FC2ブログ

Harukiya Archives

--/--/--

category / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/20

category / Blog

麻生(阿檀)さん@ブログで小説!より。結論から書いちゃいますけど、FC2 ブログの例のシステムが、例えば「ユーザーズ・テンプレーツ」なんていうネーミングだったとしたら過去のエントリはなかったでしょう。「共有テンプレート」とはこういうものだろう、というのが主題でしたので。

まずは誤解されているのでは、という部分の説明を。アダルト禁止規約無効などについて個別に考えたことはありません。FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できるという条件を満たしていない共有テンプレートは「全部ダメ」というのが僕の論旨です。テンプレートであることまでは否定しませんが。

sug氏はこの公式マニュアルの一文をもって、FC2が共有テンプレートを「ユーザや使い方に制限を設けてはいけない」と定めている、と、解釈なさっていることがわかる。

ユーザや使い方に制限を設けてはいけない、というのは「共有」という―― FC2 ブログが出来る遥か以前からある――概念で「共有テンプレート」はそれを継承した仕組みだと捉えてます。なので、公式マニュアルの一文の方が従であって、この文言の有無は僕の解釈に影響していません。「ま、FC2 側も同じ理解なのだな」という補強や再認になるとはいえるでしょう。

法律にはうといのですけど、第六十三条  著作権者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができる。という一文は、利用を許諾しないことも可能で、それは著作権者の自由意志で行える、という意味ではないのですか?この案件では、その意志決定の条件としてFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用云々があるだけなので、テンプレートを持っていたとしても「利用して欲しくない人がいる」あるいは「簡単には使わせたくない」、だから共有しないという手段が著作権者の前に常に提示されているはずです。

これらを読み合わせると、公式マニュアル「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できる」と規約「共有テンプレートの著作権は共有テンプレート作者に帰属」は矛盾する。

FC2 ブログの掲げる条件に同意して自分の意志で登録する以上、矛盾は起きません。

また宣伝をかねて wreathe の話を書く。 wreathe は共有テンプレでFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できます。で、作者も完成度も愛着も、ほぼ同レベル(当社比)なテンプレである現在使用中の minimal2 を「春木屋愛読者、かつ日記書きの 20~30代の女性限定」(誰もが使えるわけではない。というか該当者がいないだろ)という規約付きで、このエントリでソースを配布したとします。どちらにも矛盾も問題点もないし、また、著作権は両方とも僕にありますね?数学の場合なら両項が同じものは整理できるので、作者や完成度や愛着や著作権は消せます。同じテンプレなのに、フリーであったりシバリガチガチな物があったりする。それは何故でしょう。

利用規約というものは「どのような仕組みで」あるいは「どこで、どのような範囲に」適用するかに関わる属性なのです。WEB に限らず、やたらと規約が提示してある場所を思い浮かべると共通点があることに気づくでしょう。著作権とのみ結びついていると考えてしまう人はその背景や本質を見落としているのじゃないかな。

FC2 ブログ共有テンプレートは各ユーザ全員が見られる管理画面を通して配布されます。ここ以上に「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単」に適合する場所はありません。そしてここで提示するからには、目にした人すべてが利用できるようにお膳立てが整っている必要があります。そのための条件がFC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できますであり、「共有テンプレート」というネーミングにこめられた想いなのだ、と僕は考えています。

最後に。自分の管理画面なのに自分には使用禁止、「使えない」でも「使わない」でもない、「使ってはいけない」と書いてある。そんな機能があったとしたら、あなたはどう思いますか?また、その機能にふさわしい、あるいは不釣合いなネーミングとは何ですか?

関連

スポンサーサイト

writeback

  1. 麻生(阿檀) :  
    >FC2 ブログの掲げる条件に同意して自分の意志で登録する
     これがまさに大事です。《FC2》がもしも、「FC2ブログのユーザーなら誰でも」使わせる仕組みとして共有テンプレートを運営しようとするならば、その条件を共有テンプレートの作者が「必ず」読む場所に「掲げる」必要があります。規約は、登録のときに「必ず」読むことになってます。でもって「本規約の内容は、《FC2》BLOGの都合により、利用者への通知なしに変更されることがあります。利用者は、本サービスを利用する度、本規約内容を確認し、承諾することとします。」とも書いてあります。全ユーザーが更新のたびにほんとに読んでるかどうかは別として、「読んでなかったから知らなかった」という言い訳は効かないつくりになっています。
     規約でなくても、登録ガイドラインなら、登録のときに目に入ります。

