、雑誌のコピーそのまま実践中ですというファッションでやってきたU子さん。起立してればセーフだけど動けばヘソ見えちゃってるよなローライズ(所さんがジーンズは腰で履けとおっしゃっていたっけ)、黒いタンクトップで背中はばってんだし、何より、こんなに立派な乳の持ち主とは露知らず。成長期か?いつもながら日本語メチャクチャです。Hさんが車からレイバン取って来て装着させ「サラ・コナー!サラ・コナー!(T2の)」と盛り上げると、全員、撃ち殺された。

お開きになり、U子さんを送っていく役(あとの二人は夫婦もんなのでとっとと帰る)で調子がよければ、もう一軒ハシゴしたり、飯を食べに行ったりするのだけど、リクエストは「ドライブ行こう」だった。日光街道を上り、都内に入ると道はガラガラで、銀座を抜けて月島でもんじゃ焼きを食う。勝鬨橋から見えた東京一の誘蛾灯めざして芝公園へ。23時に近いのに人が多い。でも、森はひんやりとしていた。

「寒いね」と彼女が言う。
「『誘ってるの?』と『ごっこだよね?』のどっちが良い?」と訊くと「後者」と微笑みながら答えた。
「では、おっぱいが風邪ひかないうちに帰ろう」

太陽と地球のように、これ以上早く回れば遠心力で飛び出してしまい、遅ければ重力に引かれ落ちてしまう。そんな危ういバランスの上に世界は成り立っている。人の関係もそれと同じようなもので、どう付き合い、どのくらい距離をおくかという緊張を保つゲームだ。

彼女と自分は似ているなあと思う。あの空に刺さる光のように、すべてはバーチャルなのだ。空騒ぎや、セクシーな服を着てみたり、エスコートを装ったりすることで、虚無感や寂しさや切ない気持ちに自分で折り合いをつけている。ちょっと油断すると、そういうものと向き合ってしまうから人間って面倒くさい――などと考えながらも、5%くらい”霧に走る”なセンもあったかもしれないという反省と、シートベルトが食い込む胸の谷間を思い返している。

東京タワー


2006/08/14

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-539.html

パソコンのガワ、マウス、キーボードからケータイまで何でも改造する人々。PCケースで犬小屋も作る。ちょっと前にクラシックMacの筐体に云々というのを書いたが、やっぱり実行してる人はいた。

Mac SEの筐体に関しては専用マルチメディアボードmac itx(PC用)も出ている。CDドライブも使えるし、なんといってもこのモノクロモニタがいい、欲しいぞコレ(笑。一時、僕も自作PCにも嵌ってスピードとか追求してたけど、金のかかる割には実のない趣味だった。サイトの高速化はタダでできる上に、誰かの役にたつ。


2006/08/12

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-538.html

僕はずっと地元なので故郷というものがありませんが、時節なので小椋佳の盆がえり(iTMS)を紹介します。――主人公が帰郷すると村ではちょうど盆祭りがひらかれていて、そこで”君”と再会?する・・・小椋佳独特の抑えた歌唱にあった情緒的な物語の良い曲です。

たぶん最初に聴いたのは高校生くらいの時だったと思うのですが、その時は歌詞の主人公も20歳そこそこの青年のイメージでした。今聴いてみると、ちょっと疲れた中年が浮かぶんですよ。映画でも小説でも登場人物に自分を重ねてしまうのは、何故なんでしょうか。対する”君”の方はというと、あまり歳をとらず(おさげの)少女のままなんですね。妄想もここまでくると危ないなぁと自覚症状があります。

帰省ラッシュのニュースなど聞くと、この詩のように、しみじみと車窓を望むなんてことはできないのでしょうけど、やっぱり故郷のある人が羨ましい。


2006/08/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-537.html

FC2ブックマークがリニューアルされ、本格的に動き出してますね。FC2IDで登録して、自分のブックマークページを作るという以外にも、いち観覧者として「世間でよく読まれているページ、使われているサイトは××なんだな」とか「某氏(ユーザ名から推測)はこの手のコンテンツに興味があるのかー」なんて見方もできます。もちろん、ブックマーク群の中で興味あるページを開いて読む、というのがメインな使い方なのでしょうけども。で、この手のものを見るたびに思うことがあるので、その辺りの事をダラダラと。キーワードはブックマーク・デスクトップ・過去ログ。


2006/08/10

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-536.html

暑中おみまい申し上げ候

ビアガーデンと 言えなくもないぞ 赤提灯(字余り)


