Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/30

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-844.html


2007/06/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-843.html

ヨドバシアキバにて本日発売の E-510 を触ってきましたよ。第一印象は「なんかフツーのカメラになったな」って感じ。最大のセールスポイントは”ボディ内手ブレ補正付き”で、このせいで大きく重くなってしまったのか?とうがった見方をしてしまう(それだけ E-410 はギリギリのパッケージングだと再認識)。で、効果のほどは・・・メモリが入っていなかったので撮った絵を確認(拡大)できずようわからんかった(^^。

自分のように静物を撮っているだけなら「数打ちゃ当る」方式でなんとかなるけれど、動きをとらえる写真の場合では同じ瞬間は二度と来ない。ブレの心配がないというのは大きなアドバンテージなのでしょうね(あとは夜撮とか部屋撮りとか望遠レンジとか色々・・・けっこうメリットでかいじゃん)。E-510 は結果重視で E-410 は過程を楽しむカメラである、と自分を納得させたところで、目的の OM アダプタを買ってまいりました。これで、中古レンズ漁りという過程を心置きなく楽しめるわけです(写真撮れよ)。


2007/06/28

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-842.html

各レベルの見出しの要素の本文が空のことないようにしてるんですけど、これって少数派みたいです。

少数派みたいではあっても、私の感覚だと後者にすべきだとしか思えないのですが、皆さんどうして本文がないレベルがあって大丈夫なんでしょうか?

名鏡恵さん@それは仕様?より。最初の例文のように 1、1.1 のようなカウンタが打ってあるのなら見出しの要素の本文が空とは受取らずに、その小見出し(1.1)は大見出し(1)の「本文の一部なのだ」と解釈します、自分の場合。もちろん 2番目の例文でもまったく違和感はありません。2番目の説明部分を省略したものが最初の例文になる、ということじゃいけないのかな。例えば、その例文の次のページが”コーヒーの種類”さらに次ページが”ビールの種類”だったとしたら、大見出しの説明文は紅茶の場合とほとんど同じものになってしまう可能性がある。これを「くどいので省略」とするか「きちんと書くべき」と筆者が考えるかはケースバイケースで見出しの後に本文あるいは見出しの後に小見出し、どちらの書式もありうる。「省略が許されるなら見出しだっていらないではないか」という意見もあるでしょう。これも書式としては間違っていないと思います。

むりやり違和感を感じるとすれば、大見出しのあとに大見出し(レベルが同じ、または上位のもの)が来たりすれば「本文どこやねん!」と突っ込むかもしれないけど、WEB ページではよく見かけるのでマヒしちゃってる(文脈から脳内修正読み)かな。いちおう自分で書く場合は気をつけてます。正式な論文の書き方を習わなかった(大学側から「君、来なくていいよ」と言われた)ので、実はルールがあってそれを知らないだけなのかもしれませんけども。


2007/06/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-841.html

つい釣られて登録した。気が向いたときに「今日の格言」でも書いてゆくショゾン。


2007/06/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-840.html

今、FC2(スゴクせまい範囲)じゃ画像ネタがアツイ!ということで、今日も小ネタをひとつ。

高画素デジカメ界には、1ピクセルのデータを 1ピクセルで表示して、手ブレやらピンボケを白日の下に晒しだしてしまう等倍鑑賞という慣わしがあるです。コワイですねー。この等倍鑑賞は、リンクしたイメージファイルを直接ブラウザで表示して行われることが多い。IE6 の場合メニューのツール → インターネットオプション → 詳細設定 → マルチメディア と進み”イメージを自動的にサイズ変更する”のチェックをはずせば等倍表示となります(ちなみに Firefox はデフォルトが等倍表示)。でもね、小さめな窓で 8~10メガ機の写真、長辺 3000px(over)を等倍で見ても何が写ってるか?どんな構図なのか?がようわからんとですよ。で、ブラウザの窓サイズに合わせようとすると前記の深いメニューを辿らなければならない( Fx もしかり)。これがマンドクセ(’A`)!そこで、実行するごとに等倍サイズと窓大サイズをトグルするブックマークレットを作りましたyo ・・・前置きが長いワリにたいしたことない。

> イメージファイル 等倍⇔窓サイズ

お気に入りに登録してイメージファイル単体を表示している状況で使ってください。サンプルファイルを用意しましたので別窓で開いて試してみましょう(手ブレやピンボケ、圧縮のヘタさには気づかないフリをするのが大人の優しさとゆうものだ)。

