Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-586.html

あなたがいつか この街離れてしまうことを
優しい腕の中で 聞きたくはなかった (海岸通/イルカ



2006/09/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-585.html

丹波哲郎氏死去。ご冥福をお祈りいたします。丹波さんといえば、Gメン’75 とか現代劇よりも、三匹の侍がよかったなぁ。座頭市シリーズの敵役で出ていた回のも印象深い。この人、殺陣がすごく上手かったんだよ。高校生の頃、時代劇ビデオにはまって見まくってました。(ま、何にでもはまる男なんですが)


2006/09/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-584.html

毎度のことながら、非常に遅い反応なのですけど、耳呈さんが FC2ブックマークのこのサイトのブックマーク状況を提示する方法を書かれています。

サイトや個別エントリを登録してもらう用途のFC2ブックマークアイコン(春木屋では非表示にしていますが)よりも、ココはどんな記事(日記)がクリップされているのか、という情報の方が、読み手は必要としているんじゃないの?という意見に賛成です。耳呈さんはテンプレへの記述法を書かれていますので、うちはブックマークレットを紹介します。

> このブログのえふブエントリを表示(FC2ブログ専用です。他のサイトでは何も起きません)

使い方

  1. 上のURIをブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. 任意のFC2ブログ(トップページ・個別記事ページ他、どこでもOK)を開き登録されたリンクをクリックすると新しいウィンドウが開き、FC2ブックマークにクリップされているエントリのみを抽出します。
  3. トップページのクリップは表示しません。

以前書いたはてなブックマーク探査ブックマークレットと同じく、 URL 検索の入力を省くだけのちょっとしたツールです。他の同様なサービスの用途への改造も簡単なのでチャレンジしてみてください。

耳呈さんのおっしゃるように、まだサービス利用が浸透していないので、0件の FC2ブログも多いですね。やっぱり登録アイコンも表示した方が良いのだろうか。


2006/09/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-583.html

つまづきの多い人生であるが、私にも忘れがたい転倒の記憶がある。

私のスキーデビューは表万座スキー場で、その後もアクセスのしやすさや会社の保養施設がありロハで泊まれたことなどの理由で、長くホームゲレンデにしていた思い出の場所だ。万座温泉スキー場などに比べると、距離が短く、またテクニカルなコースがないためかファミリーや初心者が集まるゲレンデでもあった。

メインコースのてっぺんまで行き、降り口そばのコース端で仲間が揃うのを待っていた時のこと。上から下までピンクで決めたかわいい女性――スキー場ではウェアでバクチ的に判断するのが通例――がリフトからよろよろと降りてきた。かと思ったらコースの方へは曲がらずに、私達の立つ方向へ突っ込んできたのだ。易しいめのゲレンデとはいえコースの外は伐採していないし傾斜もきつい。私の後はほとんど崖といってもよい場所だった。滑降禁止区域の境にはロープが張ってあるのだが、単なる目印でしかなく防壁の役にはたたない。

とっさに、私は彼女を抱きとめようとした――その頃、スキーをつけたまま自分の思い通りの方向へ歩くことができるくらいに上達していた私には、よけるより上半身だけの動作しか思い通りにならなかったのが実情なのだが――別の欲求が働いていた可能性も否定できない。ところが、彼女は、腕を広げて(待って)いた私の1メートルほど手前でコケると、そのまま容赦なくスライディングタックルをあびせかけやがりました。前傾で構えていた私を巻き込み崖下へ、抱き合うように転げ落ちてゆくふたりいぃぃー。この光景を見ていた梶原一騎が、のちに「愛と誠」を書いたとゆう話はまったくありません。

ま、二人とも怪我は無かったんですけど、新雪で身動きとれなくなっていたのをスタッフの人に助けられ(掘り出され)、スノーモービルに乗せられて(彼女は自力で降りられないほど怖がっていた)事務所で調書みたいなのを取られました。なぜ、ワシまでついて行ったのかは思い出せないのだが、もっとも腑に落ちないのは、どうしてこれで恋に発展しないのか。


2006/09/28

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-582.html

歳を取ると時間の進み方が早く感じるけど、同じような現象に、行きと帰りでは後者の方が時間が短く感じるなんてことがありませんか(どうでしょう?そう感じてもらわないと、話が進まんのですが)。知らない場所への旅行なんかで自分で運転している時になど、この感覚は顕著にあらわれる。たぶん、電車や他の乗り物でも感じるのじゃないかな。自分なりの仮説としては――

知らない場所へ向かうということは、未知の情報がたくさんあるわけだから、それらを認識したり、判断・想像もろもろと外部からインプットと記憶のセーブのため脳ミソがフル回転している状態なのだと思うのな(ここからフランク)。同じ道を戻って帰るとすれば、一度見た、ようするに経験済みの状況だから、脳の中の記憶(キャッシュ)で補完して、現物の道や景色をちゃんと見ていない、認識していない、2度目なので感動もない(か薄い)。そんな、アイドルタイム@脳な状態になるんじゃなかろうか。

