Harukiya Archives

--/--/--

category / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/02

category / diary

名鏡恵さんがWordのアウトライン表示って使いづらいよねという続編をアップされたので、ふたたび考えてみました。

書式として間違っているか否か、ということは私はあまり意識しておらず、自分の感覚と、ドキュメントの情報を伝達するという目的の達成について考えています。

書式として間違い云々と書いた僕が軽率でした。その前段については、名鏡さんが違和感を感じる部分について自分は感じないという一意見なので、正誤ではなく人それぞれの感覚ということで了解してください。あらためて、違和感のない理由として説明部分を省略したものが最初の例文になるというのが僕の考えで、前エントリの主旨でもあります。

技術的な文書であっても文章である以上は、根源的な性質が変わるわけではないと考えています。思考や事象を文字に置き換える場合(抽象化でいいのかな?)すべてを記すことは不可能なので省略されたり捨てられるデータがあるはず、と思うのですよ。というか、脳内から必要な部分だけを拾い出してシーケンシャルに並べ替えて出力することが文章化(や言語化)という作業であると。ネタを日記に書くのでもマニュアルやチュートリアルのドキュメントを作成する場面でもこの前提は変わらないでしょう。

それら出力されない部分と、その箇所がどこになるかは筆者の意図や構成力により変化するものだと考えます。えー、かしこまってると何を言ってるのかわからなくなってきました(この程度の構成力です)。ぶっちゃけ、すべての文章には「ここまで書かなくても解るだろう」というラインが必ず存在するのです。それを感覚的に、どこまで許容できるかが前回のテーマでした。

ドキュメントの構造についてもひとこと。見出しというのは、文字通り視線のジャンプ先です。つまり、その間や後に続く文章をスキップする/されるための要素とも考えられます。流し読みの場合や検索・整理する状況では有効ですけど、(あますことなく)情報を伝達するといった能動的な目的の文章デザインには不向きでないか?と思うこともあります。かといって代案があるわけじゃないんですが。このあたりの皆さんの意見などうかがってみたいです。

関連

スポンサーサイト

writeback

  1.  


< 理由なんてないの | ポワポワ > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。