Harukiya Archives

--/--/--

http://sug.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/27

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-916.html

知人に「引越しが趣味」という人がいたが(引っ越して行っちゃったんで過去形である)、よくまあこんな苦行のなかから楽しみを見出せたものだと、その偉大さの認識をあらたにした。


2007/09/26

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-915.html

新居のライフラインが開通いたしました!といっても、ブレーカ上げたら電気ついちゃったし(埼玉弁では電灯がともることをこう言う)、水道は蛇口をひねると水は出た。ガスの開栓だけは立会いで、説明を受けてはじめて使えるようになる。でだ。今度の部屋は風呂の元栓コントロール(?)とか、お湯の温度の調節パネル(?)がキッチンにあるのだ、何故か。ガスのおじさん(イヤ、ワシとそんなに年の差ない)が「このスイッチがナニで、こちらがアレになります」と説明をしてくれたんだけど「(風呂に入ってからお湯ぬるすぎ状態に気づいたら、裸で台所まで来なきゃいけないのか?)」などと思いつつ、シャイなんで問いただせなかった。ま、ひとり暮らしだから裸でうろうろしてても恥ずかしくないし。


2007/09/25

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-914.html

次期購入のぱここん候補。5年経てば、また買い換えることになるのだろうし、自分の使い方なら、これくらいのスペックがあればじゅうぶん。ただなあ、ビスタってのがなぁ。新しい操作をおぼえられるかが問題だ。


2007/09/24

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-913.html

僕が「共有」という言葉からイメージするものは多々ありますけど、最も強く感じるのは「自由」です。同様に「規約」や「法律」から連想するものは「圧力」です。これらは相反するものではなく、また善悪で評価するものではないということも理解しています。自由は一歩間違えれば無責任になりますし、圧力が歯止めになり何かを守っているケースもあります。で、ここからが皆さん受け入れがたい、ようするに論点になるだろうと思われる「俺ルール」を書きますが、「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」という信条が僕にはあります。ただ、いくら相手の自由を認めていたからって、一方的にこちらが侵害されることはありえます。また「相手の自由を侵す自由はないのか?」みたいなテツガク的な問いもあるでしょうが、その辺は、そういった状況になった時に考えよう(殴)と思っております。

「ですます調」が疲れてきたんでい通常モードでイク。「自分が自由であるためには、相手の自由も侵さない」これはシンプルに言っちゃえば「対等」とか「平等」という意味である。「共有」「自由」「平等」・・・なにか、とてつもなく青臭い理想論をぶち上げている気がしてこっぱずかしいが、少なくとも実社会よりは WEB という場所の方がこれらを語ったり実現していくにはふさわしいと思う。人は生れ落ちた時にすでに社会という(あまり自由ではない)システムに組み込まれちゃってるけど、WEB は参加する・しないというスタート時点からして自由かつ平等に機会が与えられているし、嫌気がさして止めるのもこれまた自由だ。

ようやく「平等」にたどり着いた(ただし「俺ルール」が前提となっていることを忘れてはいけない。この先というか、うちのエントリ読む場合は常にツバをべっとりと眉に塗っとくように)。麻生(阿檀)さん@ブログで小説!での意見

私は、WEBを富ませる人のほうが、WEBで大事にされるべきだと思っています。つまり、なにかを作りだせる人。

心情は理解できます。それでも、僕は、テンプレ製作者もそのユーザも平等であって欲しいと思うのですよ。確かに作られなければそれは無いのと一緒ですけど、使う人(ユーザ)がいなかったら、やっぱりそれは無いのと一緒じゃないですか?大事にされる=優遇ではなく、感謝することで作者にお返しとするのではマズイでしょうか。いったん優劣をつけちゃうと DL 数10000 の作家と DL 300(ワシね)のテンプラーでは DL が多い方が大切ということになりかねません(真実味ありすぎ。ああ、オレを引き合いに出すんじゃなかったー。とまあ、ジョークは(/ ̄▽ ̄)/オイトイテ)。FC2 ユーザ同士で共有しようというテンプレートに「誰々は使って良いけど、お前は使用禁止」と書いてはいけない、と僕が主張するのも同じ理由からなのです。


以下、私信。さて、平等というと思い出すクイズがあります。

結構、有名(名前はあるのか?)なクイズなので知っている方もいると思われます。答えは

  1. ベンが納得のいくまでジュースをビンとコップに二分する
  2. 先にルーシーが自由に選ぶ

これで、双方しあわせになれるというイカスやり方です。この方法のミソは等分でなくても構わないというところなんですね。お互いが納得できれば OK ということ。

「アダルト以外の人だったら使ってほしいのだけれど、アダルトに使われるカモシレナイのだったら、あきらめよう」と、共有供出を断念する場合、「Win」なのでしょうか?

例えば、ベンがルーシーに好意を持っていて、わざと片方を多くすることもできます。ルーシーが多い方を取ればベンの取り分は少なくなってしまいます。でも、彼はしあわせですね。逆の思いなら、とことん考えて自分が損をしないように分けるでしょう。そうしたところでルーシーが不幸せになるってわけではありません。分ける側が誰の思いを重視するかによって過程が違いますが結果は不変(Win - Win)です。こんなんで、答えになるでしょうか?


2007/09/23

http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-912.html

マイ・ニュー・ルーム。いつまでも床の見える部屋でありますように。(-人― )"


< 前の 5件 | 次の 5件 > | 表紙へ戻る | 探す | 案内


2007年 11月 2007年 10月 2007年 09月 2007年 08月 2007年 07月 2007年 06月 2007年 05月 2007年 04月 2007年 03月 2007年 02月 2007年 01月 2006年 12月 2006年 11月 2006年 10月 2006年 09月 2006年 08月 2006年 07月 2006年 06月 2006年 05月 2006年 04月 2006年 03月 2006年 02月 2006年 01月 2005年 12月 2005年 11月 2005年 10月 2005年 09月 2005年 08月 2005年 07月 2005年 06月 2005年 05月 2005年 04月 2005年 03月 2005年 02月 2005年 01月 2004年 12月 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。