Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/31

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-901.html


2007/08/31

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-900.html

8月も終わりです。よい子のみなさん、夏休みの宿題は済みましたか?――って、オレも今年は何もやってないじゃんかー!と気づいたので、怒涛の追い込みで作ってみました、泣きながら。(後の情報で今年は 9/2 まで夏休みだと知った!)

> たばかるソース

archives.html を使ってエントリのある月のカレンダーを束にして書き出すというカントリーマアム系のネタです。例によって HTML, CSS, javascript がひとつのソースファイルに入ってますので、不用のテンプレに上書きして使ってください。注意点としては、エントリ数が多いブログの場合では処理が重いかもしれません( 900件+5年落ちのうちの VAIO君(メモリ 256MB )では、ちょっと息継ぎしてました。いちおう archives.html は 1000件が上限らしいのでナントカなるかなと)。

うまいこと表示できたら、ブラウザのメニューで [ ファイル → 名前をつけて保存 ] の後エディタなどで開き、テーブル部分を別のファイルにコピペ(あるいはリストとスクリプト部分を削除)して HTML ファイルにしちゃえば環境に依存せず、また、サーバにも優しいアーカイブ表としても使えるかも(ときどき手動更新しなきゃいけないけど)。

まあ、確実にいえることは、テーブルタグを手打ちで書いていたら絶対 2学期には間にあわなかったな、ということで。


2007/08/29

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-899.html

ローラーシフトとかラウンドロビンとかいう戦法で、ようするにグーグル先生に引っかかったページは全部開いてみるわけなんですけど、トイザらスの自転車のメニューは一輪車、三輪車に続いてやっと第三位に自転車があったりして、ちょっと世界の広がりと可能性(たぶん私に一輪車はムリだろう)を感じた。でも、配置の美しさじゃ、一輪車、二輪車、三輪車ではないか?


2007/08/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-898.html

昨日の続き。何でも楽しいという境地には到達していないけど、自分的に知識欲のからむ楽しさを感じるのは、まったく新しい分野に足を踏み入れた時だ。最近でいえばカメラなわけだが――昔、フイルム一眼レフを使ったことがあるとはいえ、オヤジのおさがりのカメラで”撮らなきゃいけない”状況がすでにあったので露出のなんたるかなど気にもしなかった――そんなレベルだったので、絞りの効果ひとつ覚えただけでも凄い達成感のコーフンを味わえる。次に、シャッタースピードのコントロールを覚えれば、知識増加率は 100% である。こんな調子だから面白くないはずがない。だが、ある程度解ってくると、先達の写真の撮影情報のとおりに設定しても同じ写真は撮れないことに気づく。これが上達の証でもあるのだが、そこで「ここまで覚えてきたことは、ほんの初歩だったのだ」と改めて思うのである。知識を増加させようにも、ここからの道は険しく”楽しさ”の度合いも減ってゆく。何でも楽しいと感じる方法とは、新しい分野に移行して常に初心者でいることだ。ひとつのことを極めるのも価値あることだと思うが、自分が楽しいと感じることこそ重要なのじゃあるまいか、特に道楽の世界では。


2007/08/26

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-897.html

なんとなく、このノラナイ気分を分析してみるに、1)今年はニッキソニックが開催されない。2)すっかり治ったと思っていたアトピー(奇妙なんで、この病名でイク)が再発した。3)夏はバテるもの。などが挙げられる。のだが。モチベーションの昇降って、世間一般では外的要因が影響してると考えられているようだけど、結局のところ「やるかやらないか」は内的に最終決定されるものなので、それらは動機付け(メタモチベーション)にはならないのじゃないか?と思ったりもする。「アクセスが少ないから、サイト閉めます」というのと「アクセス少ないから、もっと工夫して人を集めよう」ってケースでは外的要因が同じなのに結果は正反対になる。それは何故か。

