Harukiya Archives

--/--/--

category / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/24

category / diary

僕が「共有」という言葉からイメージするものは多々ありますけど、最も強く感じるのは「自由」です。同様に「規約」や「法律」から連想するものは「圧力」です。これらは相反するものではなく、また善悪で評価するものではないということも理解しています。自由は一歩間違えれば無責任になりますし、圧力が歯止めになり何かを守っているケースもあります。で、ここからが皆さん受け入れがたい、ようするに論点になるだろうと思われる「俺ルール」を書きますが、「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」という信条が僕にはあります。ただ、いくら相手の自由を認めていたからって、一方的にこちらが侵害されることはありえます。また「相手の自由を侵す自由はないのか?」みたいなテツガク的な問いもあるでしょうが、その辺は、そういった状況になった時に考えよう(殴)と思っております。

「ですます調」が疲れてきたんでい通常モードでイク。「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」これはシンプルに言っちゃえば「対等」とか「平等」という意味である。「共有」「自由」「平等」・・・なにか、とてつもなく青臭い理想論をぶち上げている気がしてこっぱずかしいが、少なくとも実社会よりは WEB という場所の方がこれらを語ったり実現していくにはふさわしいと思う。人は生れ落ちた時にすでに社会という(あまり自由ではない)システムに組み込まれちゃってるけど、WEB は参加する・しないというスタート時点からして自由かつ平等に機会が与えられているし、嫌気がさして止めるのもこれまた自由だ。

ようやく「平等」にたどり着いた(ただし「俺ルール」が前提となっていることを忘れてはいけない。この先というか、うちのエントリ読む場合は常にツバをべっとりと眉に塗っとくように)。麻生(阿檀)さん@ブログで小説!での意見

私は、WEBを富ませる人のほうが、WEBで大事にされるべきだと思っています。つまり、なにかを作りだせる人。

心情は理解できます。それでも、僕は、テンプレ製作者もそのユーザも平等であって欲しいと思うのですよ。確かに作られなければそれは無いのと一緒ですけど、使う人(ユーザ)がいなかったら、やっぱりそれは無いのと一緒じゃないですか?大事にされる=優遇ではなく、感謝することで作者にお返しとするのではマズイでしょうか。いったん優劣をつけちゃうと DL 数10000 の作家と DL 300(ワシね)のテンプラーでは DL が多い方が大切ということになりかねません(真実味ありすぎ。ああ、オレを引き合いに出すんじゃなかったー。とまあ、ジョークは(/ ̄▽ ̄)/オイトイテ)。FC2 ユーザ同士で共有しようというテンプレートに「誰々は使って良いけど、お前は使用禁止」と書いてはいけない、と僕が主張するのも同じ理由からなのです。


以下、私信。さて、平等というと思い出すクイズがあります。

結構、有名(名前はあるのか?)なクイズなので知っている方もいると思われます。答えは

  1. ベンが納得のいくまでジュースをビンとコップに二分する
  2. 先にルーシーが自由に選ぶ

これで、双方しあわせになれるというイカスやり方です。この方法のミソは等分でなくても構わないというところなんですね。お互いが納得できれば OK ということ。

「アダルト以外の人だったら使ってほしいのだけれど、アダルトに使われるカモシレナイのだったら、あきらめよう」と、共有供出を断念する場合、「Win」なのでしょうか?

例えば、ベンがルーシーに好意を持っていて、わざと片方を多くすることもできます。ルーシーが多い方を取ればベンの取り分は少なくなってしまいます。でも、彼はしあわせですね。逆の思いなら、とことん考えて自分が損をしないように分けるでしょう。そうしたところでルーシーが不幸せになるってわけではありません。分ける側が誰の思いを重視するかによって過程が違いますが結果は不変(Win - Win)です。こんなんで、答えになるでしょうか?