子供の頃や若い頃は、知らないことや初めて経験することばかりで、データを蓄積したり分類したり、事象に対応するのに判断や工夫も考えなきゃならないと、いつも脳はクリエイティブな働きをしているよね。一方、歳を取るとそういうのがなくなって、過去の記憶を引き出して比較・対処するような仕事ばかりをさせられていることになる。何度も繰り返しているうちに、記憶のしまい場所やパタンーマッチなんかが最適化されてきて、さらに行動は定石化されて「ここでこうなったら、この一手」「で、ああなるはずだから、hoge を返す用意」みたいな単なる筋肉反応や脊髄反射で時間を過ごしてしまう。あんまり脳ミソは起きていないから、気づくと時間が過ぎていたりする。

でも、何かに集中していると時間が短く感じるってのもあるね。これはたぶん、目の前のこと以外は脳が処理していない、つまり全体量として働いている部分はわずかである、ということではなかろうか。恋人に会えない時間は、仮想敵のことやその攻め方を各方面から計算・分析・妄想(フル回転で)しているから長く感じる。で、会っている時間は恋人以外は眼中に入らないから短く感じる――んじゃないかなぁとか、過去の記憶を照合してみますた。


2006/09/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-581.html

CD 焼いたりしながらダラダラと過去ログやテンプレの修正をやっておりました。マイページに Google Search が復活 & 活躍しましたよ。やっぱ、これがあると過去ログ探すの便利。サジェスト版も残してあります getelemenhoge とかで探すのにめさ便利(ぜんぶ自分のためかッ)。今日はフッタ部の小ネタメモ 2題。

最終更新日

WEBページ(主にブログ以外で)最終更新日××とか×× Update みたいな表示がありますね、あれをやる方法。ただし <!--recent-->~<!--/recent-->をメニューに使っちゃってるテンプレじゃできません。

- HTML

  1. <!--index_area-->最終更新:<!--recent-->
  2. <%recent_year>年<%recent_month>月<%recent_day>日<%recent_hour>時<%recent_minute>分
  3. <!--/recent--><!--/index_area-->

のように HTML 編集欄で表示したい場所に記述し、管理画面 → 環境設定の変更 → ブログの設定の最近の記事リストの表示数を 1にする。・・・技でもなんでもないじゃん。でも、ほとんどのブログはトップページを見れば目的は達せるので recent entry のリストは要らない気がするのだけど。注意点は各ページで表示させると、そのページのアップデートだと勘違いされるので <!--not_index_area-->エリアを使って文字を変えるとよさげ。

スパム避けメアド

メールアドレスを直接書くと、ロボットに拾われてスパムのエジキになる(らしい。うちは普通のメールすらこない)。メアドを画像で表示させるとか、2バイト文字を使って”@を半角に変えてネ”とか対抗策がいろいろある。これを CSS の content でやるってのはどうか。

- HTML

  1. <address>
  2.  hogehoge のホームページ / ホゲ
  3. </address>

- CSS

  1. address:after {
  2. content: " hogehoge\40mail.com";
  3. }

@ はCSSファイル内では意味を持つので \40 と数値化しときます。例によって CSS を正しく解釈するブラウザ向け。

どっちも、とっくに誰かがやってる予感・・・・・・フォロー・ミーはいい曲だなぁ。


2006/09/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-580.html

地球ググリ日本語版を落とすのに四苦八苦していた昨夜、午前 0時を回ると馬車がカボチャに・・・ではなく Google トップのロゴ絵が変わる瞬間に立ち会えました。

google

8歳の誕生日だったんですねー。ちなみにスクショの絵の名前は去年のがgoog7e.jpg、これが goo8le.jpg です。来年はズバリ 9oogle.jpg でしょう。


2006/09/26

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-579.html

Google Earth 日本語版 を落とそうとしてるんだけど、さっきから失敗ばかり。アクセスが集中してるのか、そもそも AIR-EDGE のジツリキが(以下略)。推奨環境はおろか最小構成だってアヤシイ。だいたい、ダウンロードすら虫の息な回線で、地球ググリが快適にできるはずがないことに気づくべきだ<自分。


2006/09/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-578.html

というわけで(久々に謎)、先日紹介した懐かしのフォークソング・オムニバス CD フォーク歌年鑑価格設定は iTMS を意識してるのか?を一覧してみました。・・・すみません、みりばーるさんの蟲師のDVDほしいの日記いじりです。

レーベルを越えて、年度で区切るというのはいいアイディアだよなー。タイトルを読んでいるだけでも当時が思い出されます。各 CD から管理人の思い入れ”強”な 3曲を選んでみました、なんの役にも立ちませんが。やはり 1曲 110円~123円と iTMS より若干低めに設定されています。81年を買おう。