とまあ、問題提起はしたもののうまい答えがない。「そんなもの、その時の気分じゃー」と言ってしまえばお終いである。「気分の波すらをもコントロールできてこそ大人」というポリシーを持っているが、あくまでも表面的にやっているだけで、心の襞を見つめれば「やっぱり、つまらないものはどうやってもつまらない」なんて思っている自分がいる。物事には常に両面や多面があって、面白くて楽しい部分だけを選択してゆけ(れ)ばモチベーションが下がるなんてことはない。”何でも楽しいという友人”は、たぶん人一倍「つまらないこと」に敏感な人間で、それらを上手く避ける術を身につけている人なのだろう。と、いったように斜に構え裏側ばかりを見てしまうのが弱気なときの特性で、それはそれでちょっと面白かったりする。


2007/08/22

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-896.html

バージョンアップおめでとうございます。スタッフの方、テスターの方々お疲れ様でした。

管理画面のアドレスをブックマークなどで管理されている方は、お手数ですがアドレスを次の様に変更をお願い致します。
http://blog***[サーバ番号].fc2.com/control.php

とのことなので“Edit This”for FC2(個別記事の編集画面を開くブックマークレット)もアイノリニューしてみました。

> “Edit This”for FC2@新管理

使い方

  1. 上記 URI をブックマークします。お気に入りへの登録の仕方は各ブラウザのヘルプなど参照のこと。
  2. 自ブログの個別記事ページを開いて登録したブックマークレットを実行すると、その記事の編集画面(ニューバージョン)が新窓で開きます。
  3. 個別記事ページ以外ではなにもしません。ログアウト状態の場合ではログイン画面が開きます。

後方互換のためか、?mode=editentry&no=n の旧コマンドが(あっさりと)動くのでこちらを流用しました(短いし)。「なんとなく気持ちわるい」とか「新コマンドの方が最適化されてるんじゃー」という方は、適当に書き換えて使ってください。


2007/08/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-895.html

こうエクセレントなシャレを思いついたときってグーグル先生に聞いてみますよね?


2007/08/21

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-894.html

行き詰るとかスランプってのは出来てる人がなるもので、そもそも明確なロードマップのないワタクシの場合は、飽きがきたってことなんですかね。最近、写真を撮ってません。ファインダーを覗くと液晶に鼻の頭のアブラがついて鬱になるなんてのもひとつの理由。まあ、写真は撮るだけでなく見る楽しみもあるので色々なサイトを巡り、鋭意インプット中です。これも、何かをアウトプットするための大切な儀式なのじゃないかと思う。もう少し涼しくなってきたら、一眼を一台処分して自転車+コンデジにしようなんて画策も。


2007/08/19

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-893.html

2.5 + 1 日の夏休みが終った。もう、この夏は二度と来ない。今日は友人(こういう時だけ)の引越し(自分の方はどうなってるのだ?)に駆り出され(といっても、業者が来ていたのでむしろジャマになってい)た。肉体労働はいい!うなされながら部屋で昼寝してかく汗とは、やっぱりどこか違う。とでもムリヤリにでも思わなければやってられないよ、真夏の引越しなんて。

この友人(ワタクシは常にそう思ってますよ、うん)、離婚をしマンションを奥さんに譲ってのチョンガー返り咲きである。こういう人生のキビ?を試されるの経験がないのでよくわからないのだけど客観的にはどん底イベントだと思う。なのに、本人はさばさば(むしろウキウキ)してる様子なので、道中の車の中で”シングルアゲイン by 竹内まりや”を歌ってやりましたけどね、友人ですから。

一生、ひとりの人を愛する――までいかなくても上手くやっていくとか、同じ所にずっと住む、みたいな長期的約束事って自分には絶対に無理だと思う。まあ、相手がいないので、差し迫った問題ではない(冷静)。結婚に限っていえば、愛情とか包容力も(経済力も?)大切だけど、共同生活を持続するのには、たゆまぬ努力が必要なのじゃないかと思う。その辺がすっぽり抜け落ちてると自己分析している。あと、飽きっぽいし。


2007/08/17

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-892.html

みりばーるさん@てんぽより。いろいろと「らしくないなー」と感じたのですけど、夏バテ?いや、ワシが理解できていないだけですか。みりばーるさんなら、<body> 要素の直下にあたるブロック要素すべてに同じ背景画像を指定して、影(ライン)が連続しているように見せる、ふうなストロングスタイルなテクニックを書いてくると勝手に想像していました。というわけで、このテーマを暗き淵の底より考えるとどうなるか?というネタを一発(氏だとテクニックで、ワシがやるとネタなのは何故)。