スポンサーサイト

writeback

  1. 児島の仙人 : う~ん。ベンが「分ける」側を選んだ時点で「平等」といえるかどうか?
    ベンによって「仕組まれた自由」な選択肢のうちから、「一方を選ばざるを得ない」状況に置かれ、自らの気持ちを「試される」ルーシーの立場に置かれたとしたら、私は自分の気持ちに正直な行動を取れるかどうか、自信がない。
    更に言えば、ルーシーには、「両方取る」あるいは「どちらも選ばない」という選択肢は用意されていない。。

    「平等」という名の下に、自らの意思を封印され、見せ掛けの選択肢に隠されたレールに導かれ、不本意なまま「自ら選択」させられることが、「Win」と言えるのだろうか?


    「嫌気がさして止めるのもこれまた自由だ。」は確かに「正論」かもしれない。

    でも「嫌」な状況を作り出した張本人に、「嫌」と訴える場を奪い去られた上に、「嫌なら止めろ!」と言われるのは、どう考えても理不尽だ。
    -26日01時
  2. 麻生(阿檀) : テンプレートはたしかに使われなければ意味がありません。けれど、アダルト禁止にしたい作者のテンプレートを、アダルトとかぶりたくないユーザーが使えば、それは立派に「専有(個人有)テンプレート」ではなくて「共有テンプレート」では?

    ジュースのお話。なんか仙人さんとは微妙に違う読み方かもしれませんが。。。。
    「二人」で「平等」に分ける約束なら、ベンがわけてルーシーが選べば、どちらも幸せになれるでしょう。
    けれど、共有テンプレートの件は……、ベンはルーシーにジュースをあげたい、ルーシーはベンのジュースがのみたい、「わけっこしようね」と言っている脇から、「わけっこって言ったんだから、アダルト君にもあげなよ」という状況に見えるのです。


    sugさんがたとえ話をもっていらしたので、私も別のお話をします^^

    ある国で、夜外出した女性が男性に襲われる事件があいつぎました。ある男が言いました。
    「危険だから、女性には、夜の外出を禁止したらどうだろう」
    ある女が答えました。
    「罪をおかすのが男性ばかりなら、男性の夜の外出を禁止してはどうでしょう」-26日02時
  3. ももんが : 初めまして
    阿檀さんのネッ友として参加させて頂きました。


    >FC2 ユーザ同士で共有しようというテンプレートに「誰々は使って良いけど、お前は使用禁止」と書いてはいけない、と僕が主張するのも同じ理由からなのです。


    私もテンプレ制作者もユーザーも同列であり、それぞれが、それぞれの立場でWEBを富ませているのだという考え方を持っております。
    しかし、共有テンプレートに作者規約を設けることはテンプレ製作者やユーザに優劣をつけることと同一ではないと思います。
    規約を設けることと優劣をつけることは別物ではありませんか?
    作者規約は《作品に対する思い》を込めて設けているのであって、ユーザーに優劣をつけるために設けているのではありません。



    私は基本的には「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できる」という考え方に異を唱える者ではありませんが、ユーザーや使い方に制限を設けてはいけないという考え方には賛同できかねます。
    テンプレート作家さんから意思表示をする機会や、交流の場を奪うべきではないという観点から作者規約を排除することだけは避けたいと考えています。


    作者規約をつけるのも自由であり、つけないことも自由。
    強制されるものではないと思いたいですね。
    -26日18時
  4. マス : いらっしゃいませ、お三方。
    このエントリでは「俺ルール」の”「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」”という前提を認められるか?という点が主題です。これは、僕(春木屋 sug )個人の考えであって FC2 側の意見ではありません。特に反論がないようでしたら、同意いただいたという方向で進めたいと思います。

    児島の仙人さん
    眉にツバ塗ってきましたね!では、ひとつずつ考察してみます。
    >ルーシーには、「両方取る」あるいは「どちらも選ばない」という選択肢は用意されていない。
    設問は”ベンとルーシーの二人で平等に分けて飲もうとしました”なので「両方取る」あるいは「どちらも選ばない」はその前段階で解決していることになります。それらの選択肢は、ベンが「二人で分けよう」と提案した時点でルーシー自らの自由意志で答えることができますね。