     ところが公式マニュアルを「必ず読め」という規定はどこにもありません。実際、私もあの充実したマニュアルの隅から隅まで1字ももらさず読んでるか、と聞かれたら、申し訳ないけど読んでないです^^;

     しかし「共有」テンプレートという名前だ!とおっしゃりたいのかもしれませんが、これがただのネーミングなんだか、共有という語に厳密な意味があるのか、そのあたりは曖昧です。

     誤解しないでいただきたいのですが、《FC2》へのメールに書いたのは、「誰でも」使わせる制度がケシカランということではありません。「誰でも」使わせるなら、規約にそう書けってことです。《FC2》には、制度をどう運用したいか決める権利がある。でもそれは、共有テンプレート作者とのコンセンサスじゃなきゃいけない。

     「誰でも」使わせるなら、「共有テンプレートの著作権は共有テンプレート作者に帰属」とだけ書いておいてはダメなのです。

    http://kisekae.blog3.fc2.com/blog-entry-282.html
    に、一人のテンプレ作者さんが、Jに決別したときのJ規約が載っていますが。

    >本サービスにおいて利用者が作成したテキスト、画像、および動画の著作権は作成した利用者に帰属します。ただし、利用者は、本サイト及び弊社が単独で若しくは第三者と共同で運営するその他のウェブサイトの運営の目的に限り、弊社に対して対価の請求をすることなく、以下に定める権利を弊社に対して許諾することを予め承諾します。(中略)利用者が投稿したブログ等の全部又は一部を複製する権利、公衆送信する権利、編集する権利、改変する権利及び翻案・翻訳する権利

     こういうふうに、著作権の「権利の束」のうちから、「ここまでは、ウチにおくれ」と抜き取る「宣言」をして初めて、「条件を掲げた」ことになります。《FC2》にはそれがありません。-21日03時
  2. 児島の仙人 : コメントすると長くなるので記事にしました。
    TBを受け付けていらっしゃらないようなので、URLを示します。
    http://sennin1002.blog119.fc2.com/blog-entry-4.html-21日11時
  3. マス : いらっしゃいませ、おふたり。
    プライベートが忙しくなる(明日、新しい部屋の鍵がもらえる^^)ので、コメントで失礼します。そのうち続記事も書きます。

    麻生(阿檀)さん
    >これがただのネーミングなんだか、共有という語に厳密な意味があるのか、そのあたりは曖昧です。
    FC2 側から回答が来ないのなら、自分たちでこの辺を考えてみませんか?「法律にはこうある」というのもひとつの示唆でしょうけど FC2 ユーザの 20% 以上は外国籍の人々です。もっと WEB 全体でも通用するようなシンプルなルール、または概念が欲しいと思うのは僕だけでしょうか。

    あと「アダルト禁止規約無効説」というのを僕は一度もとなえていません。ひとつお願いがあるのですが「sug の主張は、さらに極悪な『禁止系規約すべて無効説』である」とエントリの隅にでも書き加えていただけないでしょうか。誰かを差別することが嫌いなだけで、アダルトブロガだけを救おう(おぉ大上段)とエントリしているわけではありませんので。差別しない代わりに、僕の共有テンプレがギョーカイの著名人や(万が一)よんどころないお方に使用されたとしても一切の優遇もしません。誰をもひとりのユーザとして平等に扱います。

    児島の仙人さん、はじめまして。
    >その「概念」は、単にあなたの「思い込み」にすぎない。
    たしかに、そう言われると自信がありません。

    Windowsの「ファイル共有」の例えは面白いと思います。ただし、僕とは立ち位置が違います。児島の仙人さんの視点はスパーバイザー(管理者)からのもので
    >きちんとアクセス権限を指定したり、パスワードをかけたりして、「特定のユーザー(グループ)や使い方」の範囲に限定して「共有」されることの方が多い。

    とおっしゃっています。
    この”特定のグループ”というのが僕の言う FC2 ユーザ全体を指しています。なので、僕の”ユーザ”という視点は内側からのものです。内側から見た場合、グループ内で共有しているファイルは、その中のユーザや使い方に制限はないという点をもって僕達の認識に矛盾はないと思われます。
    「共有」の概念と FC2 の「共有テンプレート」は全く同じものではありません。それで”「共有テンプレート」はそれを継承した仕組み”という表現にしました。