> div なしで可変幅の両側にドロップシャドウ

HTML の段階では <div> 要素はゼロです。読み込まれたブラウザが IE かつ CSS が効いていると、いつのまにか二重 div になってるという、夏向きな恐ろしい小技。書いといてナンだが現実に使われることはほとんど無いと思う。そういった意味では、背景画像のための <div> 要素を減らす工夫というのも、あまり受け入れられないような気がする( HTML に書き加えたほうが圧倒的に楽だから)。

今や、ブログツール大盛況のおかげで、ひとつの HTML で複数スタイルを使いまわすことは少なくなってきた。HTML と CSS は 1 対 1 の関係になりつつある。うまく言えないけど、HTML の唯一性が低くなってきているのだと思う。よく解釈すれば多様化か。背景画像のためだけにある(ような)要素というのも、これからは徐々に認知されていくのだろうなあ。


2007/08/16

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-891.html

うちにゴキブリがいないのって「ワシがキレイ好き(掃除はキライ)で、ゴキのエサになるものが無いからだな、フッ」と常々考えていた。ついでに、夏の真夜中とかに蚊に悩まされることもないんだけど・・・って、蚊の好物はあるじゃん?脈々と流れるこの熱き血潮が。とか自己矛盾を抱えていたのですよ(夜撮に行けば蚊にくわれるので、血が不味いという想定は除外できる)。で、この 2 日間、家に居て謎が解けたよ。この部屋は昆虫が生息するには過酷すぎる環境だと。


2007/08/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-890.html

思い出したように、ついビデ検してしまう canon rock で、またまた素敵なプレイを見つけてしまった(と、いってもアップされたのは半年以上も前ですけど)。

タイトルどおりのピアノバージョンで演奏してる方は日本のお嬢さん。なんと、エイティーン!

ギター版カノンロックを聴くと「自分でも弾いてみてぇ」なんて燃えるけど(挫折したけど)、これがピアノバージョンになると「そばにいて、女性に弾いてもらいてー」なんて思いますよね、男なら。打鍵系カノン(& ロック)の映像もいくつか観たけど、この人はダントツにうまい。自分の中から音楽を生み出せる人ってやっぱりすごい。

プラスして「カメラマンが頑張ってるなぁ」と感じさせる「映像作品」にもなっている。多くの”カノンロック”は長回しで完奏テイクを見せる(みたいな暗黙のルールがあると思っていた)のに対して、こちらは編集を入れてストーリー性を持たせている。そののどかなロケーションと褪せた色合いが、なにやら懐かしさを感じさせる仕上がりになってます。あー、山へ行きたい。


2007/08/13

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-889.html

「電車に乗ってまでビアガーデンってのもねー」という協議のすえ、近くの某公園で(花見でも月見でもないのに)外ビールなどしておりました<近況。やっぱり、冷房の効いた店内で呑むのとはヒトアジもフタアジも違う。ビールがどんどんぬるくなっていっちゃうのが難点ではあるが。次の機会には花火など準備して行きたい。


2007/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-888.html

「せっかく夏なんだしビアガーデンでダイナマ大会でも・・・」というステキイベントが伝統ある我がカラオケ部で企画されたので、ちょっと検索してみて驚いた。ビアガーデン(吹きさらしの屋上にあってチョウチンがぶら下がっててステージで生バンドがハワイアンとか演奏してるヤツ。あくまでもイメージ)って県内じゃ大宮高島屋くらいしかない。10 年くらい前なら市内にも数軒はあったのに。東京まで出ればデパ屋ビアガーデンが結構みつかる(って 2006 年のデータだったが)。いにしえの屋上ビアガーデンってめっきり少なくなっちゃったのね。寂しいかぎり。


2007/08/09

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-887.html

自転車が欲しかったんだが(略)成り行き上、車メ板でコンパクトカーをチェックしてる日々である。そこの”イスト”スレで拾ったネタ。かなりの破壊力があるので、心の準備をしてから見ましょう。