今回のポイントは、通常、イメージファイル単体には CSS や javascript は適用できないのだけどブックマークレットとすることで要素のスタイルをいじれる、という部分。DOM の document とは HTML に限らず、ブラウザが読み込んでいるデータファイルを指している(んじゃないかな?)。ということはですね、プレーンテキストや pdf その他のファイルで有効なブックマークレットなんてのもアリかもしれない。まあ、将来の宿題ということで等倍鑑賞・・・とうぶいかんしょう・・・当分干渉しませんけど。


2007/06/26

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-839.html

わたくしシロウトなのでプログラムの概念ってのを解っていないまま javascript を書いています(そこの人、不安にならないように。本人が一番心ぼそいんだから)。なので、想像の及ぶ擬人法とかで考えたりもするのですよ。

先日のブックマークレット image jump に折りたたみの機能を足したのだけど、これってスクリプトが書き出した要素に、そいつだけが使うスクリプトを元のスクリプトが割り当てるという入れ子構造になっている。もともと HTML の各要素は”動き”というものは持っていない。後から人為的に書き足すか、ブラウザがそう割り当てることで動作するようになる(<A> などがその一例)。ところが image jump の中の人は、生まれた時から「どう生きるか」(ま、パタパタするだけなんだが)が決められちゃってるわけ。ただ、まったくクリックなどされずにページの書き換えによってその一生を終える可能性も大なので、自分が何者なのかを知らずに消えていく人生もありうるなぁと。

たかだかブックマークレットひとつで「宿命とは何か」とか考えてしまう自分が不安であります。


2007/06/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-838.html

ファッションの発信地といえばパリ・ミラノ・埼玉が順当なわけですが、最近、若い娘さんが腰につけてるチョークバッグっての?あそこには何が入ってるんでしょうか。今までカバンで持ち歩いていた小物(ケータイとか財布とか折り畳み傘とか?このへん、想像するしかありませんけども)が、あの容量におさまるはずがないと思うのです。以前、カーゴパンツが流行ってた(発信地なので)頃は「あの両ふとももサイドとオシリの全面ポケット(弁当箱くらいなら入る)があれば大丈夫だな、うんうん」と納得できたのだけどね。ポッケがふくらんでる女の子ってちょっとミステリアスで良いと思ったりするって言いたかっただけですが。


2007/06/24

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-837.html

起きたら昼、おまけに雨で外に出るのがおっくうだ(部屋探しはどうなった?)。窓から望遠で道ゆく傘の花など撮っていたんだけど、これって盗撮になっちゃうんだろうな。けっこう良い絵だと思うんですがねえ(ここんとこ後でカットしといてな)。というわけで(全然ウケになってない)コメントでいただいたネタのこれまで普通のブログで運営してきた人がすぐ適用できる、サムネイル風インデックスを書き出すブックマークレットを考えてみましたよ > image jump

使い方

  1. 上記 URI をブックマークします。コード長の関係で Firefox 専用として扱ってください(改造歓迎)。
  2. 任意のページで登録したブックマークレットを実行すると、ページの右上部にそのページ内にあるイメージへのリンクをサムネイル風に書き出します。
  3. ”image jump” の文字列をクリックすることでパネルの表示・非表示を切り替えられます。
  4. ページ移動、またはリロードで効果が消滅します。
  5. FC2 ブログ以外のページでも使用可能ですが、画像の無いページでは何もしません。

テキストと画像(サイズ不定)が混在しているブログで、画像を足がかりに読み進めたい場合に、ブラウザのバックボタンと併用すると効率的。ありていに言っちゃえばスクロール代わりのシロモノです(以前のエントリ、機能としてのタイトルジャンプのイメージ版ということで)。やっぱ、複数ページからイメージを抽出 & リンケージしてこそサムネイルの本領発揮でしょう(がんばれ FC2(の中の人))。欠点としては、ボタンやらカウンター画像やら拾ってしまうこと・・・なのだけど、ブックマークレットなら見るのは自分だけだから、まあいいっしょ(殴)。本質的には HTML に <img> 要素を置く場合に「これは本当にこのページに必要なイメージか?」と考えることが大切なんだと思いますけども。


2007/06/22

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-836.html

U-SEN でマイケルジャクソンのスリラーが流れてきたので M山課長ともども踊ってみる昼下がり(ま、そんな会社なんです)。我が社の(以下略)みゃーさんに「ふりつけが微妙に違うような・・・」という指摘を受け、20数年間記憶の底に封印されていたあるシーンが呼び覚まされたのだった!(それほどのもんか?)