フォーク歌年鑑
年度注目曲曲数定価曲単価
1982
  • 涙をふいて
  • ドラマティック・レイン
  • 花ぬすびと
17曲2100円123円
1981
  • ルビーの指環
  • フォーロー・ミー
  • ウェディング・ベル
17曲2100円123円
1980 vol.1
  • ダンシング・オールナイト
  • 南回帰線
  • さらばシベリア鉄道
18曲2100円116円
1980 vol.2
  • 蜃気楼
  • モンロー・ウォーク
  • 雨あがりの夜空に
18曲2100円116円
1979
  • アメリカン・フィーリング
  • SACHIKO
  • WAKE UP
17曲2100円123円
1978
  • HERO(ヒーローになる時、それは今)
  • かもめが翔んだ日
  • Mr.サマータイム
18曲2100円116円
1977
  • 気絶するほど悩ましい
  • 雨やどり
  • 迷い道
18曲2100円116円
1976
  • ささやかなこの人生
  • 明日に向って走れ
  • 卒業写真
18曲2100円116円
1975
  • 22才の別れ
  • 「いちご白書」をもう一度
  • 裏切りの街角
18曲2100円116円
1974
  • 精霊流し
  • 結婚するって本当ですか
  • 東京
18曲2100円116円
1973 vol.1
  • 心の旅
  • 赤とんぼの唄
  • 神田川
18曲2100円116円
1973 vol.2
  • 心もよう
  • ロマンス
  • 落陽(LIVE)
18曲2100円116円
1972 vol.1
  • 春だったね
  • 走っておいで恋人よ
  • 春夏秋冬
18曲2100円116円
1972 vol.2
  • 旅の宿
  • たどりついたらいつも雨ふり
  • 東へ西へ
18曲2100円116円
1971
  • あの素晴しい愛をもう一度
  • メリー・ジェーン
  • なのにあなたは京都へゆくの
19曲2100円110円
1970
  • 翼をください〔シングル・ヴァージョン〕
  • 人間なんて
  • 走れコウタロー
19曲2100円110円
1969 vol.1
  • 真夜中のギター
  • 白いブランコ
19曲2100円110円
1969 vol.2
  • 夜明けのスキャット
他に知っている曲名がありません
19曲2100円110円
1968
  • 亜麻色の髪の乙女
他に知っている曲名がありません
19曲2100円110円
1967
  • 帰って来たヨッパライ
他に知っている曲名がありません
19曲2100円110円

2006/09/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-577.html

なんかFC2界隈(非常にせまい範囲を指しているのだ)が静かですねー。去年の今頃も「ブログって呟きづらいよねー」とか「テンション下がりまくりだから篭ります」なんて言ってたけど、季節的なものなんでしょうか

秋はものさびしいからねぇ、美味いもの食ったり本読んだりしていて、更新するヒマなんか無いってのもわからないではないが(カカリとウケが繋がってない)、幸せなとき人は日記をつけない、という金言を思い出すたびに心配になるじゃないですか、自分の身が。

表サイトが注目されちゃってる人は「問題提起して、かつ、お得な情報がちりばめられ、起承転結のしっかりした構成で、笑いあり涙あり誤字は無し、最後にアスピレーションとか WEB2.0 を上手くまとめた記事を書かねばなるまい」――ま、要約すると「今さらネタ日記なんて書けない」のかもですけどね。思うに”エントリ”とか”言及”とか”RSSリーダ”とかのネーミングがカシコマリ過ぎてるんじゃ?ウェッブログって。それぞれ”日記”、”日記いじり”、”アンテナ”でいいじゃん。

いや、待てよ。2個持ち・3個持ちの人は裏で日記書いてるってのもありかも。こんなことじゃ、日記書きは皆、はてなに取られてしまうぞーって書こうかと思い、ブログファンを見に行ったら(この記事雑談?そのとおり)アクティブユーザ数は FC2 ブログがトップでした → スクショ。前提条件が崩れてゆく。

でもね、ちょこっとでも更新されてると「あー、あの人も元気でやってるんだな」と思うのですよ、「よし、自分も何か書こう」って。今日もね、見上げた空が蒼くて、高くて、頬をなでてゆく風はすっかり秋だなぁと。そうだ、このキレイな情景を日記に書こう!と固く決意しました、一番搾りのプルタブ引くまでは。呑んだらどーでもよくなっちゃってね。あの感覚よもう一度って、窓の外見たらもう夜だし。それでもなんとかなるんだから、みんな、日記書こうぜ。


2006/09/23

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-576.html

といえば、ゲッターロボ・ザンボット3・ダイターン3という変形合体ロボであり(最後のは合体しない。破嵐万丈が好きだから並べてみた)、その操縦士を夢見た管理人が HTML・CSS・javascript をいじいじするすることは必然といえよう。今日のテクストは画像をプロマイド風にアレンジするにはどうしたらいいでしょうか? をやってみます。