サンプルページを開くと問答無用で画面いっぱいに某トヨタの某イストが降って来る・・・というブログパーツらしい。うちの環境じゃ、そこで読み込みが止まっちゃってるのかなんだか知らないけど、絵を消せもしないし、下レイヤ(ブログ本文やリンク)にアクセスもできなくなる。後は「ふーん」つって閉じるだけ。

さすがにここまでヒドイと多くの人も気づくだろうけど、ブログを読みにいってこの手のパーツが役にたった経験は皆無である。実は、なにやらよくわからん重いパーツを付けられたおかげで購読をあきらめたサイトもあったりする。まあ、一種のフィルタとして機能してるのかもしれないけどね。ブログパーツてんこ盛りの人は、何を見せたくてブログをやっているのか考えてみて欲しいのだよ、回線弱者としては。


2007/08/08

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-886.html

テンプレ作ってエントリ入れず。


2007/08/07

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-885.html

新開発低燃費エンジンの搭載も影響してるのかもだけど、デザインがよければ車は売れるってことの証明か。マツダは時折エポックなデザインを出してくるメーカーだ(笑)。といっても、奇抜さ狙いや二番煎ではなく、純粋に面のつながりが美しくてユニセックスなイメージの車を作ってくる。このイメージは乗り手ターゲットどころか、シチュエーションにおいてあてはまり、チョイ乗りでもハイウェイクルーズでも、あるいは、峠をシャカリキに走っていても(街角にただ停まっていても)絵になりそう。デザインが機能を表しているとすれば、新型デミオはオールマイティな車といえるのでは(リンク先の写真はテッチンホイールだけどコレがまた妙に似合っている)。惜しむらくはワシが「お金貯めてコレ買おう」とする頃には、このデザインではなくなっている(だろう)ということ。定期的なスケジュールでやるのではなくて、デザインの耐性をみてモデルチェンジは行われるべきだと思う。


2007/08/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-884.html

いつでも真剣勝負!な方は花火 撮り方 - Google 検索を読んでいただくとして、お散歩カメラ的花火の撮り方など。花火写真は光の軌跡を撮るため、どうしてもスローシャッターになり、ブレ対策として三脚が必須である。のだが、お散歩カメラマンはそんなもん持ってない。そこで、タオルを一本用意して(首に巻いておくとオサレ)それで代用するのであった。

  1. まずは、夜空に咲く花火をしばし愛でる。「タマヤ」などと叫んでもよい。
  2. その間に、ターゲットの仰角と広がる範囲、打ち上がってから消えるまでの秒数を記憶する。
  3. タオルを頑丈な台(ワシは車の屋根を利用した)の上に広げ、仰角に合わせて傾斜がつくように折りたたむ。
  4. おもむろにカメラを取り出し、カタパルト風タオルに設置。
  5. ピントは一度フォーカスしたら AF を解除(カメラによってはできないかも)、SS は記憶した秒数より 1秒ほど長め、絞りは適当(撮影後にプレビュしながら調整)。
  6. タイミングを読んで、打ちあがる前にシャッターを開く。閉じるまでカメラに一切触れない。

レリーズ時のブレを「まだ被写体がない」ことで防いでいる(イヤ、防いでないんだけど写らない)。デジタルならではの「数をこなす」ことで「うまく撮れてたらラッキー」という作戦。マジメに写真に取り組んでる人が聞いたら怒るかな。来年の花火までには三脚を買いたいと思います。


2007/08/05

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-883.html

暑中お見舞い申し上げます。

HA-NA-BI

花火大会@草加公園より my nine の待ち受け用に切りだしたる一枚(ワシとおそろの壁紙にしませんか?)。もっとゴーカなケータイなんだけど・・・という方は 480x640 をどうぞ。


2007/08/03

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-882.html

daniel 氏の夏休みの自由研究より。<img> 要素の width/height 属性の指定有無で描画スピードが変わるか?という実験。いちおう、うちは最速コンテンツ表示研究会を(今はじめて)名乗ってるので興味のあるテーマであります。