マイ・ダンシング・イメージはこっちだった。

このビデオも家のどこかにあるはずなのだが探し出すのは困難だ(し、たぶんカビてるだろう)。パソコンの前に座りちょっと指を動かすだけで目的の映像を探し出せる、すばらしい時代になったもんだ。で、この「レスラー」という曲は、もちろん Thriller(YouTube)のパロディなのだけど、同じ枠組みを使ってよくもまあこれだけ違うものが作れるもんだと感心するぜ!(ワシのパクリスピリッツの原点はここらかもしれない)。ただ、この 2つの映像、”恐怖”というテーマで見比べれば、竹中直人の瞳に宿る狂気の方がよっぽどリアルに怖い(ははは)。「こいつアホやなあ」というお笑いの人はたくさんいるけど、狂人の演技をさせたら竹中直人の右に出る人はちょっといないと思う。あと、木ノ内みどりさんってどうしてるだろう?とも思う。


2007/06/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-835.html

先日のお葬式のお返しに、タ○シマヤローズセレクションが届く。申し込みはがきとカタログがセットになっていて、希望の商品を記入してポストに投函すると自宅まで届けてくれるって仕組み。送り手は品選びに悩まないですむし、受け手も(商品券のように)ショップに出向かず居ながらにして贈り物がいただけるというスマートなシステム。

なのじゃが・・・欲しいものがぬゎい(防災グッズセット(の中のヘルメット)にグッときたんだが通常かぶりには使えん)。どれでもいいような気もするし、どれも必要でない気もする、優柔不断なワタシです。でもさ、これだけの点数をそろえるのならディープな趣味の品も 1~2点ひそませとけばいいのにね、ウケ狙いで OM アダプタとか(まだ言ってる)。以前もこういうのをいただいた事があったけど、やっぱり選べなくて期限切れになってデフォルトのナベが届いたっけ。


2007/06/19

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-834.html

単に他のサイトの引用をするだけのサイトが増加している。これが検索エンジンの精度を落とす原因

MLA より。確かにこっちの方が厄介だと感じる。以前、まるごと転載の問題点で「検索時にノイズが増える」というような意見があった。でも、同じような情報と同じ情報ってのは別の問題と考えるべきで、転載は全く同じ情報なのだからはじきたい時には一網打尽でき、この程度ならノイズたりえないと思うのだけどね。それとも絞り込みの - (マイナスオプション)って、フツーには使われてないのだろうか?OMsystem -PEN(OM システム、ただし PEN 関連はのぞく)みたいな感じで便利に使ってる。が、引用だとこれがうまく機能しない。そう感じる人が増えてくればグーグル先生にも「任意の要素のみ 検索|はじく」みたいなオプションがつくようになるかも。


2007/06/19

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-833.html


2007/06/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-832.html

洵さんの呼びかけに挙手したいなーと思いつつ、あれこれ裏話など。写真を見せるのに適したテンプレートを作り、プレビューで Harukiya Foto Life を使っていただく(宣伝になるじゃん!)という、おいしい話です。けども彼の裏ブロは、過去に俺ルールで書いた”タイトル欄に画像のファイル名を入れる”というイレギュラな作りなので、通常のテンプレートで表示すると 30件/ページ(転送量が約 3MB)の殺人的に重いブログになっちゃうんだよね → 覚悟して wreathe で見てみる。これ、テンプレイメージ戦略的にはマイナスっぽくない?

この変則的な、エントリタイトル=画像ファイル名の理由は <%XXX_title> 系の変数が使える箇所すべてでイメージ(タグ)を生成でき、”s”を付加すればサムネイル呼び出しも可能な点で、複数エントリのページでは元画像を使わずに済ませたいという出来心でやっちまいました、スイマセン。欠点としては、正しい意味でのタイトルが使えない、ひとつのエントリに最低 1枚は画像が必要になる、ファイル名は連番でなければならないなど(他多数)オススメできる技じゃないので詳しく書きません^^。FC2 本丸の方で元画像/サムネイルをブロック変数ごとに使い分けられる単変数の開発か、エントリのフィールドを増設してもらえると良いのですけどどっちも難しいでしょうね(などと技術者魂をゆさぶってみる)。