    >「Win」と言えるのだろうか?
    とりあえず、僕の知っているアイディアの中では Lose の出ない、論理的で洒落たやり方だと思っています。ぜひ、反証や新たな案があるなら提示してください。さらに、この問題に「禁止規約」の要素を加えることで、よりいっそう平等が保たれる解があれば、僕はそちらを支持することに何の躊躇もしません^^(今回もエントリタイトルに表れています)

    >「嫌」と訴える場を奪い去られた上に、「嫌なら止めろ!」と言われる
    テンプレ作家はブロガでもあるので「嫌」なことは「嫌」だと発信する自由も場も用意されています。また「嫌気がさして止める」は能動的行動なので自由意志です。「嫌なら止めろ!」は受動的行動になるので、何と言われようと「止める」「止めない」は当人が自由意志で決定して良い事がらです。

    麻生(阿檀)さん
    >けれど、共有テンプレートの件は……
    共有テンプレートの場合はテンプレ作家が「ベン」、FC2 ユーザが「ルーシー」に当ると考えてください。ルーシーは日記を書いたり、写真を撮ったりします。宗教を持ち、同人趣味の一面もあります。そんでもって猥談したりなんかもします。そんなルーシーを総合的に判断してジュースを分かち合うのです。

    あるいは、文字通りに「ベンとルーシー」が個人同士であるなら、直接やりとりすれば済むので共有テンプレートという大掛かりなシステムを通す必要はないのでは?ヨコヤリも入りませんし。

    >sugさんがたとえ話をもっていらしたので、私も別のお話をします^^
    この場合での平等(Win-Win)な解決方法は「男も女も夜の外出をしない」でしょうね。ここで間違えてはいけないのが「私(俺)の外出の自由を侵害したのは相手の男(女)だ」と考えてしまうことです。自由侵害の原因になったのは「襲った犯人」です。この「犯人」とは、自分(達)の自由のために戦うべきです。

    ももんがさん、はじめまして。
    いちおうここまでの経緯を。僕は共有テンプレートの「禁止系規約」無効の立場です。その理由として”「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」”という原理をぶち上げたところです。また、末席ながら共有テンプレートの作者でもあります。

    >規約を設けることと優劣をつけることは別物ではありませんか?
    規約といっても、ユーザ全員と平等に結ぶものなら優劣をつけたことにはならないと思います。例えば「OS およびブラウザのバージョンアップによる表示の乱れについて、作者は一切の責任を負わないものとします」というような約束は、明示してあった方が後のトラブルを回避しやすいかもしれません。

    >ユーザーや使い方に制限を設けてはいけないという考え方
    いいかえれば「共有テンプレートを利用するユーザの『使う』自由を侵さない」というシンプルな考え方で、その根底にあるのが「自分が『使う』自由も侵されたくないから」という、結局は自分のため^^であります。「××使用禁止」は一方的にその自由を侵害する呪文であり僕も言われたくはありません。なので、無効(というか、書かない・書いてはいけない)との主張をしています。

    >作者規約をつけるのも自由であり、つけないことも自由。
    ならば、ユーザ側の「不条理な規約(共有テンプレートなのに共有させない)は無視する」自由も認めねばなりません。で、過去の繰り返しになるのですけど、禁止規約をつけなければ「規約破り」という罪や犯罪者は生まれなかっただろう、というのが僕の見解です。

    >強制されるものではないと思いたいですね。
    ”自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない”は自分自身に課すルールなので強制というよりは、自律心の有無がポイントだと思いますね。-26日22時
  5. 麻生(阿檀) :  sugさんが、”自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない”とおっしゃる総論は、モチロン無問題なのですけれども、「アダルトを含め、すべての《FC2》ブロガーに使わせる覚悟ができるまで、共有テンプレートにテンプレートを出しては“いけない”」と「禁止」なさることは、「相手=アダルト禁止規約ありのテンプレート作家さん」の「(アダルト以外のユーザーのためにテンプレートを作る)自由」を“侵していらっしゃる”と感じました。

