Harukiya Archives

--/--/--

category / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/22

category / web

ネットでの実名・匿名・コテハン、どれがいいかという話。

WWW について言えば、参加者は実名のみを使い、所属や経歴があきらかでない者は排除するコミュニティというものがあっても全然構わないと思うし、名前はおろか肩書きも後ろ盾もいっさいなしのコンテンツ一本で勝負する場があっても良いと思う。共存できないわけではないし、それらを許容する程度の広さが WWW にはある。まあ、正直な話「どれでもいい、色々あった方が面白い」ってのがワタクシの意見なのですけど、「どれにするか」を選ぶのは自分自身で考えて決める=自己責任、というのが大前提になってくるのじゃないかと。

そもそもネットであろうが現実社会であろうが、悪意を持つ者というのは一定の割合でいる。そういうものだ、という事実をまず認識しておかなければならない。もうひとつ、犯罪者を法で裁くというのは事後処理を指してるという点も考慮のポイントになるだろう。これは抑止に繋がるというメリットも考えられるが、犯罪防止には力不足である(現に実社会での犯罪がなくならない)のも、また事実。

ところが、著作権問題の時にも書いたけど WWW には被害者も加害者も出さない方法というのがあるんですねえ。それは「どう扱われても構わないものだけをアップする」(ちなみに、クオリティの高低とは無関係)という非常にシンプルなルールを厳守すること。「中傷コメント」や「パクリ」「素通り」などなどすべての反応を想定の範囲に含めてコンテンツを作ってゆけば、それらは被害とはならない。そういう点からかんがみて、デリケートな扱いをしていただきたいワシのプロフィールや身体的欠陥や性癖はこの日記に書かれていないのです。法律に頼る前にまず自律。

スポンサーサイト

writeback

  1.  


< みゆき節 | 実験場より > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。