ちなみに、Harukiya Foto Life に上げている写真はフリーウエアとして扱っていただいて構いません。加工・テンプレ組み込み・再配布などもフリーです。実はヘッダ背景を意識した構図の写真なんてのもあります(^^)。もっと高解像度のものが欲しいという場合はお問い合わせください。洵さん、あるいは有志の方でサンプルフォトログを立ち上げる機会がありましたら、そっと思い出してやってくださいませ。

その他の素材写真


2007/06/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-831.html

引っ越しました!・・・と言っても、実家が移築 & 改築をするのでその間 2ヶ月ほどの仮住まいへの引越しサポート部隊の傭兵(報酬は昼飯)としてですけど。計画が決まったのは 1ヶ月半前で、去年あたりから「引っ越すぞー引っ越すぞー」と吹いてる誰かとはエライ違いの決断力、ほんとに血がつながってるんでしょうか。あるいは単に、そういう親族重要会議には不必要だがガテンな状況では便利という位置づけなのか(いちおう長男です)。ま、予行演習のつもりということで。

仮住まいは、築 30年は経とうかという一戸建て――いっそ、お屋敷と呼びたいほどで、建売の実家などより立派で趣もある(オレが借りたいくらいだ)。風呂は瀬戸のタイル張り、雨戸なんかも木製で広い縁側とうっそうと木々茂る庭つき。もろ、となりのトトロな世界。なのに家賃は格安で、条件として「庭の手入れ」とあったそうだ。粋な大家さんもいるものだ。


2007/06/15

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-830.html

粘着さんとか攻撃君すらよりつかない最果てのサイトなので、ekken さんの趣旨とはちょっと違いますけど、このあたりこのとを。

今日も、抽象的なコメントを「スパム、あるいは他のサイトの投稿欄と間違えたのであろう」と判断して数件削除いたしました。これをコスト(負担)と感じるかどうかは人それぞれでしょう。というか、単に削除する作業よりも正当なコメントに対するレスポンスを考えて応答することの方がずっとコスト(エネルギー)を必要とすると感じますけどね(「だから、コメントするな」って意味じゃないですよ、念のため)。まあ、何にしても ekken さんや言及先の方が対象にしているブログ・サイトは特急クラスの話なのでワシには無用の心配ですけど。

ただ、コミュニケーションのインターフェイスのお話として受取れば、極端な話、コメント欄を設けないという手段という部分は一考の価値があると思います。一般的なブログはコメント・トラックバックを受け付けているというのがメジャですけど、このトラックバックシステムが額面どおりに機能しているブログってどれほどあるのでしょうか。もっとも多いであろう”日記系”サイトなどでは、挨拶トラックバックに使われるかスパムの温床になる割合が高いのでは。さらには、実際に言及したり、似た話題を扱ったとしても、すべての人がトラックバックを打ってくるわけではないですし、トラックバックを打つ手段のないところ(草の根ビビエスとか)でのウワサ話(笑)なんかにはこの仕組みは無力です。この辺を知りたければ(もちろん、読者が関連の話題を読みたい場合でも)検索サービスを利用・誘導した方が効率的だと実感してます。

コメント・トラックバックに加えて、メールフォームやらパーツ型 BBS さらには拍手ボタンとコミュニケーションインターフェイスに事欠かないのがブログなわけですけど、なんでもかんでも全部オープンにするのではなく自分に合った連絡手段に絞り込むことで管理コストを軽減するって作戦もありじゃないですか。てな考えで、うちはトラックバックを封印してまして、これがいろいろと楽なんですよ。


2007/06/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-829.html

ブログを始めて、投稿や画像のアップの仕方・リンケージの方法をクリアできたとして、次(中級)にブチ当る壁は「自分らしいコンテンツをどうやってつくるか」とか「更新の間隔や質を維持するには」あたりだと思うんだけどね。先日某所で「裏日記や一行日記は別の場所へ置くべきか」なんて話題を読んだけど、そういうところを考えるのが「慣れた人」だって感じる。というか、自称「中級」のワシがいちばん知りたいのもそこらあたりだ。カスタムなんてしなくても立派なブログだけど、ログが蓄積されなければそれはブログじゃない。さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術を読んだときにも、そんな感想を持ったっけなあ。