トピックの方――ブロマイド風ではなくポラロイド風にらしい――では解決案が出ているのでライトな感じで。

1.HTML

まず、何を読み手に伝えたいのかを考える。写真(絵)そのものと、キャプションあるいはコメントの部分を誰にでも解る形にするのが HTML の役目。ということで、定義リストでマークアップします。エントリの投稿欄に以下の形式の HTML をカキコ。

  1. <dl class="dl_img">
  2.  <dt><img src="http://blog-imgs-27.fc2.com/s/u/g/sug/20060827b.jpg" alt="http://blog-imgs-27.fc2.com/s/u/g/sug/20060827b.jpg" height="240" width="320" /></dt>
  3.  <dd>いっそ大陸的なほど、何もない我が街</dd>
  4. </dl>

他の定義リストと識別するため class="dl_img" を振った以外は、変哲のない素直なマークアップと思われます。実はワタクシ、リスト系の要素って後で CSS を当てる時に構造的に有利だから好みなのです。が、この時点ではおくびにも出しませんとも。

2.CSS

ポラロイドというのは、見映えを指しているので CSS の領分です。HTML から分離することで、ポラロイド風に飽きたら別のデザインにできる、あるいはスタイルを全く当てないでも OK というのが、この場合最大の利点。テンプレの CSS 編集欄の末尾に以下をコピペ。

  1. dl.dl_img, dl.dl_img dt, dl.dl_img dd {
  2. display: block;
  3. position: relative;
  4. background: #fff;
  5. line-height: 1;
  6. margin: 0; padding: 0;
  7. }
  8. dl.dl_img {
  9. width: 20em;
  10. background: #cfcfcf;
  11. border: 2px solid #eee;
  12. border-width: 0 2px 2px 0;
  13. margin: 1em;
  14. }
  15. dl.dl_img dt {
  16. border-style: solid solid none solid;
  17. border-width: 1px;
  18. border-color: #999 #666 #666 #999;
  19. padding: 1em;
  20. top: -3px; left: -3px;
  21. }
  22. dl.dl_img dd {
  23. text-align: right;
  24. border-style: none solid solid solid;
  25. border-width: 1px;
  26. border-color: #999 #666 #666 #999;
  27. padding: 0 1em 1em 1em;
  28. top: -3px; left: -3px;
  29. }
  30. dl.dl_img dt img {
  31. display: block;
  32. width: 100% !important;
  33. height: auto !important;
  34. border: 1px solid #777;
  35. vertical-align: bottom;
  36. }
http://blog-imgs-27.fc2.com/s/u/g/sug/20060923c.jpg
東京タワー

テンプレを変えたらワケワカランになるので外部ファイルを上げておきます。
> イメージ+定義リスト

背景画像を使わずに影を表現するには本体(<dl>要素)の width がどうしても必要になる。width: 20em; と幅を文字数でやったところがミソ。良い点は、ブラウザの文字サイズを変えると連動してイメージのサイズも変わること、回り込みさせるのが楽なこと。悪い点は、ムリヤリ拡大縮小しているので、元絵のクオリティが失われる。でも、ポラロイドって画質より雰囲気じゃん?(いきなり横浜人みたくなったり)

3.javascript

さて、1 と 2 で完結してる気がする人、まだまだ甘いです。「1 の HTML を毎回チマチマ書くのって、めさめんどーい」 そう、人はどこまでもズボラになれるのです。というか、毎回同じことをするのが大好きなコンピタ君が目の前にいるじゃありませんか。そういうのを肩代わりさせるのがスクリプトの役目です。

> イメージ→定義リスト化ブックマークレット

  1. 上のURIをブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. 管理画面→ファイルアップロード で写真(絵)をアップします。
  3. (サムネイルをクリックで)アップした写真(絵)を表示させます。
  4. 登録したブックマークレットを作動させると、プロンプトが開きます。”絵の説明を書いてください”の部分に表示したいキャプションやコメントを書き込みます。
  5. OK をクリックで、新しい窓が開き 1.HTML の形式の HTML を書き出します。
  6. そのまま、または必要なら編集をくわえて、投稿欄にコピペ。

全体的に Fx でしか確認してません(ははは)。適当に改造して使ってください。

今回はパーツの作り方でしたけど、これの規模を大きくしたものがテンプレだといえますね。まず、誰にでも読める(伝わる)ように書いておき、ちょっと凝ったスタイルで飾ってみる。そして面倒な所はコンピュータにやらせる。