現実的には WEB ページの重さとは、ほとんどの場合転送量(回線速度xデータ量)を指していて、width/height 属性はそれらには影響しません。ブラウザが DL あるいはキャッシュしたデータをレンダリング(描画)するさい、キャバス上にそのイメージのスペースを確保するのに都合がよいから width/height 属性の指定が推奨されているのだ、と想像してます(この確保なしで描画を始めちゃうと画面がカクカクして読みづらいし、じっとしていないテキストリンクほどポイントしづらくてイライラするものはない)。イメージエリアが確保されていれば、その後のテキストまたは他の要素の位置も確定するのでユーザは他の作業(読みとか)に時間を使える。結局、この「待たされるか、否か」がスピード感(覚)に影響しているのだと思う。昨日の日記にも連動してるけど、こういうことをたまに考える。短い 1分もあれば長い 1秒もあるのが時間の面白いところだ。

余談だが width/height 属性がレンダリングのためだけにあるのだとしたら、HTML の理念からははずれた感がしなくもない。というか、そもそも文章には”イメージ”という要素はない(ついでに言えば”段組”も”メニュー”もない)。ないものをマークアップするのだから、どこかしらに歪みはでちゃうのである。ま、便利だから使いますけど。


2007/08/02

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-881.html

「光陰矢のごとし」なんていうけど、歳をとるにつれ「マジ、時間が経つのが早い」と感じることしばし。ある時期を境にしてテレビをほとんど見なくなった。小説や映画もここ一年ほど触れていない。自己分析するに、それらから新鮮な驚きを感じられなくなった、というような優等生向きな答えも浮かんだのだけど、それって”新しいものセンサ”が鈍くなってる証明のような気もしないではない。というか、経験から事象の因果関係(うまい言葉が思いつかない)のパターンサンプルが自分の中にある程度蓄積されて「これは新しい!」というものを見つけるのが難しくなってきたのかもしれない。刺激のない、いつかどこかで経験したことと似た一日や、文章や、会話が多くなってくる=表面だけですべるように過ごしてしまうので時間が経つのが早く感じるのかも。


2007/08/01

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-880.html

リンクしてみて気づいたのだけど、大見出しに入っている~ザ・コン自体も閉店か!?が文章タイトルには入ってない(笑)。ま、情報の出所がアレですけど。ラオックス・ザ・コンピュータ館といえばアキバ PC ショップの中心的存在で、ワタクシもかれこれ 20年くらい前にここではじめてパソコンというものを買いました(以後、いくら注ぎ込んだか思い出すのもコワイ)。ミナミ無線が撤退した時もある種感慨深かったけど、いまや家電のひとつですからねえ、パソコンも。大型専門店って苦しいのかな。でも、ザ・コンだけはいつまでも生き残っていてほしいものです。


2007/08/01

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-879.html

夕焼け雲

月が変わったら、パソコンの外付け HD に”200708-n”というディレクトリを切るのがワシの整理法というか流儀で、かれこれ 10 年分ほど謎なファイルが蓄積されつつある。ブログは、新しいカレンダを自動で作ってくれるという点だけを取り上げてみてもとても便利だ。さて、そのニューディレクトリには、日記の下書きやら加工中の写真やらブックマーク(インターネットショートカット)なんかが一緒くたに放り込まれるので、後の検索性などがあまり良くない。なんか、この辺も我がブログに似ているような気がする。よーするに見通しというか設計があまいわけ。

閑話休題。仕事帰りに見た空がちょー焼けていて「これは撮らねば!」と急いで帰宅、カメラを持ち出して空を大きく撮れるポイントへと向かう。でも、この数分のタイムラグで夕焼けの表情って変わっちゃうのよね。E-410 は世界最小デジタル一眼レフだぜといっても、いつでも一緒というわけにはいかない(特に仕事場には持って行きづらい。サボっている時に、手にカメラを持っているのといないのでは上司の印象も変わってくるだろう)。やっぱり、車の中に常駐しておけるコンデジが欲しいなあ。今年の目標は「年内に引越し」と「もうカメラは買わない。年内は」なのだけど主語を入れ替えてもいいでしょうか。


< 07月 | 09月 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。