2007/06/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-828.html

50mm/F1.4

予告通り中古単焦点レンズを 2本ゲット。50mm は E-410 につけると換算 100mm の中望遠になっちゃうけど F1.4 という明るさが魅力(でも、デジタルでは開放は使えないなんてウワサも)、やっぱり大口径ってカッコいいし。28mm は換算 56mm の標準域かつ 22cm まで寄れマクロ撮影ができるところに期待――と。まだ、マウントアダプタがないので眺めて夢想してるだけですけんど。あと、当然どちらのレンズもマニュアルフォーカスだぜ!(最新のデジタルカメラが必要なんだろうか?このワシに)。両方とも 30年選手のレンズなのでそれなりにヤレてる感じではあるけど、コンパクトで明るいので散歩写真にはマッチしそうな予感です。


2007/06/12

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-827.html

久々に繁華街(というか単なる駅前)へ繰り出したので、商店街をうろうろと探索してたらアンティークショップ(イメージ的にはリサイクルショップよりも上位な感)を見つけた。閉店まぎわだったし普段のワシならスルーなんですけど、虫の知らせかちょいとのぞいてみると、そこにはそこには中古カメラの宝の山がっ。特に銀塩用の古いレンズ( ZUIKO 他)がゴロゴロしてたんだけど、予備知識がないんで焦点距離と F値を持っていた封筒の裏にメモしてきた。いやー見積もりしといて良かったー(何か違うような)。これから調べて明日買いに行きます。


2007/06/12

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-826.html

前回のつづき。ひやかし検索だったはずなのに、気になるブツが 2~3 件あったので仕事帰りに不動産屋さんへ。「じゃ、部屋を見にいきましょう」なんて、ゴーインに連れて行かれて帰りに見積書を持たされる(契約書じゃないところが、ちょっと冷静)。なかなか良い条件 & 環境な部屋で、すぐそ近くに小川の流れがあるってとこが気に入った。コンビニとかが近いよりもポイント高いんですよ、ワタクシにとっては。江戸川の近くで暮らしていた頃が人生最良の時代で、その記憶が刷り込まれてるのかもしれない。「神田川」よりもイメージ的に明るいし。


2007/06/10

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-825.html

思い出したようにハウスコムとか見てる(タイトルが長いぞ)。今年の目標は”引越しだ”(たまに確認しないとな)。条件検索で、ふざけて(←ハナから探す気がない)100m2 と入力すると豊島区の物件が引っかかった。「おー安いじゃん!」ってよく読んだらコンマひとつ見落としてた。家賃 78マン円って・・・いったいどんな用途の部屋なんだ(まあ、住むんだろうけどさ)。


2007/06/10

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-824.html

ハト

(ある層には旬な)2台のデジタル一眼レフカメラを持っているので比較記事でも・・・と思ったけれども、実は基本知識がほとんどないので具体的なことが何ひとつ書けない。これらのカメラを狙っている人は NIKON D40(x) OLYMPUS E-410 - Google 検索 あたりからピックアップして読んでみるのがよさげです。

と、責任転嫁したうえで、ゆるーく大雑把な感想につづく。この 2機種はデジイチ入門機というジャンルで、さらに「軽量コンパクトでお手頃価格」が売りである。第一に軽さを求めるなら E-410 の選択だろうし、スタート時のコストを考えるなら D40(今なら無印がお得)が良い。記念写真やメモ的写真を撮るのなら、どちらを選んでも満足できるでしょう。だが。コンデジではなく、デジイチを選ぶ理由のひとつには「作品レベルのものも(たまには)撮ってみたい」という気持ちがあるように思うのですよ。これは、選択レンズしだいで写真が変わる、デジイチの方が圧倒的に有利だし楽しい。将来的にステップアップしたいと考えている場合も、入門機から中上級機への方がコンパクトデジカメからデジタル一眼レフへよりもスムーズに移行できると思います。

さて、その辺を押さえた上で「D40 と E-410 どっちがいいんだ?」と考えると、現状で、レンズその他システムの拡張性が高いのは D40 ということになるんだけど、実際に散歩に連れ出すのは E-410 の方が多かったりする。なんとなくだが、この関係は Windows と MAC の関係に似ているような気がしてる。E-410 は持っていて気持ちがいいというか、感性に訴えてくる何かがある。僕は D40 → E-410 の順で購入したけど、E-410 が先だったら D40 は買わなかったかもしれない。