特にエントリ内の HTML はテンプレを変えることを考えて(変えなくてもいいのですが)なるべくシンプル・フラットな記述にしておくのが後々で楽です (´ー`)。


2006/09/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-575.html

今日にも共有テンプレIDが 10000get しそうです。


2006/09/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-574.html

右折ラインで信号待ちしていた時の出来事。先行車(自分は準ポールポジション)は交差点の中にいて、最初は右ウインカーをだしていたのですが、突如ハザードを点灯させました。「おー、エンストでもして身動き取れなくなったのか?」とか思っていたら、何事もなくそのまま右折して行ったのですよ。意味がわからなかったんだけど、すぐに謎は解けました。

対向車が道を譲ってくれて、そのお礼をハザードで返したのですね、たぶん。

横道から本道に入ろうとしている車や発進しようとしている車に道を譲ると(つまり、自分の前に入れると)ハザードで挨拶するというシーンは時折見かけますが、対向車に交差点内で返すのを見たのは初めて^^。その人、道を譲ってもらったら、△ボタンを押すべし!と誰かに教わったのでしょうねぇ。

そもそも、左右のウインカーとヘッドライト(パッシング)のみで、ドライバー同士は意思の疎通をはかりながら、ハイスピードで鉄の塊を動かしてるんだからすごいよね。わずか4ビットのコミュニケーション。パッシングひとつ取っても状況しだいで「お先にどうぞ」と「先に行かせろ」と正反対になるし、ブレーキランプを5回点滅、「愛してる」のサインになる。ま、パッシングの意味からすれば追い抜きの時に使うもの、ハザードランプは危険を伝えるためのものなのだけど、流用の方が認知度が高い。

実は、よーく状況を眺めていると解るが、相手のドライバーが道を譲ってくれるのは、特に自分(譲ってもらったドライバー)だけに親切しているわけではなく、むしろその車の直後やもっと大きな視点で行われていることが多い。右折車が左よりで待ちすぎて後続車が抜けられないなんて時に、そいつを先に行かすことで上下線とも流れるようになるとか。交通の流れを良くしようという目的なんだよね。だから、自分は譲ってもらってもハザードは返しません。対向車だったら手を上げるくらいはするけれど^^。譲ってもらったお返しは、すみやかにそこから移動すること、また、他の誰かに道を譲ることで返します。ま、状況を見つつですが。


2006/09/20

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-573.html

管理人立ち寄り所の某コンビニでエンド展開されていた CD 群。

長い夜、夢の途中、ウェディング・ベルは81年、もう四半世紀まえのリリースだったか。オレも年とるわけだ。この辺りの選曲はなつかしさで胸からこみ上げてくるものがあります。各年をチェックしてたら弁当が冷めちゃったので本当に泣きそうになりました。この価格設定は iTMS を意識しとるじゃろ、絶対。


2006/09/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-572.html

倉庫の屋根裏 | メールきたよん。

以前、お気に入りのサイトが閉鎖しちゃって(´・ω・`)と書いたのだけど、本日定期巡回しておりましたら 301@TUKISHIRO さんが復活しているのを発見しました!!さらに、ブログも始められています。

とっくに挫折してるのだけど、絵を描こうと思ったのはツキシロさんのサイトとの出会いだったのだよねー。また、あの人の絵が見られると思うとウレシイ。勢い余って倉庫の屋根裏から絵をひとついただいて来ちゃったのはよいけれど、規約が見当たらないし、うちなんかに貼っても良いものやら・・・貼っちった。コレ、どうやって待ち受けにすればいいのだろうか、というかワシの携帯、ぜんぜんメール来ねぇし。イヤ、そんなことよりご挨拶せねばとブログ人生3度目の TB を打ちました。


2006/09/18

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-571.html

ここ10年ほど、ドライビング BGM(主に発進のテーマ)はヴァン・ヘイレンの Jump(iTMS) と トップ・ガンの Danger Zone 他を愛用している。というか、後のはあーちすと名じゃない気がする今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

というわけで、今回装備した”リンクでジャンプ”の小ネタ2題。

個別記事から月別ページへのジャンプ

今回、パン屑ナビを新たに設置して、インデックスと個別記事の間の(仮想)階層に月別ページを挟んだのですが、ユーザが個別 → 月別へと移動する場合には、今読んでいる個別ページの周辺の記事が読みたいという理由が大きいのでは?と考えて、月別ページの該当位置(直前に読んでいた記事の頭)までジャンプするようにしました。これはFC2単変数<%topentry_no>を使うと簡単にできます。

  1. <!-- アンカー側 -->
  2. <!--topentry-->
  3. <p><%blog_name>
  4. &gt; <a href="./">Index</a>
  5. &gt; <a href="./blog-date-<%topentry_year><%topentry_month>.html#entry<%topentry_no>day">
  6. <%topentry_year>-<%topentry_month></a>
  7. &gt; entry#<%topentry_no></p>
  8. <!--topentry-->
  1. <!-- リンク側 -->
  2. <ul>
  3. <!--topentry-->
  4.     <li id="entry<%topentry_no>day">
  5.         <p><%now_year>-<%topentry_month>-<%topentry_day>T<%topentry_hour>:<%topentry_minute>+9:00 <strong><a href="<%topentry_link>"><%topentry_title></a></strong></p>
  6.         <p><%topentry_discription></p>
  7.     </li>
  8. <!--/topentry-->
  9. </ul>