2006/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-535.html

CSSの小ネタ。FC2コメント欄では<p>要素が使えないので、連続<br>で文意の区切りを暗示する人が多いと思います。エントリ本文の<p>要素同士やその他のブロック要素とのマージンを1行分以外(0.5とか2)に設定していて、コメント欄の見映えも、それに合わせたいという場合のスタイル。

  1. #comments_block  br {
  2. display: block;
  3. margin-top: .5em; /* ここで調整 */
  4. }
  5. #comments_block  br + br {
  6. margin: 0;
  7. }

#comments_block はコメントを包含するブロックのIDの例。なければクラス名でもOK。これで、2連続<br>の前後の文字列の間隔は0.5行分になる。モダンブラウザ向け。

以下でも同じ結果になると思うのだが、うまくいかない。何故だろう。

  1. #comments_block  br {
  2. display: block;
  3. margin: 0;
  4. }
  5. #comments_block  br + br {
  6. margin-top: .5em;
  7. }

2006/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-534.html

USENで流れていたので屋根のない車(iTMS)を衝動買い。歌詞はこちら

小椋佳の作品には、詩そのものっていう繊細で難解なやつから、もろ直球で安心して聴ける(おもに泣ける)曲まで幅広い。前者は”海辺の恋””スダンドスティル”とかで、好きな歌なんだけど未だに意味がよく解らない。そんで”屋根のない車”はずっと後者と思っていた。大きな鳥=男の夢で、屋根のない車が=それを追いかけること、のそれぞれメタファなんだと自分なりに解釈していたわけ。夢を追う男がその途中でめぐり会った娘と恋に落ち、せっかく安寧に暮らしていたのに、鳥のヤツがふたたび現れて・・・みたいな。

やっぱり男はロマンだよ。それが何だか解らないものでも、とにかく追い続けるのさ。じゃあ、残された娘(しかも、見たことがないほどカワイイ)はどうなるのよ?って、うんうん、双方とも言い分はもっともな、良い歌だなーと思っていた、今日までは。

ある日 野原に見たことのある鳥が飛んでゆく
見たことのある 車が追いかける
屋根のない車に乗って 俺も行かなきゃ もう一度

俺も?も、って何。この見たことのある車に乗ってるのはいったい誰なんだよ?過去の自分とかか。ここでいきなりSFになるですか。そもそも、鳥が娘の近くに降り立ったのも作為臭い。いかにも創元社っぽい。もしも、追っかけてるのが別人だとしたら鳥=男の夢という前提がくずれるし、他人の夢を追いかけて行くってのも何か変だ。

というか、なぜ、娘(見たことがないほどカワイイ)と一緒に行かないのか。あと、カラオケに小椋が少ないのは何故だ。


2006/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-533.html

ほおずき

市場に盆花の飾りに使う、ほおずきが出ていた。ご先祖の霊をみちびく迎え火、送り火の盆提灯に見立て、その室内版として仏壇に飾られるもの。漢字では鬼灯と書く。言われてみれば、たしかに赤い提灯にも見えるね。

子供の頃、実家の周辺は田畑で、ど真ん中を水田用の水路が通っていた。その土手に土筆やよもぎ、じゅずやらほおずきやら、イガイガで服にくっつく実がなる草(長ッ!)が、季節ごとに群生していた。農家の人が目を楽しませるために栽培していたのかもしれないけれど、その頃は野生の雑草だと思っていた。いつしか護岸工事され、蓋がされ、その用水路の上は歩道になっている。僕らは、摘んできたよもぎで草もちを作ってもらったり、ほおずきの種をほじくりだしてブイブイ言わせてた(誤用)、最後の世代だろう(Lust Children for Zuki.)。

写真は茎に5、6個の実がついていて1本50円だった。良く出来たものは生花市場に出され、この10倍くらいの値で取引される。


2006/08/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-532.html

トラフィックランクが世界100位以内です。国内ではトップ10に入るでしょう。――オ、オレってすごいじゃーん、と思ったら fc2.com がでした。


2006/08/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-531.html

pino(●´Å`)さんちのボンゴレうまそう

ゆで汁を多く加えてスープスパゲティに近い状態にする作り方もありますというのを読んで、以前入りびたってた喫茶店を思い出す。そこは、チェーンではなく店舗と住まいが一緒になったごくフツーの喫茶店で、ちょっと綺麗な奥さんと全然姿を見せない(声だけの)ダンナの二人で切り盛りしていた。スパゲッティやトーストやピラフのメニューが豊富で美味しく、マンガや小説を持ち込んではモーニングからランチまで半日以上粘ったものだった。

