FC2ブログ

Harukiya Archives

--/--/--

category / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/06

category / diary

「見出しの後」シリーズ。前回の(データ)構造についての話は、名鏡恵さんにとって”釈迦に説法”なのじゃないか?とドキドキものだったのですけど、今回アップされた『見出しの違和感は構造ではなく実用性から』で文章構成の話題にシフトしたので多少気が楽です。ひとつの意見として読んでください。今回は常連さん(と想像している方々)にも興味ある話になると思います。いちおう今までの流れからの僕の意見は

さらに、大見出し小見出しへ間の地の文の有無はどちらも OK の立場です。名鏡さんの違和感はおかしい、という考えはありません。不安要素(笑)は僕が”技術的文章”というものにふれたことがない(電化製品の取り説レベルを想定して記事を書いている)ことでしょう。

一番小さいレベルで文章を読んでいた読み手が、内容に少し気になる点を見つけたとします。その読み手は、自分が想定しているのとは違う何らかの暗黙の前提があるのではないかと思います。そのとき、その読み手は、そのレベルで文章を読むのをやめ、自然に一つ上のレベルの見出しを探すでしょう。

自分もたぶんそうします。レベルが上がった時に、事前では見出しだったものが本文の代替になるよう文章を構成(大小見出しの内容を吟味)すれば解決するのではないでしょうか。最初の例文を中レベルで読むと

1. 紅茶の種類

のようになり、これだけでも文章として成立していると思います。どういう分類の方法かという情報(筆者がもっとも重視している)が不足することを懸念するなら

1. 産地による紅茶の分類

あるいは

1. 紅茶の分類

でも良いと思います。

これは我々が目にしているブログのカテゴリと同じ形式ではないですか。メニューバーに”Categories”という見出しがあり(この文言の良し悪しはおいといて)それに続くカテゴリ分けが適切で項目名を上手につけている、また付加情報となる、項目の順序づけや投稿数を表示(構成)しているブログでは、その部分を読むだけでサイトの特色や方向性、あるいは自分の必要とする情報がありそうかどうか、まで読み取れます。もちろん、”Categories”という見出しの後に「主に××や○○について言及しているブログです」のような説明書きがあっても僕はまったく違和感はありません。が、項目(=カテゴリ単一ページでは見出し。この時に見出しのレベルの変更が起きる)の内容の方を重点的に読みます。

大見出しが次の大見出しが出てくるまで続くというのであれば、そのレベルで考えたい場合は、その範囲のすべてを眺めながら考えなくてはならないことになります。しかし、次の大見出しは100ページ先だったりするということもありえます。

僕が筆者の立場だったら、中間になんらかの分類を設け、大見出し間の長大化を回避するように構成します。これも長く続けてログが膨大になってしまったブロガから「サブカテゴリが欲しい」という要望がでる現状が例になると思います。そう構成した方が情報を伝達するという目的の達成がしやすいと考えている、または直感的に知っているのではないでしょうか。

まとまりませんがムリヤリまとめます(^^)。これらのニーズにこたえることができるのは見出しの直後の地の文以外にありえません。この名鏡さんの意見は真であり偽でもあると思います。見出しの直後にあるべき地の文と等価となる内容を持つ小見出し(群)を作り出せれるのならば、本来あるべき地の文は省略されても情報の伝達は可能だと僕は考えます。また逆に、地の文を充実させるのにも文章であるかぎり限界があります。地の文だけでは理解不能な読み手の存在も 0 ではないでしょう。これは確かに構造の問題ではなく製作者の構成力や筆力に依存するものです。なので、僕にはムリかも・・・でも明日は少しでもましになろう・・・というあたりをオチにしつつ。

関連

スポンサーサイト

writeback

  1.  


< 武士の情け | 解っていないことは解ってる > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。