気をつける箇所は、個別記事には<%topentry_no>を使った ID がすでに存在する可能性があるのでダブらないようにすること。

トップ-本文から個別記事-追記の頭だしジャンプ

多くのテンプレでは<%topentry_more><div>要素で囲み、それに ID を振る場合が多いと思います。前回まで春木屋風テンプレは<hr>要素を好んで使っていました。

  1. 前略
  2. <%topentry_body>
  3. <hr id="more" />
  4. <%topentry_more>
  5. 後略

これでもいいのですが、スタイルシートを切って見ると水平線がうるさく感じるんですね。ワシ、記事の中でも普通に水平線使うし、特に本文が短い場合(一行とか)だと煩雑な感じになります。で、試しに強制改行を当ててみました。

  1. 前略
  2. <%topentry_body>
  3. <br id="more" />
  4. <%topentry_more>
  5. 後略

わー、一文字しか変わってないし。スタイルシートを切った場合は、一行分よけいに間が空きますから、この辺は、水平線を取るか間を取るかの好みの違いとしかいいようがないかも。では、何故書くのか。ひとつだけ良い点を上げるとすれば<br id="more" />のデフォルトスタイルを殺す(前後の要素のマージンを相殺させる)のに CSS の記述が一行で済むこと。

  1. br#more {
  2. position: absolute;
  3. }

こちらも気をつける箇所がひとつあり、<br>要素はインラインなので<body>要素直下には置けません。なんらかのブロック要素の中に置くことになります。<div>要素を使うのなら、最初に挙げた多くの例にならえば良いのでは?というオチでした。

ただ、アンカーのためだけにディブ( ← こう暗唱しながらHTMLを書いている)ってゆうのもなぁ。テンプラーの皆さん、この辺のこだわりはありますか?とか、ウヤムヤに終ってゆくのであった。


2006/09/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-570.html

久々に力の入ったリニュなので(あんまり変わってないんですが)、カテゴリ別ページを復活させました。でも、まだ直じゃ行けません。トップや個別記事から移動できるようにするかは、いまだ思案中。


2006/09/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-569.html

環境適応力がゴキブリ並なので、ビョーキも1週間つづくと、それが平常運行になります。今日も呑んで歌ってまいりました、酒池イエローサブマ林(ぅゎゎぁー)。でもね、まわりが気遣ってくれて「投薬してるんだから、焼酎はうすく(そりゃもう、うすく)した方がいいよ」とか「生魚はヤバイから、君はツマ食ってなさい」という友人らにかこまれて、僕は幸せなんだろうか。


2006/09/15

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-568.html

一番最初に作ったスクリプトなので愛着があるのです(笑)。今まで通り、コメント欄に書き込まれた URL らしきものは<a>要素に、行頭の”>”(全半角OK)以降は<q>要素に置き換える仕様にくわえ、”*”(半角アスタリスク x 2ヶ以上)で囲まれた文字列を<em>要素に書き換えます。以下のような感じで使ってください。

この書き方は、いにしえの掲示板やテキストメールで使われていたローカルルールです。今の人は知らないかも。強調に苦情とか書く場合にどうぞ。


2006/09/14

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-567.html

生年月日から導き出された数が山手線28駅の中のどれになるかで、自分の性格と恋愛傾向がズバリあたるという(鉄道占術研究会!自称、究極の)山手線占い。なぜか左回り。もう「いつ流行ったの?」ってくらい古そうなネタではあるけど、いちおう。生活板(の過去ログ倉庫経由)。

結果は日暮里、仮想敵は新橋。結構当ってるような気もするけど、占いとはそういうものだ。ちなみにどちらの駅も降り立ったことはないです。


2006/09/14

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-566.html

あきっぽく模様替え( double meaning )。前テンプレの代替スタイル(どれくらいの人が見られたのだろうか)で Light ってのが自分的にツボだったので、それっぽくしてみました。読めない・おかしな所があったらコッソリ報告してください (-人― )"。

Light は見出しを display:list-item; にしていたところが気に入っていた。block や inline にくらべて一般にあまり使われないプロパティの値だなーと、意外に思っていたのだけど、ふと、リストっぽく見せたいものはリストでマークアップするのでは?と気づいたしだい。マクラを本文にして残りは追記に、という今の更新の仕方にはトップページ(Recent)をリストでやるってのは合っている気もする。短いエントリも上げやすいだろうし。

javascript をすべて外してあるので、今までと使い勝手が違うところがあるかもしれません。いずれダラダラとこのテンプレに合わせて作っていきまする。

Courier New のフォントは大きく表示すると綺麗だねぇ。うち、トップ絵をあまり使わないので印象うすいんじゃ?って思うけど、フォント変えるだけでもオサレになった気分が得られる(満足とはすべて自己満足ですよ、美馬坂さん)。しばらくエセ英語のタイトルが増えそうな予感。