    >すでに利用規約の付けられた共有テンプレートが多数登録されている現状から判断すると、「共有テンプレート利用者の共通認識」であるとは言い難い。

    ですので、危機感を感じて問題提起のエントリをしてみたわけです。

    >「共有」のあり方を限定し、従わないものを排除するような考え方は、その本来の趣旨から外れているような気がしてならない。

    ダブルミーイングでしょうか。
    共有しようとして見せかけて、そのじつ共有を許さない。規約を設け、それに従わないものには著作権を振りかざしてでも排除しようとする。現在の共有テンプレが抱えている問題そのものを表しているような気がするのですが。

    >そうそう、あなたの「例」にピッタリの名前を見つけました。その名は、「Microsoft Windows」(笑)

    これは Microsoft Windows がオソマツな OS という意味で良いのですよね?
    つまり、管理画面をオソマツにしているのは「使ってはいけない」と書き込んだ人間がいるからなのです。この勝手な”利用規約”がなくなることで、もうちょっとマシなオペレーションが行える使いやすいサービスになれば良いなぁと思います。
    -21日20時
  4. マス : 「共有」云々はひとまず(/ ̄▽ ̄)/オイトイテ ちょっとした思いつきなんですけど・・・

    テンプレ供出者がユーザに対して規約をつけた場合
    1)規約が破られてしまった。
    → 供出者(Lose)- ユーザ(Win)

    2)規約を尊守すると自分の使いたいテンプレが使用できない。
    → 供出者(Win)- ユーザ(Lose)


    テンプレ供出者がユーザに対して規約をつけない場合
    A)使って欲しくないものは供出しないので使われることはない(確定)。使いたくないものは使わなくてよい。
    → 供出者(Win)- ユーザ(Win)

    B)使って欲しいものを使ってもらえる(可能性がある)。使いたいものはすべて使える。
    → 供出者(Win)- ユーザ(Win)
    -21日20時
  5. 麻生(阿檀) : 夜の8時に巣に帰ってそのまま寝てました。腹が減ったらしくさっき目がさめました。ケダモノ的生活な感じの麻生(阿檀)です。

    1.「アダルト禁止規約無効説」については
    http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-223.html
    に付記しました^^

    2.
    >テンプレ供出者がユーザに対して規約をつけない場合
    >A)使って欲しくないものは供出しないので使われることはない(確定)。使いたくないものは使わなくてよい。
    >→ 供出者(Win)- ユーザ(Win)
    「アダルト以外の人だったら使ってほしいのだけれど、アダルトに使われるカモシレナイのだったら、あきらめよう」と、共有供出を断念する場合、「Win」なのでしょうか?

    3.日本語の意味にちょっと自信がなくなってきました。
    共有という語に関しては、「友人と車を共有する」「夫婦で資産を共有する」という使い方をすると思っていたのですが。sugさんは「みんな」の所有という意味あいを入れていらっしゃいますか? 私個人はそういうときにはkyouyuuではなくてkouyuuを使っていたのですが。-22日07時
  6. 児島の仙人
    > これは Microsoft Windows がオソマツな OS という意味で良いのですよね?

    違います。

    Windowsは確かにバグも多く、トラブルも絶えませんが、Microsoftはきちんと対応しています。「オソマツなOS」なら、これほど普及することはなかったでしょう。

    Windowsの設計思想には、「余計なところには触らせない」というものがあるように思います。
    デフォルトでは、システムドライブや、Program Files や Windows フォルダの内容は表示できないようになっていますよね?


    > 「使えない」でも「使わない」でもない、「使ってはいけない」と書いてある

    それは、それ以上はメーカーとして責任を負えないという宣言であり、同時に、無用なトラブルからユーザーを保護したいという姿勢の表われだと思います。

    それでも使いたいなら、自己責任でどうぞ!(はぁと)



    Microsoftの例を引くまでもなく、規約というのは、自分自身の責任範囲を明確にし、不当な要求から自らの身を守るために必要なものであると考える。

    独自規約を認めないと言うことは、作者の「自衛権」を剥奪することになる。
    では、それに替わるものをFC2は用意できるというのか?
    あるいは、「裸」にならなければそこに参加することは許されないのか?
    それが望ましい姿だと、FC2は考えているのだろうか?