2007/06/08

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-823.html

不思議なビンのギャラリー。( MLA から遠い経由)

写真を見ながら「どうやって中に入れたのだろう」と想像をめぐらせるのも楽しい。いくつか方法は、ビンの中で一からオブジェを構築する、あるいは分解・変形して挿入後に復元するという気の遠くなるような作業なのだろう。また他のいくつかはトリックで、子供の頃に読んだパズルの本に載っていた。タネ明しを聞いちゃうとガッカリするので割愛。好きな作品は Cube made of matches 。6面にマッチ棒の頭で文字を表している・・・ようなのだけど読み取れなくてムズムズする。


2007/06/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-822.html

というわけで、コメントにお答えして”アスキーアートをアラート表示するブックマークレットを書き出す”という(いつもながらワケワカラン)プチツールを作ってみましたよ > AAA

取り説

  1. 上部テキストエリアに AA をコピペします
  2. 「ブックマークレット化」をクリックすると下部に新しいリンクが書き出されます
  3. そのリンクをブラウザのお気に入りに登録

注意点

で、何に使うものなのか

最近 FC2 に拍手ボタンってのができたじゃないすか、アレの負の方向用つうか。まあ、世の中、拍手したいエントリばかりじゃない(耳がいた・・・)。「これはつっこむしかない」というページに出会うたび、手の甲でモニタを叩かなくても済むのですよ!そっと BM を作動させるだけ、アホかと。これぞデジタルエイジのサイバーつっこみではありませんか?相手には何も伝わらないってところが弱点ですけど。


2007/06/06

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-821.html

某市立図書館で本を検索しようとしたら、そこはかな入力の世界だった。検索用のソフトは OS を隠すようなつくりで IME のバーが出ていないし、入力方法を切り替えるメニューも見あたらない。はじめてキーボードに触れる人やバリバリのローマ字入リョカーでもキートップのひらがなを追って検索語を入力できる、というヒトに優しい仕様なのかもしれないけれど、気づかないで打ち込んじゃうと結構ダメージでかいよ(すぐ後に待ってるが人いたしー)。画面にソフトウエアキーボードでも表示されていれば「そういう使い方か」って心の準備ができたのに!以前ネットで出会った人に「通常はローマ字入力だけど、チャットだけは『かな』」って人がいた。確かにおそろしいほどの早打ちで、そういうのに、つい憧れてしまうワタクシはかな入力の練習をしたものだった――数十分で挫折したけど(遠い目)。あそこでしっかりやっていれば、今回もうちょっとマシに立ち振舞えたかもしれない。とまあ、いろいろとダメな一日であったのだけど、そもそもがある家を探していて迷子になっちったのが一番ダメダメだった。社用車にカーナビさえついていれば、地図なんか探さずに済んだんだー。そういえば、ナビもかな入力か?


2007/06/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-820.html

やっぱり、本気でフォトログをやろうとすると、サクッとサイト全体を見渡せ、ビシッと狙い撃ちできるサムネイル一覧が欲しくなってくる。文字通りインデックスプリントのみたいなヤツ。FC2 ブログには <!--image-->~<!--/image--> という変数があるけど、見せるための画像と見映えを構成するパーツ画像を分けられないという点と、最近の画像のみという部分がちと弱い。そもそも使われてるんだろか、この変数。アップロードした画像ファイルにはタイトル(キー)が設定できるので、ソコをアレしてナニするとかでインデックス可否を指定できるようになれば、一点目はクリアできそうな気もしないではないけれど・・・今までアップした画像にタイトルなんてつけてないしなー。Y! や、は○なはどうやってるんでしょうね、このへん。


2007/06/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-819.html

ひさびさにすごいモノを見てしまった。生活板経由。


2007/06/04

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-818.html

SEO 済みテンプレートを見て思ったことなど。

サーチエンジン最適化といっても明確なガイドラインがあるわけではなく、その方法はショセツフンプンである。いわく、文章タイトルの重みづけだとか、パラグラフ内よりも見出しの語句を重視するだの云々。その手のウワサのひとつに「重要なキーワードが文章の始めの方で出現するようにするべし」というのがある。では、その「文章の始めの方」とはどこを指すのだろうか。これは 表示された WEBページでの上部であるか否かとは実は無関係なのだ。クローラはレンダリングされたページを見るのではなく、HTML ソースそのものを(たぶん文字コードのまま)読む。見た目のことをいったん忘れてデータファイルの先頭から何バイト目でキーワードと一致したかを考えるべきで、そのバイト数が少ないほど「文章の始めの方」と判定されるはず。