えー Misty までダジャレに持っていきたかったんですけど、ムリみたいです。命名:Listy 。


2006/09/12

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-565.html

眠っていたのだとばかり思っていたから、ちょっと驚いただけのことで。

「お月見しない?、今から」
「ん?じゃ、煙草タイムにしよう」

送り羊について考察しながらハンドルを握っていた僕は、答えを見失い、さらに深い階層にある別の問題域へ突入したところだったので、この誘いにのった。ニコチンが切れていると良い――と思われる答えすら出ない自分なのだ。

無理な体勢でウィンドウ越しに空のより暗い部分を探して進む。国道をはずれ、少し行くと、黒い帯のような川があらわれる。何台か停まっている違法駐車の群れに鼻先を割り込ませてエンジンを切り、外に出た。まるで、何年も運転していたかのように固まってしまった体を伸ばし、ついでに空を見上げる。月はまだ満月を建設中のようだった。

大橋を歩いて渡って、すぐの側道を戻ると河川敷に出られる階段があった。なんとなく川下の方角を選んで歩き出す。遠くに高層ビルの明かりが瞬いている。”お月見”のことはもう忘れてしまったのか、君は川ばかりを見ている。

「一日中、あなたのことを考えるのに使ったわ。あなたは?」
「夢の中にいるのか夢を外から眺めているだけなのか、って差だね」

堤防に遮られ街灯の光はとどかずに水面は暗かった。橋の上を大きな車が通り過ぎる時だけ、波は小さなシグナルを返す。見えていなくても水はとうとうと流れ、アピールする機会を窺っている。いつでも。人の想いに方向があるのだとすれば、それが流れ続けるものならば、どんな時に見えるのだろう。川面に消えていく煙草の煙は、少なくともこの月明かりでは、ぎりぎり足りなそうだぜ、と囁いた。


2006/09/11

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-564.html

萎えてばかりいてもしようがないので小ネタなどやります(宴会芸か)。名づけて、消極的ナビゲーション。

> yah.js(月別ページで現在位置をお知らせ)

使い方

注意点


WEBページやブログ、ポータルサイトはサイト名あるいはイメージロゴがトップページへにリンクしてますね。サイト内で迷ってしまっても、とにかくサイト名をクリックすればフリダシに戻ることができる――鞍馬「ピンチになったら力いっぱい名前を呼ぶのだぞ」杉作「わかったよ、天狗のおいちゃん」みたいな・・・非常にわかりにくい例ですが。

毎ページで同じデザインのサイト名・イメージロゴであっても、トップページに置かれている場合は(トップページへ)リンクしない、というのが好みです(嗜好の問題だったか、いや、回線弱者のひがみだ)。リロードしたい場合はブラウザのボタンやコマンドで行う方が確実だし。

つまるところ、自分自身を呼び出すリンクは無効にする=ミスリロード(こんな言葉あるか?)を防ぐ、あるいは、クリックできないことで現在位置を知るというネットリテラシーというかローカルルールを月別アーカイブでもやろうかなぁと・・・めさちぃせぇ。

憎むことでいつまでも あいつに縛られないでって、憎まれてても忘れられてしまうよりいいじゃんって・・・めさちぃせぇ。


2006/09/10

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-563.html

アレルギー性皮膚炎がひどくなっちゃって、死線をさまよっております(主に生寄りでアル)。風邪が引きがねか、夏の疲れか、はたまた歳のせいで耐性が落ちてきてるとかの原因は不明で、お医者で検査の日々を送ってます。アトピーとは宣告されないけど、あれは子供の病気なんでしょうか。

先生に「適度な運動をして、毎日入浴して体を清潔にすること。こまめに掃除をして、布団を干すように」と言われてます。なんか療法というより、生活指導部四ヶ条みたいです。コレを全部やってないとしたら、まるで引き篭もりみたいですけど、私の仕事はアウトドア炎天下でのハードワークですし、毎日風呂にも入ってます。そ、掃除は・・・やっぱり引っ越すべきか?すり替えのような気がするけれど。

Silver Ring:SHUNさんの名言に楽しくて、幸せで、満たされているときに、人は日記なんてつけないというのがありますが、気分が萎え萎えな時も日記を書く気力がわきません。


2006/09/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-562.html

CSSをいじってると、一度はやってみたい誘惑にかられる連続フロートの横長レイアウト。ワンセンテンスの短い日記かそれより長い場合は追記に廻す、という、今のようなエントリの書き方ならできるかなーと挑戦してみたけど・・・実用レベルにはならない気配。製作1時間。