     最初にとても狼狽したのは、sugさんが、「《FC2》も(作家個人規約を)禁止している」と主張なさり、danielさんたちが同調基調で動かれたからです。重鎮格のユーザーさんたちがそういう解釈を次々にお書きになって、それが《FC2》界隈の「定説」になるのは、正直こまります^^; 

     sugさんが、作り手さんたちにもっと「自由に使わせる覚悟と矜持」をもって“ほしい”というご希望を語られるんであれば、私は全然反対はいたしません。私も、こちらさまのスクリプトや記事にはいろいろお世話になっておりますし、そういう意味で恩義みたいなものも感じていたりしますし。
     「WEBではみんなが平等であってほしい」も、わかります。たぶん、ですが、《FC2》の中の方たちの感性は、私よりはsugさんのほうに近いのではないでしょうか。でも、感性が近いということと、彼らが実際にユーザーに対して(規約なり準規約なりで)「個人規約禁止」の縛りをかけるのは別物かと思います。

     私個人は、sugさんやsugさんと同じ矜持をもつ方たちにも、sugさんとは違う種類の矜持を持つ方々にも、いままでと同じように活躍していただきたいと思っているだけなのですけど。それは欲張りなのでしょうか。-28日02時
  6. マス : おちゃらけて書いている部分もありますが、言葉には気をつけているつもりです。
    >共有テンプレートにテンプレートを出しては“いけない”
    と、述べたことはないです。
    管理画面の「テンプレートの説明」欄は小さなスペースで、たくさんのことを書くには不向きです。とりあえず、一番重要な事や最も主張したい事を皆さん書き込んでいると思うのですよ。そこに禁止系規約を書くということは、そのテンプレ作家は「使って欲しくない状況」を主に伝えたいのだ、と考えられますよね。で、ある種のジャンルの人に「使って欲しくない」ことこそが最重要課題なのなら
    >絶対的な権利としての作品の登録可否――使われたくない者には一切使わせない方法――がある
    と対処法を述べたにすぎません。

    >「(アダルト以外のユーザーのためにテンプレートを作る)自由」
    これは当然ありますし、http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-910.html のエントリで個人的な規約をつけてテンプレを配布するアイディアも提案してます。自分もこの方法でテンプレートもどきの配布を実践してたりもします(うちの場合「規約」をつけたいからではなく、テンプレというには欠陥があるから、ですけど)。

    >それが《FC2》界隈の「定説」になるのは、正直こまります^^;
    重鎮かどうかはわからないですけど、もしも僕の発言に影響力があるのだとすれば、上の個人的な配布法とか、以下の発言を読んでもらう(か、引用して記事を書いていただく)とよいのでは?

    ・禁止規約を書かずに同様の効果が得られる(と思われる)方法
    ”「これこれこういう人にこそ使って欲しい」というようなメッセージを書いておけば、自分の理想とするユーザが増え、相対的にあまり好ましくないと思うユーザを少なくすることができる”
    http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-776.html

    ・共有テンプレートにとって、それが最善だと考えられるのなら「規約」を書いても OK
    (禁止規約は)”「ダメ」だと思っているのは僕自身です。自分の頭で考え信念を持って規約を書く分には全然 OK と思われます。”
    http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-902.html#comment_no2263
    つまり、トラブルが起きたさいに相手を納得させるだけの理由を用意してあるということ。
    「みんな書いてるから」とか「 FC2 が禁止していないから」程度では意志薄弱じゃないですか?

    >いままでと同じように活躍していただきたいと思っているだけなのですけど。
    内緒ですけど、落とし所はそこらへんになると思いますよ^^。つまり、
    ・FC2 側は静観。
    ・作者側は禁止規約を書くのも自由、書かないのも自由。
    ・ユーザ側は作者の意志をおおむね尊重してテンプレを使う。
    ・納得できないユーザは規約を破って・・・こっそり使う。