ということはですよ、<body> より前に存在する <head> はできるだけコンパクトにおさえるのが有利ということになるじゃないですか。

実例を上げると、重いと悪評高き(^^)FC2 管理ページトップの <head> 要素内には、スタイルシートとスクリプトが直接記述されており、サイズにして 5.12kb ほどあります。これらを外部ファイル化 → リンクすれば記述は数十バイトで済んでしまい、仮に <body> 要素内に検索させたいキーワードがあるとすると、それら語句を 5000 字分(全角なら 2500 文字)「文章の始めの方」へとかさ上げできるのですよ! FC2 ブログは CSS も javascript も外部ファイルとしてアップ可能なんですから、あとはやる気だけです。変数がらみの場合など、多少工夫を必要とするものもあるけど、実際に CSS や javascript を作るのに比べたら外部ファイル化なんて超簡単な作業です。しかも、この FC2ブログ@SEO は効果が上がらなかったとしても、何ひとつとしてデメリットがない。SEO 済みを謳うテンプレなら、これをやらない手はないと思うんですがねぇ。


2007/06/03

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-817.html

午後起床でアキバ探索。休日のヨド前はそこここで路上ライブが行われており、ギャラリーの 8 割方の人はカメラを持ち(重量級白レンズありコンデジあり、あるいはケータイについてるヤツとか)パフォーマーたちを激写していた。撮っている人は老若男女さまざまであって、もはやカメラは一部の趣味人のものでなく「フツーに生活にとけこんでるんだなあ」と思った。

といいつつコレは特殊な例で、被写体の彼ら彼女らは見られる・露出することが仕事だ。そうでなければ、無断で街中の一般人にレンズを向けるのはご法度である。人格権、肖像権を持ち出すまでもなく、だまって写真を撮られたら誰だっていい気分はしない。相手が何者か、写真が何に使われるのかがわからなければ不安もある。街角スナップ写真で一番むつかしいのは、いかに人間を入れない構図をとるかということかもしれない(もっと建設的に考えたいものだが)。

いっぽう、ペンは仲間内の呑み会で活躍している。簡単操作なのでテーブルの上に置いておくと誰かが何かしら撮っていて、一度でフイルムを使い切ることもめずらしくない。現像から上がってくるとヘンな顔(グッときれいに自然な表情とか)がたくさん写っており、これはこれで面白い。写真を楽しむ範囲というのもさまざまである。


2007/06/01

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-816.html

買い物して代金を払う時に「おつりの硬貨の枚数を少なくしたい」と端数を操作することありますよね?(いつもながら解りにくさ炸裂)。98円のモノを買って 103円渡すみたいな行動。これが 2798円といったような強敵になってくると、黙って 3000円出すけどね。

通勤途中にある自販機コーナー(柿ノ木ピットインと勝手に命名)にはインテリジェンスな販売機があって、500円硬貨を入れて 120円の缶コーヒーをポチっとすると、再び購入可能のランプが点灯する。で、500円+10円 2枚を投入してポチすると、即座に 400円おつりを出してくるのですよ!(もちろんコーヒーも出す)。つまり、使われた硬貨のコンビネーションから、おつりの硬貨の枚数を少なくしたいのだろう → コイツはつづけて買わない、と行動を予測されてる。まあ、そのへんは機械の持ち主が設定できるように設計されているのでしょうけども(返却レバーをいじるまで、おつりを出さない自販機もあるしね)。

今朝も「こーしーブレイクするかー」ってピットインし千円札+20円入れてポチったところ、内臓金庫に 100円硬貨が無かったらしく、チャリンチャリンチャリン・・・って 10円玉群が落ちてきた、延々と(シャレか)。「あーついてない」と思っていたが、実は真の不幸はそんなことじゃなかった。おつりの返却口には飛び出し防止のフラップがついていて、ソレ、内側へしか開かんのよ。中に硬貨が充満してしまうと、どうやってもおつりを取り出すことができにゃーの!ま、店のおばちゃんに説明して事無きを得ましたけど。100円硬貨つり銭切れ警告灯が点灯しているときには気をつけましょう、というお話。


< 05月 | 07月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。