2006/09/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-561.html

IAU発表で冥王星が新区分の矮惑星にカテゴライズされました(これでも取り上げるの早い方なんだよ、春木屋の時計では)。なんか小っさすぎるとか公転軌道がアレだとかいう理由で。人間が勝手に発見して太陽系にいれた癖に、今度は惑星から追放したり・・・そんなことを考えながら作られた曲です、たぶん。


2006/09/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-560.html

風邪そのものはたいしたことない(この時期にひいてることが驚愕だが)のだけど、ヒジの内側と胸、首に湿疹ができた。風邪っぴきと関係があるのかわかんないけど。さすがに心配になったので知人に紹介してもらい、病院へと。皮膚科に行くのは初体験である。

そこがまあ、クリニックというよりは診療所と呼ぶのがふさわしい。木造平屋建てで、アジサイやらハクモクレン、夏ツバキだのその他名前の知らない木に囲まれた、ちょっとした森の中な雰囲気、「こりゃ治らんでも通いたいぞ」と思うような横溝正史ワールド。古色蒼然というか崩壊寸前は事実無根の乱暴狼藉だろう(知ってる四字熟語を並べてみた、とりあえず)

当然、薄桃色の白衣の上に紺のカーディガンをはおった看護士さん(もちろんポニテで、バインダーなんかは両手で胸の前で抱えるように持つ)に、やさしく薬をぬりぬりしてもらう――ビックス・ベポラップのCMのように――のかと思っていたのに、助手の人は男だし、薬は渡されただけでした。良かったような残念なような。


2006/09/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-559.html

「となりの空き地に塀ができたってね?」「カコいー」(とてもシラフじゃ書けない)。自分はよく「アレがカッコええ」とか「カッコよさげ」だの言うのですが、格好良いってのは客観で、格好をつけるは主観じゃないかという理論を考えつきました、今しがた。”勝手にしやがれ”というジュリーの往年の名曲があります。

せめて 少しはカッコつけさせてくれ 寝たふりしてる間に 出ていってくれ

ジュリーは「カッコつけてる」わけです(帽子も投げます)が、ようするに、たぬき寝入りなのでワシの判定は「カッコいくない」です。でも、女性の立場からすると「知っているのに黙って行かせてくれるなんて・・・クールガイ」とか思うのでしょうか。わかりませんけど。

格好をつける行為とは、一般的なプラス方向(格好が良い)を目指さなくても別にかまわないのですね。アホっぽい格好をつける、人生に悲観した格好をつける、かわいこぶりっ子な格好をつける。自分がつけたい格好がわかっていて、その通りにできたのなら格好がついたことになるのです、主観ですから。

そして、この格好をつけるというのは、一種の変身願望であってリアルな自分とは違う状態になることを指しているのじゃないかと考えられます。例えば電網仮想世界において、毒舌な格好をつけてるひとが、実は、根がやさしかったり、キレイ事ばかり書いてるブログの主の腹は真っ黒だったりとか(部屋もデスクトップも片付けられなかったりとか)。

格好をつけてるのは、その対極にある何かを隠すプロテクトなのでしょう。


2006/09/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-558.html

物事がスムースに進行している時は、それぞれの人が自分の役割分担を理解し、こなしているといえるだろう。解っているふりをする、気づかないふりをする。何考えてんだかか解らないキャラを標榜するとか。折りに触れ「人生の大部分は演技なのだなあ」と思うのだけど、体調が悪い時、風邪をひいている時などは演技力が落ちているので注意が必要だ。

昔、”皆殺しの数学”という本に、20人とお見合いして(結果的に)順位をつけた場合にマイベスト3以内のお相手をゲットするにはどう行動したら良いか?という問題があった。お見合いは次のような条件で行われることとする。

先行きの解らないとこは現実的だけど、それ以外はちょっとありえない条件(そこが数学なのだが)。答えはネット上にあるので”最適停止問題”とかのキーで探してみませう。

これが、うさんくさい解答なんですけど、期待値を得るという点では理にかなっている。まあ、現実には選んだ人が1番になる(ことの方が多い)のだと思う。しかも後で気づく。そしていつかそれは期待値ではない絶対値にまでなってしまうのだ。とかいって、仮定の話と現実をごっちゃにしてしまうのはよくない。


2006/09/03

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-557.html

「割と正しいWebPage」の宣伝:メモランダムを読み、自分も参加してみました。いつも通りコッソリとバナー貼っただけですが。

絶対に正しくないといくない、ってなっちゃうとブログというシステム――日々の更新しかり、テンプレにしかり――は立ち行かなくなりる。かといって、目標がないのも漫然としすぎているような。時々振り返りながらも次を目指して行くには割と正しくっていうゆるい感じなスタンスが必要なんじゃないか?って思います。


< 前の 5件 < 08月 | 10月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。