    ここで「『規約破り』は法に訴えても撲滅するべきだ!」というようなことになると「そもそも勝手な規約の方がおかしい」と泥沼へ一直線です。
    これを言っちゃあ、おしまいなんですが、そもそも 1人対100万人(超)の契約が数行で可能なはずがないのです。-28日21時
  7. マス : 「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」ってのは、
    行動する時にはできるかぎり「Win-Win」や「I am OK, You are OK」な精神で行こうってことで、そういうのが WEB をさらに良い、面白いものにしてくのだと思う。現実社会での「競争原理」とか「上の者が黒といったら、黒」みたいな仕様には、いささか疲れた(勝手にまとめるな)。-28日22時
  8. ももんが : >共有テンプレートにとって、それが最善だと考えられるのなら「規約」を書いても OK
    >(禁止規約は)”「ダメ」だと思っているのは僕自身です。自分の頭で考え信念を持って規約を書く分には全然 OK と思われます


    こうして今までのお話をお聞きしておりますと是が非でも作者規約を排除するというお考えでないことが再確認できて安心いたしました。
    FC2ブログの重鎮格ユーザーさんのご意見として承らせていただきました。

    また、FC2ブログの現状に関しても忌憚のない本音をお聞きするすることが出来たことは収穫であると感じました。



    私の申し上げたかったことはただ一点。
    ユーザーのモラルの問題で規約が守られない可能性があるにしろ共有テンプレートに作者規約をつける自由を排除しないで欲しいということでしたので。
    私はそれがいま考えられる限りの最善策であると確信しております。



    #もしルーシーがベンに対して畏怖の念を持っていて、無言の圧力で選択させられたのだとすると純粋に「自由意志」で選んだとはいいきれないので「Lose}だなぁなどと考えてみたりしております。
    ルーシーをテンプレ作家さんに置き換えてみるとおもしろいかもしれません。




    -29日14時
  9. 麻生(阿檀) : 私の誤読だっということでしょうか。だとしたらすみません^^;

    お返事は、
    http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-229.html
    で記事にしました。-30日02時
  10. 児島の仙人
    「トンデモ規約」有効説を唱えてみました。

    "自由"という二字の呪文は、泥沼への扉を開くのか?
    http://sennin1002.blog119.fc2.com/blog-entry-7.html

    「法に訴えても」という表現が、ちょっと引っかかりました。
    では、法は、何のために、誰のためにあるものなのでしょうか?-30日12時
  11. マス : いらっしゃいませ。

    ももんがさん
    >ルーシーをテンプレ作家さんに置き換えてみるとおもしろいかもしれません。
    ルーシーの前には、一気に多人数へ配布できるけど、細かな規約が無効(あるいは自分の思う通りにはならない)共有テンプレートという方法と、手間や時間がかかり少人数にしか配布できないけれど、使わせたくない人には渡さないで済む(メールなどでやりとりします)エントリ内で配布という方法が置かれています(どっちがビンかコップかは解りませんが^^)

    麻生(阿檀) さん
    >「そもそも勝手な規約の方がおかしい」という主張を認めるのであれば、「自分の頭で考え信念を持って規約を書く分には全然 OK 」……は、全然OKじゃないのでは?
    とりあえず、今日のエントリで答えてみました。あと、麻生(阿檀) さんへのお願いも書いてあります(人使いが荒い)。私信としては、第四条件を黙認してあげると、ほぼ皆がしあわせになれると思うのですが。

    児島の仙人さん
    >私は、どのような「トンデモ規約」であったとしても、そこに書かれているなら従うべきだと思います。
    大元は「規約が守られない」というのが一連エントリの始まりでした。べき論や常識が通用しない人がいるという点も問題なのです。
    http://blog.fc2.com/forum/viewtopic.php?t=11453

    あまり関係ない話ですけど、街中で「駐車禁止。見つけたら三万円いただきます。」みたいな張り紙を見かけることがありますが、あれって本当に徴収できてるんでしょうか?

    ***

    皆様へ。
    議論の最中に申しわけありませんが、引越しの関係で 10月 5日くらいまで、ネット不通になりそうです。コメントいただいても、すぐにレスできないかもしれません。Σ(-人― )" -30日21時
  12.  


< 引越し前 | ビスタ――カタカナで書いてる時点で興味ないのが(以下略) > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。