    私は、「共有」の場から「規約」を排除することに危惧を覚える。

    私は、「共有」とは、コミュニケーションの場であると思う。
    そこに作者の想いを読み取り、共感した者が使う。場合によっては、作者との交流も可能となる。
    そのためのツールが、「情報」であり「規約」であると思う。


    一方的に配布するだけなら、「公式」で構わない。
    単なる「リンク集」に成り下がった「場」に、魅力は感じられない。
    そのような方向を求めるのであれば、FC2は多くの貴重な資産を失うことになるのではないか?-22日11時
  7. 麻生(阿檀) : 共有という言葉について、もうちょっと調べたりしてみました^^
    http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-226.html-22日23時
  8. マス : おはようございます(まごうことなき朝です)
    リンク先のウィキを読んでみました。リードにある文
    >共有(きょうゆう)とは、所有権などある一定の権利が複数の主体によって支配・利用されている状態のこと。
    僕の思い描いている「共有」とほぼ同じです。
    ***

    以下、まとめレス失礼します。

    麻生(阿檀)さん
    >付記しました^^
    お手数かけて申し訳ない^^

    >私個人はそういうときにはkyouyuuではなくてkouyuuを使っていたのですが
    えーと「共有テンプレート」とはいっても「ココログ」や「はてな」とは共有していませんよね?共有ってのには、明らかに範囲があるのですよ。” FC2 ユーザ”なら誰でも、と範囲が広大すぎるので端っこが見えないんですけど。

    >「夫婦で資産を共有する」という使い方をすると思っていたのですが
    「FC2 ユーザ同士でテンプレートを共有する」ですから、僕と麻生(阿檀)さんの言葉の解釈に違いはないと思いますよ。

    >「アダルト以外の人だったら使ってほしいのだけれど、アダルトに使われるカモシレナイのだったら、あきらめよう」と、共有供出を断念する場合、「Win」なのでしょうか?
    この疑問はかなり本質に迫っていると思いますね。ここをもっとよく考えて、新しいエントリを書いてみます。すぐにはムリですけど、ながーい目で見守っていてください。

    児島の仙人さん
    違いましたか!読解力のなさをヒシヒシと感じております^^。
    でも(奇跡的に)、話が繋がっているのでこのまま行きますね。

    >Windowsの設計思想には、「余計なところには触らせない」というものがあるように思います。
    具体的には「このボタンを押してはいけません」と表示されているよりも、そんな機能のボタンそのものが存在していない方が、インターフェイスとしてはエレガントだと思います。
    抽象的な例では、「問題が起きた時のために対処法が用意されている」よりも「問題自体が起きない・起きにくい」デザインの方が設計思想としては遥かに秀逸で高尚です。

    >独自規約を認めないと言うことは、作者の「自衛権」を剥奪することになる。
    >では、それに替わるものをFC2は用意できるというのか?
    これが成立する状況は、FC2 側が「作成したテンプレートはすべて『共有テンプレート』に供出しなければならない」とした場合ではありませんか?現状では共有への参加は作者側の自由とされているので自衛の手段は用意されています。
    自分的には、リアルでも仮想空間においても、個人情報を悪用される・不本意な使われ方をされるのを防ぐ(自衛する)もっともポピュラーな方法は公開しないことだと思っています。
    http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-772.html

    >私は、「共有」の場から「規約」を排除することに危惧を覚える。
    もちろん、そういう考え方もあってしかるべきで、児島の仙人さんはその方向で論を推し進めて欲しいです。
    「規約」OK な状況を想像しますと、妥当な「規約」と不当な「規約」を線引きする必要があると思われます。また「規約」が効力をもてばもつほど、それを利用して私益を得ようとする(正当な商取引であっても、詐欺まがいな行為でも)人が出てくることが予想されます。
    「ある人の規約は通るのに、私の規約はダメだって(泣)」のような供出者間での格差を生む新しい問題や、「テンプレは無料だけど、オプションの代金を請求された。規約にも書かれていたし、払った方がいいの?」みたいな問題を解決する、あるいは起こさせないエレガントな設計思想を期待しています。-23日08時
  9.  


< ××付き | 人生に最適解など無い > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。