そこでよく食したのが、あさりのスープスパゲティ。ボンゴレという名前ではなかったような気がするけど思い出せない。ボリュームたっぷり、ちょっぴり塩味で旨かったなー。

ところで、ボンゴレのあさりの身ってどうやって食べますか。僕はある人に教えてもらうまで、手で貝を持ち、前歯で切り離していましたー(サルか。フォークで刺して押すように回すと外れるんですね!sug家では手づかみがマナーだった――たぶん今でも。TVでフランス料理のテーブルマナーを見ていて”巨峰ぶどうはナイフとフォークでむいて食べます”というのにカルチャーショックを受けた一家だし。もしも、デザートにデラウエアが1フサ出たらどうするのだろう?と心配してるが、幸い、フランス料理の席に呼ばれたことがない。

くだんの喫茶店は、数年前に店を閉め引っ越してしまったので、あのスープスパゲティはもう食べられない。その現実と、笑い合いながらあさりの食べ方なんかを雑談して過ごした他愛ない時間が記憶の隠し味になってるのだろうな。


2006/08/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-530.html

去年の今頃もやったことだし、夏休みつながりで自由研究をいっぱつ(実は夏休みは・・・ない:銭形口調)。とは言え、何をやればいいか思いつかないので、自分の欲しいものを作る方向で。面白いブログやWEBページを発見して「全部みたい、けれど、僕とっても眠いんだ」という時、簡単にそのページを記憶する方法を考えてみる。

> shiorix.js

使い方

注意点

いいわけとか

たとえば本の栞(しおり)。単なる紙片なのに、これがなかなか有効に機能する。前回まで読んだページがどこからでも一発で開けるし、次に栞を挟むときには前回の位置はキャンセルされる(あたりまえだが)。ブログやサイトを本に、1ファイルをページに見立て、栞をシミュレートするとどうなるか?というのが出発点。

ブックマークと違いは、再び開いたら記録は削除されるという部分(これでお気に入りやデスクトップにインターネットショートカットがあふれずに済む)とワンクリックで登録できること(激ねむたい時に最後の力をふりしぼって栞を挟むみたいな)。ページ数が多いブログを数日かけて読む場合などを想定したのだが、ワシが読む相手先に実装されてないと意味がない・・・ま、自由研究だし。これを複数の栞が挟めるように改造すると、そのサイトでの自分専用メニューなんてのも可能かも。

ソーシャルなブックマークやサーチが流行っているけど、真のブックマークやコアな検索語というのは、実はものすごくパーソナルなモノだと思ってる。この辺の話はまたいずれ。


2006/08/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-529.html

ここを(間違って)読んでいる良い子よ。夏休みの絵日記や読書感想文はちゃんとやっておいた方がいいぞ。大人になってブログやる時にきっと役にたつ。

今月はひとりニッキ祭りなので、何か気の利いたテキストでも書きたいなーと思っているのだけど、先達のサイトを読むとへこむ。今日は、ふさふささんのHoblogでやられた。硬軟自在だもんな。


2006/08/03

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-528.html

絶対条件が欠けている気がするのだけど、いちおうやってみる。某日記経由。

結果発表!!(まるごとコピー)


2006/08/02

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-527.html

アパートの契約更新が11月にある。逆算して、今くらいから準備すれば引越しできるな、と思う。なんつーのアップデート・ブルーみたいな?更新しちゃったら、もう2年ここに住まねばならない(イパネマの娘と浮かんだが繋げられず)。ただただ、気分転換で引越ししたい、ここから逃げ出したい、無尽蔵に増え続けるモノを整理(という名の処分)したい。

ひとり分の荷物が置けて、風呂があって(もちろん、ガス・水道・電気なライフラインが通ってて)駐車場なんかあれば御の字だ。あと、適度に日が当って、美味い定食屋と散策するための河原などが近くにあればいうことなし。たとえば、埼玉から東北の山村へ引っ越すにはどうすればいいのだろう。引っ越さなきゃ住民票が取れないし、部屋を借りるには住民票が要るだろうし――いつも妄想はここで行き詰って、寝ちゃうんだよな。


2006/08/02

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-526.html

impress Direct:プロとして恥ずかしくないJavaScriptの大原則。知らないことがたくさん書かれてあった。PhotoshopとIllustrator上の作業をJavaScriptで処理させる、というのが面白そう。


< 前の 5件 < 07月 | 09月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。